第43回全国都道府県対抗自転車競技大会

テーマ:     

8月24日、第43回全国都道府県対抗自転車競技大会に出場しました。

昨年、大分で行われたこの大会は、国体の前年に行われる国体リハーサル大会でもあるため、今回は、来年国体が行われる新潟県で開催されました。

 

ロード競技は、南魚沼市で行われ、一周30kmのコースを、男子は4周の120km、女子は2周の60kmで行われます。私は、大阪チームの一員として参加し、いつもと違う白地にブルーのラインの入ったユニフォームで走りました。

前日の23日、朝5時ごろに大阪チームの安原監督のチームカーに家の近くまで来ていただき、そこから6時間を超える道のりです。名神高速、北陸道、関越道を通り、11時過ぎに到着。昼御飯を食べ、13時ごろから試走にいきました。

今回、大阪チームのロードのメンバーは、女子は豊岡選手、私。

男子は、向川選手、辻選手、湧本選手(共にマトリックス)。

そして、今回はトラック競技に出場の、元砂選手(環太平洋大学)の6人で試走に出かけます。

 

30kmの周回コースは、前半は上り基調、後半は下りと平坦のコース。試走に行った時は雨は止んでいたものの、すごい強風で、少しだけ登っている道で、前に進めず転びそうになりました。明日の天候が心配です。


当日、天候は予報通りの雨、9時ちょうどに男子がスタート、9時3分に女子がスタートです。風は前日ほど強くなく、トラブルもなくレースは流れて行きました。

今回はチーム戦、1位、2位を狙って動いて行きました。

まず一番初めに動きがあったのは、1周目の上り、豊岡選手のアタック。すかさず針谷選手(栃木)が付き、私が続きます。上りでは結局逃げ切れず、3人で頂上を通過し、下りに入りました。

下りのカーブはゆっくり走り、平坦区間に入ってから、大阪チームで、何回かアタックを繰り返し、豊岡選手のアタックが決まり、どんどん離れていきました。

大阪チームで1位を獲るため、私は先頭を引かず、針谷選手と後から合流した、井上選手(東京)、星川選手(香川)の3人の後ろに付きます。

そのまま1周目を通過し、2周目の前半で、集団のペースは落ち、後ろ5人の集団とも合流し、豊岡選手の逃げは確実になりました。

後は私がいかに良い順位でゴールするかなので、得意の上りでアタック。ついてきたのはやはり針谷選手。二人で頂上を越え、そのまま下り、平坦区間に入ります。

なんとか先行したい私は、何度かアタックをかけてみるものの、決まらず、そのままゴールへ。

丸岡レースの時は先に仕掛けて力尽きたため、今回は後からかけることに。

最後はもう一息及ばず、私は針谷選手に次いで3位でゴール。普段チームで走ることがないため、チームで走る難しさを感じたレースでした。


20080827-i1.jpg

女子1位?4位

20080827-i2.jpg

女子1位の豊岡選手と、3位の山島

女子が終わってから、男子のゴールです。3人の先頭の逃げに、大阪の湧本選手、辻選手が入っているとのこと。もう一人は埼玉の高校生の選手。ゴールの150m手前でゴールを待ちます。そしてラストのスプリント。実業団の意地を見せ、ワンツーフィニッシュ。そして向川選手もきっちりと入賞圏内の8位でゴール。

 

20080827-i3.jpg

20080827-i4.jpg

男子は大阪チームが1・2フィニッシュ!

トラックに先駆け、ロードは幸先の良いスタートとなりました。ロードのみの私はこれで大阪チームとお別れで、一人、輪行で新幹線に乗って帰りました。


最強の大阪チーム

大阪チームは雰囲気も良く、いつもとは違う形でレースに出ることができ、良い経験となりました。試走の時は人気の少なかった沿道も、レース当日は雨の中、たくさんの応援をいただきました。本当にありがとうございました。

来年の国体は女子の種目が無く出ることはできませんが、きっと良い大会になると思いました。
20080827-i6.jpg

公式リザルト 日本自転車競技連盟

http://www.jcf.or.jp/jp2/index.html

 


コメント


この記事のツイート




ページの先頭へ