ETAはESTIMATED TIME OF ARRIVALの略

テーマ:     

ETAはESTIMATED TIME OF ARRIVALの略

速度や時間、走行距離などを表示するサイクルコンピューター。

通勤や通学にはETA機能のついた

キャットアイ CC-COM10W コミューターがオススメです。 


2010082801.jpg

 キャットアイ CC-COM10W コミューター
楽天店Yahoo!店

 

メーターには心拍計付きのものやケイデンス計付きのものなど
種類が多いのですが
これは日常で使用する自転車向きに特化したモデル。

夜間でも画面が見やすいバックライトや
取りつけが簡単で断線の心配もないコードレス仕様だったりと
通勤・通学向きのサイクルコンピューターです。


さて、このメーター、ネットワーキング店スタッフ 中村が通勤自転車に取り付けているのですが
ふと昼休みに見てみたところ
液晶がえらいことになっていました。


文字が全表示されています。
手で持つと非常に熱い。

2010082802.jpg


エアコンの効いた室内へ持ち込み、待つこと数秒。

徐々に現れた数値は

2010082803.jpg

52℃

サイコンはあくまで走行中の計測メーター。
説明書にも書いてあるのですが
直射日光下に放っておくと本体が正しい気温を計測できないんですね。

走行している限りは問題ありません。


40℃台になると液晶表示はすっかり落ち着きを取り戻しました。


さて、この

キャットアイ CC-COM10W コミューター

毎日の通勤や通学向きの特別な機能として

ETA(到着予定時刻機能)があります。

これは入力した目標地点までの距離と
現在の平均速度から
到着するであろう時間を逆算して予測表示するというもの。

2010082804.jpg

大きいほうの表示が現在の時刻ではないため、機能を知らないまま使うと

表示時刻が平均速度で前後していまうためおかしなことになります。

 

前回の走行距離を自動的に目標地点までの距離として
計算する機能もあるので
サイクリングでどこかへ出かけたときの
復路での家までの時間を予測表示させるといった使い方も。

 

2010082805.jpg

その他、週間、月間、年間の走行距離や
CO2削減量(車で走行した場合のCO2排出量目安)を記録する機能もあり、
毎日の自転車での移動の成果を実感することができます。

機能や設定についての説明書はこちらからご覧いただけます。 

 

★☆★今週のサイクルモール店お薦めはこちら★☆★

■自転車工具の持ち運びや収納に便利なポーチがSALE価格です
(楽天店/Yahoo!店)

 

■2010モデル ライトウェイクロスバイクがお買い得です。
(楽天店/Yahoo!店)

 

■秋の行楽シーズン前に手に入れよう! DAHONの折り畳み自転車セール中!
(楽天店/Yahoo!店)

 

 

text:スタッフ青山
 


コメント


この記事のツイート




ページの先頭へ