穴あきジャージにさようなら!穴を空けなくてもゼッケンを留められるアイテム。

テーマ:     

穴あきジャージにさようなら!穴を空けなくてもゼッケンを留められるアイテム。

近年、スポーツバイクの人気が高まり、
様々なレースやロングライドイベントが増えてきていますね。

イベントに参加するのはいいのですが、参加する度に思う悩みが一つあります。

それは、「ゼッケンのためにジャージに穴をあけること」。


多くの場合は安全ピンでジャージに穴をあける為、ちょっとしたきっかけで破れたり穴が大きくなってしまったりすることもあり、
練習用の安いジャージならともかく本番用のお気に入りのジャージなどの場合、レースでの敗退とは別に強いショックを受けてしまうこともありました。

そんな方にお勧めなアイテムがこちら。


bibbit.jpgビブビッツ Safety Pin(セーフティピン)

構造は単純明快。
ジャージの裏から強力磁石のついたこのアイテムでゼッケンを挟むだけ。
bibbits3.jpgbibits2.jpg
これだけでジャージに穴をあけることなく、安全ピン代わりにゼッケンを留めることが可能です。


「磁石なんて大丈夫?動いちゃうんじゃないの?」

そう思う方もいるかもしれませんが、先日の大台ケ原でのヒルクライムレースでは、レース中はもちろん、50km/hを超える速度でも、バックパックを背負っても、外れることはありませんでした。
(あまり隅の方で留めると、ジャージの伸縮の際にずれることはあります。少し余裕を持って内側で留めることをお勧めします。)
bibbit1.jpg
愛用のジャージに針を刺したくない方、これまで気にされていた方、
穴を空けないゼッケン用磁石セーフティピンはいかがですか?

私も秋の鈴鹿8時間エンデューロでは70km/h以上のスピードでテストをしてみたいと思います。


Text.Yaromai


コメント


この記事のツイート






ページの先頭へ