旅のお供に前後示唆燈

テーマ:     

 

2009071508.jpg

リンプロジェクト 前後示唆燈[5028] ホワイト&レッドLEDライト
 

 

取り付けは長短のベルクロ2種かクリップ。

白い方が前になるように、赤い方が後ろになるように取り付けます。

 (同時に一方の方向へ白・赤が点滅をする状態となるように取り付けしてしまうと、

 周囲へ進行方向について誤解を与えるため、かえって危険ですのでご注意ください。)

 

 

パッケージ裏に提示されている使用例はカスクの横、そしてシートポスト。

「ペダリングがしやすく、ドライバーまたは歩行者から視認しやすい箇所の取付をお勧めします」

とのこと。

 

2009071501.jpg

カスクに装着した場合

 

点滅は前・後ろが交互に光る1モードのみ。

ボタンを1回押すだけでオン/オフの操作ができるので、

例えば日中のツーリング中に

トンネルや木陰で急に周囲が暗くなるような場面で、

すばやくスイッチオンして存在をアピールすることができます。

 

 

そう、前後示唆燈は、一石二鳥なだけでなく

手元で操作可能なセーフティーライトなんです。

 

マジックテープで取り付けできるので、位置も工夫次第。

便利で、しかも用途が限定されていないあたり、サイクリストには心躍るアイテムなんじゃないでしょうか。

 

メインのライト、反射板とは別に

もう一つ持っていたいアイテムです。

(とくにツーリングのときは!)

 

しかし、頭の位置につけた場合は 、

左右・後方確認の際に一時的に白・赤のライトが同方向へ点滅する状態になってしまいます。

 

リンプロジェクトさんも

「僕らも暗くなってから走ることはあんまりしないんですよ」

ということなので、やはりツーリング向けのアイテムなのでしょう。

 

じゃあ体ではなく、自転車の場合は

どこに付けたら良さそうかとあちこち試してみたところ、

被視認性、操作性ともにドロップハンドルのエンドが良さそうです。

 

ちなみにリンプロジェクトさんがツーリングで使用する自転車は

フラットバーの中央付近にバーエンドバーを装着したスタイル。

(なので正確にはバーエンドではないのですが。)

 

使用例にドロップハンドルへの取り付けがないのは、たぶんそういうわけです。

 

 

 

2009071502.jpg

後ろから

 

 

2009071504.jpg

後方と同時に地面を照らします。

 

 

2009071505.jpg

前から

 

2009071506.jpg

 

 


ライト、リフレクタとは別に+1の安全。

 

ツーリングにお薦めです!

 

(text スタッフ青山)  
 


 

2009071508.jpg

リンプロジェクト 前後示唆燈[5028] ホワイト&レッドLEDライト
 

 

取り付けは長短のベルクロ2種かクリップ。

白い方が前になるように、赤い方が後ろになるように取り付けます。

 (同時に一方の方向へ白・赤が点滅をする状態となるように取り付けしてしまうと、

 周囲へ進行方向について誤解を与えるため、かえって危険ですのでご注意ください。)

 

 

パッケージ裏に提示されている使用例はカスクの横、そしてシートポスト。

「ペダリングがしやすく、ドライバーまたは歩行者から視認しやすい箇所の取付をお勧めします」

とのこと。

 

2009071501.jpg

カスクに装着した場合

 

点滅は前・後ろが交互に光る1モードのみ。

ボタンを1回押すだけでオン/オフの操作ができるので、

例えば日中のツーリング中に

トンネルや木陰で急に周囲が暗くなるような場面で、

すばやくスイッチオンして存在をアピールすることができます。

 

 

そう、前後示唆燈は、一石二鳥なだけでなく

手元で操作可能なセーフティーライトなんです。

 

マジックテープで取り付けできるので、位置も工夫次第。

便利で、しかも用途が限定されていないあたり、サイクリストには心躍るアイテムなんじゃないでしょうか。

 

メインのライト、反射板とは別に

もう一つ持っていたいアイテムです。

(とくにツーリングのときは!)

 

しかし、頭の位置につけた場合は 、

左右・後方確認の際に一時的に白・赤のライトが同方向へ点滅する状態になってしまいます。

 

リンプロジェクトさんも

「僕らも暗くなってから走ることはあんまりしないんですよ」

ということなので、やはりツーリング向けのアイテムなのでしょう。

 

じゃあ体ではなく、自転車の場合は

どこに付けたら良さそうかとあちこち試してみたところ、

被視認性、操作性ともにドロップハンドルのエンドが良さそうです。

 

ちなみにリンプロジェクトさんがツーリングで使用する自転車は

フラットバーの中央付近にバーエンドバーを装着したスタイル。

(なので正確にはバーエンドではないのですが。)

 

使用例にドロップハンドルへの取り付けがないのは、たぶんそういうわけです。

 

 

 

2009071502.jpg

後ろから

 

 

2009071504.jpg

後方と同時に地面を照らします。

 

 

2009071505.jpg

前から

 

2009071506.jpg

 

 


ライト、リフレクタとは別に+1の安全。

 

ツーリングにお薦めです!

 

(text スタッフ青山)  
 


コメント


この記事のツイート




ページの先頭へ