そうだ、ツーリングに行こう!-その1 準備/初日編-

テーマ:     

そうだ、ツーリングに行こう!-その1 準備/初日編-


夏といえば...「ふらっとキャンプツーリングにでも行きたくなるシーズン!」ということで、ほぼ毎年出かけいてます。目的地は学生時代から変わらず長野・岐阜方面がお気に入り。標高の高い避暑地が多いので、夏の暑さを忘れる事ができ、非常に快適な走行ができます。天気が悪いと寒さに震える事もありますが...。という事で、準備に掛かりましょう。


IMG_5484.JPG

旅のお伴はクロモリフレームのJAMIS NOVA(2007)。元々はロード寄りのコンポでしたが、 登坂が多い事を考えて、出かける直前にコンポをXTと105(10速)のミックスに変更。フロント は50/34T→42/32/24T。シフトのアジャスターを使うことでフロントトリプルに対応。 スプロケットは11-32T。ばらしたギアを組み合わせてオリジナルの歯数に変更。最初はクロスレシオ、 最後のギアだけ32Tに大径化させ「メガレンジ」風に。


IMG_5453.JPG IMG_5455.JPG
IMG_5454.JPG

結構汚れているので、クリーニングも一緒にしておきます。 まずは、 EVERS(エバーズ)の丸洗いクリーナーでざっくり汚れを落とします。こちらは 泡状の洗浄剤ですが、水で洗い流す必要無し。これが便利。サッとウエスで拭き取れ ば、べた付く事もありません。集合住宅など、水が使えない場合などに重宝します。 また、リムやタイヤ、サドルなど全ての部品に使用が可能です。ブラシを使用すれば 、細かな箇所の汚れを掻き出す事も出来ます。


IMG_5462.jpg IMG_5465.jpg
ケミカルは適材適所。丸洗いクリーナーで汚れは落とせますが、艶はさほどでません。 そこは専門のクリーナーに任せましょう。とういうことで、ここは 呉工業 [KURE]のクリーナー&ポリッシュを使用。汚れ落としだけでなく、テカテカに艶を出します。 EVERS(エバーズ)の丸洗いクリーナーと異なり、リムなどの滑ってはいけない個所には使えませんが、 フレーム等では抜群の艶出し効果があります。 IMG_5464.jpg IMG_5466.jpg

こちらも泡状で飛び散ることも無いので作業がしやすいです。左がクリーナー&ポリッシ ュ使用前、右が使用後。元の自転車が古いので、ちょっと微妙な写真写りですが...。洗浄 剤で乾いたプレーンな塗装面に艶を与え、小傷も目立たなくなります。

続いて、チェーンもクリーング。 ウェルドタイト [WELDTITE]のDirtwash(ダートウォッシュ) チェーンマシンシトラスディグリーザー

IMG_5472.jpg IMG_5473.jpg

チェーンマシンはリアディレイラーに引っ掛けて使用するタイプ。どのチェーンクリー ナーもそれなりに洗浄剤が飛び散りますが、こちらは片手が空くので、飛び散る洗浄剤 をウエスで受け止めながら作業が出来ます。コツはペダルを回す時に躊躇しない事。 ウエスを敷いて作業をする事。

ディグリーザーは強力な自然ベースの脱脂剤。水溶性なので水で簡単に流せます。 ディグリーザーでの洗浄後は、クリーナーに水を入れ、洗浄液を洗い流して作業は完了。

IMG_5189.jpg IMG_5193.jpg

使用後のクリーナー。シトラスディグリーザーでクリーナーも綺麗になります。
あまりにもチェーンの汚れがひどい場合は、予め汚れを拭き取っておいた方が良いです。 呉工業 [KURE] チェーンクリーナー ジェットがチェーン専用でオススメ。専用品という事で 強力に油汚れを落とす事が出来ます。グリスのように固まった頑固な汚れにも効果 的。サッと作業をするときに便利です。

IMG_5195.jpg IMG_5196.jpg

チェーン洗浄後のオイルはウェルドタイト [WELDTITE]のTF2 プラスドライルブ。 ホコリ汚れに強い表面プロテクター系ハイパフォーマンスドライルブ。テフロン配合で 動きも滑らか。長期間使用しても比較的汚れが吸着しにくいのが良いです。

IMG_5486.jpg

なんだかんだ準備をしていると、昼過ぎになってしまった...。5日間の日程で、目的地は 乗鞍経由で長野県の松本市。テント、シュラフ、雨具、コッフェル、ガスバーナー。衣類 は洗濯をしながら行くので、最小限で。防寒具は雨具と併用。足りないものは現地調達で。

IMG_5487.jpg IMG_5488.jpg
IMG_5490.jpg

初日の目的地は琵琶湖。湖北くらいまで行ければ良いですが、スタートが遅すぎた...。 大和川沿いの国道25号で大阪から奈良へ抜けます。途中、ウォーミングアップとショート カットがてらに竜田古道の里山公園方面に上りましたが、道を間違えて、元の大和川沿い に戻ってしまう。。ショートカットの意味が無い...。

IMG_5491.jpg IMG_5492.jpg

途中、天理ラーメンで補給。特に大きな見せ場もなく、ややダレ気味ですが...時間が無いので 先を急ぎます。

IMG_5493.jpg

琵琶湖へは、宇治田原町から宇治川沿いに進みます。かなり夜が更けてきたので、 交通量はほぼゼロ。目が慣れると、月って意外と明るいんですよね。自分の影が 出来るくらいに明るいです。暗い夜道で月が出ているのと、そうでないのとでは 安心感が結構違います。

IMG_5495.jpg IMG_5497.jpg

淡々と走って、ようやく琵琶湖に抜けました。

IMG_5502.jpg

IMG_5506.jpg

琵琶湖大橋を渡ったところで、今後の日程を検討。情報収集をしていたところ、 台風の予報進路が長野直撃に変わってる事が判明...。明日の予報を見て、こっちも 進路を決めるかな。

今日はここまで! 走行距離130キロ。

-続く-



コメント


この記事のツイート






ページの先頭へ