お手軽下ハンドル「ドロップエンド」

テーマ:     

お手軽下ハンドル「ドロップエンド」

フラットハンドルのエンド部分に取り付けることができる「ドロップ形状」のバーエンド。
しかし、普通のバーエンドと同じようなセッティングでは幅が広すぎてなんだかなぁという状態になっていまいます。
どうしたものか。


すでに同様のことをお試しの方もいるかとは思いますが
取り付け例として

グリップの内側

にセッティングしてみました。


現在フラットハンドルを使用中で
「ドロップハンドルを使ってみたいな」
という方向けの

お手軽下ハンドルセッティング

です。


2010101601.jpg

2010101602.jpg

このドロップエンド、ドロップハンドルとしてはだいぶ深曲がり。
エンド部分を地面と水平になるようにすると
うまい具合にブレーキレバーと干渉しない状態になりました。

 

2010101603.jpg 

ハンドル幅はもともと切り詰めていたので500mm。
95mmのショートタイプのグリップとブレーキレバーのあいだにドロップエンドを取り付けています。

シングルスピードなのでシフターの取り付けは無し。

シフター一体型の場合はドロップエンドをレバーの内側にするか

レバーをより内側によせるなどの調整が必要です。

グリップではなくバーテープを巻くことでドロップエンドの位置を自由に変えるという手段もありますね。


シフター別体の場合はシフターだけを内側に寄せるか、いっそドロップエンド側に取り付けてしまう…とか。

このセッティングでドロップ部分の幅は
500マイナス(95×2)で外-外310mm。

かなり狭いのですが
ドロップハンドルを握ったときの
上体を低くして空気抵抗を減らす感覚が体験できます。

2010101605.jpg

しかしこのセッティング、一般的なバーエンドと同様に
握った状態ではブレーキをかけることができません。

ドロップハンドルとまったく同じように使うのではなく
あくまで補助的に使うというセッティングになります。

このセッティングでもっと下ハンドルを使いたいなと感じたら
いよいよ本格的にドロップハンドルの導入を検討しましょう。

ドロップハンドルへの興味をいざなうアイテム。

ドロップエンドというより、ドロップスターターですね。

 

2010101604.jpg

  [アオイ]-DROP-END (ドロップエンド)
楽天店Yahoo!店

 

 ★☆★今週のサイクルモール店お薦めはこちら★☆★

■10月末まで! パーツ10,500円以上で送料無料キャンペーン!
楽天店Yahoo!店(終了)
 

■工具の使い方とレストアテクニックver1.0 2枚組
楽天店Yahoo!店


■OGK新作グローブ KG-10W ウインターグローブ
楽天店Yahoo!店
 


txt:サイクルモール


コメント


この記事のツイート




ページの先頭へ