装備が増えてきています。 ―西尾編―

テーマ:     

20100429title.jpg・初回計測時には92.6kgあったスタッフ西尾

・スタッフ大畑から自転車を譲り受け、自転車の道を歩みだしたスタッフ岩崎

彼らは二人ともスポーツバイク初心者。

あさひレーシング 萩原(はぎわら)・針谷(はりがい)コンビの真逆に位置するこの二人の進化の過程をご覧いただくコーナーです。

今回はスタッフ西尾より。。

 


こんにちは、現在SCOTT SUB40を愛用している、(スコッター)西尾です。

今回の自転車同好会は、淀川のサイクリングロードをのんびりと走ってきました。

『SCOTT SUB40』にもかなり慣れてきて、欲しいパーツを色々と取り付けているうちに自分仕様になってきてしまいました。20100429diet01.jpg20100429diet03.jpg

20100429diet02.jpgボトルゲージ前後ライトトークリップトーストラップに、自転車を盗難などから守る長めのカギ……次はメーターですね♪

SUB40は少し太めのスリックタイヤ(32c)の効果もあるのか、乗り心地も快適で今回のようなのんびりサイクリングでは鼻歌まじりですーいすい♪♪街中散策には最高です☆

だんだん慣れてくるとペダルに足を固定したくなり、トークリップトーストラップを付けてみました。20100429diet04.jpg

フラットペダルでは足が滑って踏み外してしまうこともしばしばありました。

が、しかし!足がペダルに固定されることによって、それは皆無になりました。

また、ペダリングもクルクル安定して漕ぎやすくなり、坂道も多少ながら上りやすくなりました。

自転車との一体感を感じられたような気がします。全体的に推進力がアップしました。

と、良いことばかり書きましたが、本当に劇的に変わりました。ぜひ一度お試しください。20100429diet05.jpg

ペダルに通すストラップをねじっておくと、ストラップがクルクル動きません。

ただ、ストラップは少し緩めにしておかないととっさの時に足が外れない…なんてことになりますのでご注意を!!

僕は、自転車に乗る時はジャージ(Lサイズ)・レーパンを着用していますが、これらのありがたみは普段の私服通勤時と比べるとハッキリします。

まずレーパンですが、股の所に肌触りのいいパッドが入っていて、これを穿いていると長時間の乗車でもお尻が痛くなりません。

そして生地がサラサラしていて気持いいです。

一方、通勤時はレーパンを着用していないので、すぐお尻が痛くなってしまいます。

ジャージは吸汗速乾の半そでで、ツーリング中は常にサラサラの着心地を保て、とても気持ちがいいです。

もちろん背中にポケットも付いていて、ケータイやカメラなど、小物の収納にも便利です。

一方、通勤時の私服は、会社に着く頃にはリュックで蒸れて、背中がベタベタになってしまいます。

これはこれからの季節、ちょっとした悩みの種になりそうです。

ちなみに、肌寒い日が続いていましたので、僕はジャージレーパンの上から普通の服を着ています。

果たしてこれは邪道なのでしょうか……汗

これから暑くなるにつれ、このジャージレーパンが大活躍するかと思います。

また改めてご報告します。20100429diet06.jpg

さて、今週の体重は?20100429diet07.jpg

 (服を着て ですが、おそらく0.5kgくらい増えています。)

 

 

 

 

 

4/29現在の体重:87.7kg(3月中旬の92.6kgよりマイナス4.9kg20100429diet08.jpg

※4/19計測時よりプラス0.8kg

text:スタッフ西尾


コメント


この記事のツイート




ページの先頭へ