狭いところでも使用可能!素早く回せる便利ツール。

テーマ:     

狭いところでも使用可能!素早く回せる便利ツール。


今回は最近取り扱いを始めた商品の中で、

私のお気に入りのアイテムを紹介いたします。


それがコチラです。


20150715_001.jpg20150715_000.jpg
JCOOL JC-0101 Finger Ratchet (フィンガー ラチェット)



この工具の特徴は大きく2つ。


まず一つ目、こちらの写真を見てください。


20150715_01.jpg

ボトルケージのねじを締めるところですが、
この工具のままではほとんどネジを回すことができません。

もう少し角度を変えるとこんな感じです。

20150715_02.jpg

チェーンリングと、ボトルケージの端に当たってほとんど工具が動かせないのがわかります。


これまでこういった状況のときは、
ビットの先端だけ持って指で回せなくなるまでは仮締めを行い、
本締めは通常通り締めていたのですが、それでも仮締めから本締めまでの間で
思いのほかたくさん回転する必要があり、苦労をしてきました。

そんな時便利なのがこちらのフィンガーラチェットです。


20150715_03.jpg


見た目の通り工具自体がコンパクトサイズのため、

ボトルケージの中に手を入れて回転させることが可能です。

狭いところで使用可能で、これまで工具が回せなくて作業しにくかった場所でも楽ちんです。


二つ目の特徴としては、回転半径が小さいことによる回転のすばやさです。

普段愛用しているミニラチェットツールと並べてみるとこのくらい大きさが違います。

20150715_04.jpg

ミニラチェットツールも、ミニサイズとはいえ回転軸の中心からは距離があり、
フィンガーラチェットに比べるとずいぶんと長めです。

この差が産み出すのは、ネジ一周を回転させるのに必要な動きで、
当然半径が短いフィンガーラチェットのほうが一周する動きにかかる
距離は短くなります。
これにより「より高速にねじを回す」ことができ、作業効率もアップします。


なお、ビット・ソケットのサイズは1/4インチのため
下記写真のようなビット・ソケットを交換すれば付属の11種類のサイズ以外も使用可能です。
但し、非常に強いトルクをかけるのは苦手なので、必要に応じて力を加えるのに適した工具をお使いください。
20150715_05.jpg

(手持ちのミニラチェットツールのビットも同じ大きさのため使用可能でした。)


狭いところでも使用可能。高速回転のフィンガーラチェット。
工具箱におひとつ、いかがでしょうか?

(Text:Yaromai)


コメント


この記事のツイート




ページの先頭へ