涙の返品物 ―その42―

テーマ:     

涙の返品物 ―その42―

お買い求めいただく商品。

どんな商品でもたまーに不具合が出てしまうことがあります。

通常の店舗であれば、お買い求めいただく前に「これおかしいんですけど」と店員さんにお伝えしたり、あえて不具合のある商品を押しのけて別の商品を買ったりと事前の対策ができるのですが、通販の場合はそれができません。

私どもも発送前の検品を行っており、「これおかしい?」というのをチェックしております。が、漏れてしまうことがあります。また、入荷してきた商品を直ぐに発送手配する為、動作確認等の検品作業は行っておりません。大変申し訳ございません。

そこで、商品が届きましたら商品到着後8日以内にチェックしていただき、後になって「こんなんなっててえらい目にあったわ」とならないための「たとえば、こんなこともあります」をお伝えするコーナー第42回目です。※前フリが長くてすいません。


 

今回のご返品はこちらのタイヤです。

 120203-1.jpg

タイヤを装着後、ぱちぱちと音がするとのことで異常がないかを確認する為商品をご返品いただきました。

タイヤに空気を入れ、商品を確認したところ、特に異常が見れなかったので、再度お客様に異常が見られなかったことをご連絡いたしました。

 

お話を聞いたところ、少し気圧を高めに入れた際に異音があったそうなので、もう一度8気圧まで入れて確認してみました。

 

空気を入れたタイヤをよく見てみたところ、タイヤのサイドの部分に小さな気泡ができているのが確認できました。

 120203-2.jpg

おそらく、この気泡が空気を入れた際にはじけて、ぱちぱちと音がしたのだと思われます。

 

仕入先に確認したところ、まれにタイヤ製造時にこのような気泡が出ることがあるとのことです。

使用上は問題ないようですが、今回はお客様がどうしても気になるとのことで、商品をご交換させていただきました。

 

お次はこちらのバーテープ。

120203-3.jpgソフトなさわり心地が人気のこちらの商品ですが、

表面に切り目があるとのことで確認の為ご返品のいただきました。

よーくみてみると、、、

ありました。バーテープの中心ら辺に、重なったような切れ目が。

 120203-4.jpg

せっかくキレイに巻いても、コレじゃあ台無しですね。

 

コレも恐らく製造過程で何かの拍子に型がついてしまったのでしょうか。

正常品にご交換いたします。

パッケージを開けて中身を見てみないと商品の細かな異変に気づけないものです。

もちろんメーカーの方でも商品の検品等は行っておりますが、まれにこういったものが混ざっていることがございます。

恐れ入りますが、商品が届きましたらお早めに中身のチェックをしていただけましたら幸いです。

 

今後も 『何かおかしいな?』 と感じられた際は、お早目に、お気軽にお問い合わせください。

 

TEXT:スタッフ清水


コメント


この記事のツイート




ページの先頭へ