自転車旅の服装についてのお話です

テーマ:     

mio20100222-1.jpgこんにちは! 山崎美緒です!

 自転車旅の服装についてのお話です。
 
私が21歳で初めて自転車旅に出たとき (日本一周とアフリカ縦断) の服装はかなりオリジナリティ溢れるものでした。
 
上はTシャツに300円の長袖シャツを重ね、下はモンペをイメージし手作りしたズボン、首には手ぬぐい胸にはさらしを巻いていました。

mio20100222-2.jpg ナミビアの砂漠地帯で南回帰線の看板と

mio20100222-3.jpg日本一周で青森県みちのく温泉にて

 

 

なんでこんな格好で!?

・なるべく肌を露出しないように。

 
その理由はまず紫外線予防
 
アフリカのナミビアなんかでは最高気温が53度もあり肌を露出していると火傷をし、水ぶくれができてしまうほどでした!そこまでではないにしろ、太陽の下では肌を出さないほうが涼しいのです!
 
そして身体のラインを隠すため!
 
女子の一人旅、何が起こるかわかりません。疑いすぎると旅は楽しくなくなってしまいますが、不安要素は準備段階でできる限り取り除いておくことが大事です!それに、その国や地域の文化によっては、肌や身体のラインを露出するのは好ましくないということもあるのです。
 
というわけでサイズが大きめの長袖長ズボンを身に着けていました。
 
 
・機能的?
モンペをイメージしたズボンを作ったのは、日本を意識した格好をしたかったのと、日本人が昔から着ていたモンペは運動にも旅にも適しているはず!と思ったからです。ミシンで手作りしました!
 
しかも・・・
シャツ1枚もズボンも1本だけ、洗い替えはナシ!でした!
「くっせー」と言われたものです(本当です)。
 
と、初めの旅から随分長い間、おかしな格好で走っていたのですが大人になってからはだいぶサイクリストらしい格好ができるようになりました!
 
いかにも!という感じがして恥ずかしいなぁ?とこれまで思っていたのですが…着てみるとこれが驚くほど快適。びっくりするほど便利!
 
今、私が愛用しているのはルイガノの
まず肌触りがよく、伸縮性もあり文句なしのフィット感。なんでこんなに気持ちいいの!?と思ったら、竹から取れる素材を使用した環境に優しい素材「BAMTEX」を採用しているのだとか!すごい!
 
そして欲しいところに欲しい大きさのポケットが付いているのも嬉しい!!信号待ちで止まったとき、ティッシュや携帯がすっと取り出せ思わず歓喜の声をあげました。
 
このショーツは男性用なのですが、女性用のスカートもあります!
 
 
モンペではさすがに飛行機も電車も乗れませんでしたが、これなら大丈夫!
お気に入りで普段も着ています! (今回はちゃんと洗っています)

  mio20100222-4.jpg

 現在の服装です

 

山崎美緒ブログ

「Follow the Women中東平和サイクリング」 

text 山崎美緒

 

 


コメント


この記事のツイート




ページの先頭へ