初めてのロードバイク購入! ―スタッフ西尾の自転車選び―

テーマ:     

初めてのロードバイク購入! ―スタッフ西尾の自転車選び―

ご無沙汰しております。自転車ビギナー西尾です。

昨年末にスタッフ樋口からレンタルしていた「KONA  DAWG」を返却し、しばらくは自転車がありませんでした。

そこで、自分の自転車を買おうと決意したのですが…お財布との相談が。

僕が自転車を買うにあたっての最重要ポイントは、まんま『値段』でした。


当店のHPを色々と見て考えた末、まずは2010年モデルSALEの中から徘徊。

続いては車種選び。

その中からロードバイク、マウンテンバイク、クロスバイク、シクロクロスバイクのどれにするか悩みました。

僕の場合、「長距離のツーリングもしたいし、街乗りでも使いたい。多少の荒れた道でも気にせずに済む自転車がいいな。」なんて思っていたので、シクロクロスバイクが第一候補だったのですが、少し予算オーバーでした。

マウンテンバイクやクロスバイクもアリだったのですが、結果としてドロップハンドルが持ちたいので、ロードバイクを選ぶ事に。

在庫セールの中から予算内で収まるロードバイクを探していると、「GT GTR4」が目に止まりました。バッチリ予算内で、カラーリングもカッコ良く、車重も軽い。サイズもXS(適正身長160-170cm)とあったので、身長165cmの僕にはまさにベストなサイズ。

そして、値段以上にフレームが良く見え(溶接痕がキレイで、ワイヤーがフレーム内を通っていた。)、悩んだ末にこの自転車に決定しました。

年末にGTR4を手に入れてからは色々とパーツを付けてカスタマイズを楽しんでいます。

まずは、安全のために前後ライト「前:トピーク ホワイトライト 後ろ:ファイバーフレアライトロング レッド」とベル「ビバ アルミサウンドベル」を装着。ファイバーフレアライトはとても目立ち、夜間走行時にも視認性は抜群です。通勤などで夜間の走行が多い方にはとてもオススメです!!20110310diet04.jpg

20110310diet02.jpgそして、走りを楽しむためにキャットアイのスピードとケイデンスを測れるメーター「STRADA CADENCE」を装着。これがあれば、走行中の速度やペダルの回転数、走行距離なども一目瞭然。20110310diet01.jpg

走る事が楽しくなりますが、くれぐれも画面の見過ぎにはご注意を。

ボトルゲージはペットボトルにも使え、街乗りで便利な「トピーク モジュラーゲージEX」を2つ装着しました。普段の街乗りで、自販機で買った飲み物を気軽に入れておけるのがとても良いです☆20110310diet06.jpg

パンク修理キットなどの小物を入れておけるサドルバッグ「トピーク プロパックM」も付けてみました。形が丸っこいため見た目のバランスも崩れず、意外とたくさん入るのでとても便利です。20110310diet03.jpg

また、体重があるためなのか?空気圧管理がなってなかったのか?元々付いていたタイヤがすぐにヒビ割れしてしまったので、今は前後「パナレーサー クローザー」(※現在、当店では画像カラーの取り扱いはございません。)を履かせています。20110310diet07.jpg

とにかく派手で目立っていたのでこれに決めました(笑)

このように、10万円オーバーのロードバイクじゃなくとも、自分なりの楽しみ方ができる事に気付きました。

アフターパーツを付ける楽しさはプライスレス。

もちろんアフターパーツをアレコレ購入してたら財布が軽くなりますが(苦笑)

「自転車が欲しいけど、そんなに予算をかけられない…」という僕のような方はたくさんいらっしゃるかと思いますが、このように手に入れやすいロードバイクもございますので、セール品などもお見逃しなく!!!

自分の自転車が手に入ると色々といじりたくなってしまいますが、いじるばかりで、まだまだ通勤+α程度しか乗っていません。

そろそろ暖かくなってきましたので、どこか走りに行けばまたレポートしたいと思います。20110310diet08.jpg

数か月サボっていたので、肝心の体重はといいますと……88.8Kg20110310diet05.jpgやばい傾向にあります。もっと走らねば!!(汗)20110311.jpg

text:スタッフ西尾

stuffcomment.jpg自分の自転車を彩る楽しさ、その自転車で気兼ねなく走る楽しさ。

今年一年は、より一層楽しめるのではないでしょうか。

サボった分のリカバリーも無理し過ぎず、やっていきましょう。(スタッフ:森山)


コメント


この記事のツイート






ページの先頭へ