涙の返品物 ―その41―

テーマ:     

涙の返品物 ―その41―

お買い求めいただく商品。

どんな商品でもたまーに不具合が出てしまうことがあります。

通常の店舗であれば、お買い求めいただく前に「これおかしいんですけど」と店員さんにお伝えしたり、あえて不具合のある商品を押しのけて別の商品を買ったりと事前の対策ができるのですが、通販の場合はそれができません。

私どもも発送前の検品を行っており、「これおかしい?」というのをチェックしております。が、漏れてしまうことがあります。また、入荷してきた商品を直ぐに発送手配する為、動作確認等の検品作業は行っておりません。大変申し訳ございません。

そこで、商品が届きましたら商品到着後8日以内にチェックしていただき、後になって「こんなんなっててえらい目にあったわ」とならないための「たとえば、こんなこともあります」をお伝えするコーナー第41回目です。※前フリが長くてすいません。


 

今回のご返品はこちらのエアロバーです。

120110-11.jpg

ブラケット部分のボルトを締めても、空回りしてしまって固定できないとのことで、確認の為ご返品いただきました。

120110-12.jpg

ボルトを締めてみますと、確かに少し締めたところで空回りしてしまいました。

ブラケット側のねじきりが切れてしまっているようです。

ボルト部分をよく見てみますと、ねじきりの間に細かい白いクズが残っておりました。

120110-14.jpg

ボルトを締める際、ブラケット側のねじきりが削れ、ボルトに付着したようです。

断定はできないのですが、もしかしたら取り付けの際に締めすぎた可能性がございます。

反対側のボルトにはクズが付いていません。

120110-13.jpg

今回は、仕入先に偶然ブラケットがございました為、無償交換させていただきました。

※代理店でもすべての補修パーツを在庫しているわけではございませんので、必ずしも無償交換させていただけるとは限りません。

 

ボルトをしっかり取り付けることはとても大事ですが、ねじ山を破損しまわないようにお気をつけください!

 

※雌ねじがアルミ、ボルトがスティールの場合は雌ねじ側が破損します。また、アルミボルトも破損しやすくなりますので、トルクレンチを使用するなどして、十分ご注意ください。

 

スペアパーツがないので、丸ごと買い替え!なんてもったいないですものね。

今後も 『何かおかしいな?』 と感じられた際は、お早目に、お気軽にお問い合わせください。

 

TEXT:スタッフ清水


コメント


この記事のツイート




ページの先頭へ