表示

ワンボックス車で自転車を4台運ぶ方法

テーマ:     

ワンボックス車で自転車を4台運ぶ方法

我が家の自転車の運搬方法をご紹介。

シクロクロスのレースに行くときや、サイクリングに行くときはこんな感じです。

最近は息子も手伝ってくれるので、積み込み・積み下ろしにそれぞれ8分から10分程度です。


 

今回積み込む自転車は、

  • 700cのクロスバイク。前後輪を外して収納します。
  • 700cのロードバイク。前後輪を外して収納します。
  • 24インチのロードバイク。前後輪を外して収納します。(後輪はナット式なので外しません)
  • 24インチのジュニア用マウンテンバイク。前輪のみ外して収納します。
     

ちなみにもっとも収納しやすいのは、ロードバイクです。

マウンテンバイクはハンドルが広いので、場所をとります。サスペンションも場所をとります。

car20110425-2.jpg

車はこちら。ファミリー向けワンボックス車として大人気の、「日産・セレナ」 現行(2011)の一つ前のモデルとなります。

3列目のシートを倒して、2列目のシートをやや前側にスライドさせます。

2列目のシートのリクライニング角度を、きつめ(直角気味)にします。このあたりの微調整は、収納する自転車に合わせてください。2列目もなるべく広いほうがいいですから。 

car20110425-3.jpg

キズ防止の気休めに、床にピクニックシートを敷いています。(シマノ鈴鹿ロードでもらった物)

4台の自転車を逆さまにして、互い違いに置きます。

ペダルの位置がうまくフレームの隙間に収まるように、クランクの角度を調整してください。ここポイントです。

すべて私の家族の自転車なので、手間のかかるキズ防止策をしていません。友人の高級バイクを収納する場合は、バイクとバイクの仕切りに古い毛布古い大き目のタオルなどを用意しておくとよいでしょう。

段ボールなどは、平面なので使いにくいですね。

 

4台入れてもまだ隙間があります。この状態ならまだ1台分は余裕がありますが、この隙間にはホイールを入れます。

car20110425-4.jpgホイールを7本入れました。

もし自転車を5台入れたとしたら、ホイールはフレームの上に積み重ねることになります。

car20110425-5.jpgクロスバイクに取り付けているフロントバッグや、4人分のヘルメット、工具類を収納しました。

この時は持っていきませんでしたが、空気入れ簡易ディスプレイスタンドローラー台を入れるときもあります。

シューズや小さなバッグなどは、フレームの隙間に入ってしまいます。

car20110425-6.jpg アップでご覧ください。

car20110425-7.jpg 2列目から後ろを見てみました。

car20110425-8.jpg ただ置いただけだと、走行中のカーブの揺れなどで、自転車がガサガサ揺れてキズがついてしまいます。

そうならないように、ポイントはこれ。

日産・セレナの内側には、フックがたくさんついています。これを利用して、ストラップとバイクを固定します。

 

私の場合、自転車が2台までなら、ストラップは2本使います。

自転車が3台以上なら、ストラップは4本使います。

car20110425-9.jpg これでばっちり。よく古チューブを利用する方がいますが、普段かさばりますし、結ばないといけませんし、バルブが意外と邪魔だったりします。

簡単に長さ調節ができて、シッカリ締まる、ウルトラロングストラップにかなうものはありません。 

 

こちら

 

 ウルトラロングストラップ(2本入り)

 

前後輪をささっと外して付けるテクニックを身につければ、自転車の楽しみがもっともっと広がりますよ。

 

 text あさひ岩田


コメント


この記事のツイート




ページの先頭へ