トレイルで 走って転んで 泥だらけ ―西尾編―

テーマ:     

20100820diettitle.jpg

先日、スタッフ樋口から新しい相棒を貸していただきました。KONAの『DAWG』というマウンテンバイクで、ダブルサスペンション(しかもエアサス)に油圧ディスクブレーキ装備という本格派!!

 

どんな道でも走ってくれそうな、頼もしいニオイがプンプンしています☆


そして、先日購入したSPDシューズ(SH-MT22)ビンディングペダル(PD-M520)も用意しました。

その週、早速自転車同好会でトレイルデビューです!

いつものように朝8時に集合して出発。今回僕は、ジャージにレーパン姿の『見た目だけやる気仕様』です(笑)
このジャージは着心地がとても良く、汗をかいてもすぐに乾くのでとても重宝しています。レーパンはあるのと無いのとでは大違い!!20100820diet02.jpg

お尻が痛い思いをしなくて済みます。みなさん、お尻はお大事に。

この日は、ロード3台にマウンテン2台の編成。まずは箕面を目指します。スタッフ土井は、いつものクロスバイクではなく、自分で組んだロードバイクでの参加です。

道中ビンディングペダルの効果もあってか、足が思っていた以上にクルクル回せ、無駄な力を使わなくて済むような感覚。

トークリップの時よりも、足の先端近くでペダルが踏めてイイ感じです。20100820diet04.jpg

そんな事を感じながら、前回のようにたどり着く前にバタンキューする事もなく、順調に箕面へと向かっていた…はずでした。

後ろを振り返ると、僕の後ろを走っているはずのスタッフ森山がいません!!

何故だ!?転んだのか!?やっちまったのかぁー!!?

……答えは、またしてもパンクでした。スタッフ森山、本当によくパンクします(笑)

その後、森山とは箕面駅で再合流しました。

そんなこんなで…僕もヘロヘロになり、ビンディングならではの立ちゴケも二度経験しつつ、途中で押して歩いたりしながらも、何とか山の上に到着。

ここからはロード班と別れてトレイルへと向かいます。20100820diet03.jpg

トレイルに入ると、まずは森山からレクチャー。『サドルを下げて、靴はしっかりと固定して。下る時は後ろに体重をかけて…』などと、基本を教わったところで出発。20100820diet05.jpg

灼熱のアスファルトとは違い、森の中はかなり涼しく快適です。鳥のさえずり、蝉の鳴き声、木漏れ日。マイナスイオン出まくりですっ♪♪

平坦な道はのんびりと景色を見ながら走る余裕がありましたが、上りはやはり無理でした。歩きます(笑)

下りになると、DAWGが真価を発揮しました。最初は『こんな所下るの!?』とビビって自転車を降りていましたが、勢いで行ってみると長いストロークの前後サスが、路面のギャップをいとも簡単にクリアしてくれます。まるで地面に吸いついているような感覚。

何だか、自分のテクニックが上がったような勘違いをしてしまいます(笑)

『これは…イケる!!』

ア●ロレイのごとくそう感じ、森山を追いかけていた直後…。1mくらいの落差をダイブ!

ビンディングが外れぬままフロントから1回転。立ちあがると、目の前には今下ってきたはずの道が。どうやら、1回転した後に180度ターンしたようです。

森山は先行しており、誰にも見られる事なく一安心♪

でも、ちょっと痛かったです。

その後も、ガンガン転んで泥だらけになりながらも無事に下山。20100820diet01.jpg

森山は、僕を待っている間にディスクローターで火傷したらしく、下山してから『痛い、痛い』と言っていました。

今回のトレイルで感じた事は、マウンテンバイクの性能の凄さと、その楽しさでした☆

どうやら、僕にはマウンテンバイクが合っているのかも知れません。ロードはまだ体験していませんが…笑

ただひとつ言える事は『ビンディングペダルを使用する時は立ちゴケに気をつけましょう。』

地味に痛いですから……ね。
 

 さて、スタッフ西尾の体重は?20100820diet06.jpg

8/11現在の体重:84.2kg(3月中旬の92.6kgよりマイナス8.4kg

 20100820diet07.jpg

6月8日計測時より-1.4kg

  • text:スタッフ西尾

stuffcomment.jpg

パンクしてしまい、すいませんでした。どうも急いでタイヤ交換を行ったため、リムテープがずれた状態だったようです。下りでちょくちょく待っていましたが、見えなくなった陰でそんなことが。おそらく後荷重が足りなかったのが原因ではないかと思います。また、危険!と思ったら自転車を降りることも重要です。万が一のことも考慮して、次は私が後ろからついて行くようにしますね。(スタッフ森山


コメント


この記事のツイート






ページの先頭へ