ハマックス子供乗せ

テーマ:     

ハマックス子供乗せ

長らくご無沙汰しておりました「スタッフおすすめアイテム」ブログの再始動です

メルマガ等では、お伝えしきれないおすすめ商品の詳細をご紹介するブログです。

 


さて、再始動第1弾目の商品は、

スポーツ車に取付可能な子供乗せ。

当店でも大人気のスウェーデンブランド「ハマックス」のご紹介です!

 

欧米では、スポーツ車に子供乗せを付けて走る光景が珍しくありません。

日本でも、最近見かけるようになりましたが、

一般車(ママチャリ)に装着する子供乗せ以上に、細心の注意をもって使用しないと

非常に危険です

 

そこで、ハマックスの「キス」「スリーピー」「スマイリー」の子供乗せを装着する上での注意事項をできる限りご紹介していきます。

 

 20130423-1.jpg

まずは、【お乗せになるお子様の条件

20130423-2.jpg

これは、そのまま子供乗せの最大積載重量に当ります。(この重量は、あくまで子供乗せ単体で考えた場合の重量です。

お子様をお乗せになるときは、シートベルトとヘルメットは必ず装着させてください!

 

続いて、自転車側の条件

 

・自転車のフレーム素材に注意

お子さんを乗せるということは、自転車への負荷は大。

そのため、強度面でカーボンフレームや軽量さに特化した自転車はNG!

 

・取付箇所に注意

取付箇所は、シートチューブです。

画像1のブラケットを取付けるわけですが、このたった1つのパーツで、お子様&子供乗せの全重量を支えるので、しっかり固定されているか常にチェックが必要です!

また、取付箇所はあくまでシートチューブ。折れたりする危険があるので、シートポストへの取付けはNGです。

シートチューブの対応径は、直径Φ28-40mm

画像1のように、シートチューブを締め付ける箇所の形状は真円。そのため、楕円断面、角型断面のシートチューブでは、ブラケットをしっかり締め付けることができず、取付はNGです。

20130425-1.jpg

[画像1]

 

・キャリアの幅に注意

すでにリアキャリアが付いているスポーツ車につける場合、キャリア幅が155mm以上のワイドな場合は子供乗せの足部分が当たるため装着できません。

画像2のように、幅が狭いキャリアであれば、装着の妨げにはならないので大丈夫です

20130425-2.jpg[画像2]

20130425-3.jpg[画像3]

・サイドスタンドは危険

お子様を乗せるときに、地面と直角に自転車を立たせることができないサイドスタンドは不安定で大変危険。

では、Wレッグスタンドだと大丈夫か?

[画像3]のように、サイドスタンドよりは安定はします。

ただ、ここで落とし穴が・・・

実は、Wレッグスタンドの最大積載重量の多くは25kgまでなんです

(※耐荷重50kgのWレッグスタンドもありますそれが、こちら「プッシュアジャスト・ダブルレッグセンタースタンド「CL-KA47」)

と、いうことは、

子供乗せに乗せられる最大積載重量=25kg-(自転車重量+付属パーツ重量)

となります。

つまり、Wレッグスタンドを使用する場合、総重量に注意しないといけないということをお忘れなく!!

 

・リアサスペンション付き自転車は取付不可

サスペンションが伸縮する際に、子供乗せとタイヤが接触する恐れがあり、

また強度的に問題があるためリアサスペンション付き自転車はNGです。

 

さて、ここまで注意点をご紹介してきましたが、[画像3]を見て

ドキッとされた方もおられるのではないでしょうか・・・

皆さん、スポーツ車(特にホリゾンタルフレーム)を乗られるとき、どうやってサドルに跨られるでしょうか?

おそらく、多くの方が、片脚を思いっきりあげて跨れるのでは・・・?しかし、それでは[画像4]のように

大事なお子さんを蹴ってしまうことになってしまいます

20130425-4.jpg

[画像4]

・・・と、いうことで、ホリゾンタルフレームの自転車にはあまりお勧めできません。

スローピングフレームであれば、身体が柔らかい人であれば、なんとか跨れるかと・・・

20130425-5.jpg

[画像5]

 

 ・小径車への取付けはNG

[画像4][画像5]を見てると、じゃあ小径車なら楽に跨れていいんじゃないかと、考えてしまいます。

ですが、小径車はNGです。

キス」「スリーピー」「スマイリー」全て、取付可能な自転車サイズは26インチと27インチ。

20インチなどの小径車は、ホイールが大きい自転車に比べてハンドル操作が不安定な上、

重量バランスの関係で、後ろに重いものを乗せると、坂道などで前タイヤが浮き上がり易くなって危険です。

 

 

以上、決して全てではありませんが、注意事項を説明してきました。

ハマックスは適切な使用を行えば、安全で、優れた、先端を行く子供乗せです。

 

関連ページ:「子供乗せ特集ページ」

 

※誠に恐れ入りますが、お持ちの自転車に、ハマックスの子供乗せが取付可能かどうかの判断は、当店では致しかねます。何卒、ご了承くださいませ。


コメント


この記事のツイート






ページの先頭へ