テーマ:Toby's Break     
こんなに便利なビンディングシステム

自転車によく乗る人にとってなくてはならないビンディングシステム。
そう、ペダルにカチッとはめるアレです。

慣れてしまえばメリットの多いこのシステムですが、初めての人には理解のしにくい行為。 

立ちごけしてそれが車道側だったら・・・、すぐに外れなくて私には危険・・・とネガティブなことばかり考えてしまいますが、その先にある、得ることのできる利便性はなにもぺダリングの効率だけではないんです。

ポタリング派の私でも、このシステムは自転車に慣れてきたら一番に導入して欲しいアイテム。早ければ早いほどいいです。

さあ、怖がらず少しだけディープなビンディングワールドに足を踏み入れてみませんか。


テーマ:Toby's Break     
秋の片鉄ロマン街道ポタリング

「片鉄ロマン街道」というサイクリングロードをご存じでしょうか。
岡山県の備前市から、同県の柵原(やなはら)までを結ぶ約35kmのサイクリングロードです。

しかし、ただのサイクリングロードではありません。
ここはかつて、鉄道の路線として活躍した跡地を利用したサイクリングロードなのです。
 


テーマ:Toby's Break     
初心者のための、しまなみ海道入門

突然ですが、日本の、おすすめサイクリングロードと言えば・・・

3位 びわ湖よし笛ロード(滋賀県近江八幡市-東近江市、26.2キロ)
2位 メイプル耶馬サイクリングロード(大分県中津市、36.1キロ)

1位は・・・(この流れでいけば御想像の通り)
瀬戸内海横断自転車道(広島県尾道市-愛媛県今治市、80.4キロ) でした。
(日本経済新聞 NIKKEIプラス1「なんでもランキング」 2010/8/28付)

いくら人気があるとは言え、関東にいるころは、すごく遠くの、海の上を走れるサイクリングロード位にしか思っていませんでした。
魚がおいしいと聞いても、日帰りで駿河湾に行けるしなぁ・・・という感じで、何がすごいの?
という感じでした。

しかし・・・百聞は一見に如かずでした。井の中の蛙でした。


テーマ:Toby's Break     

khoda-0.jpg

 お久しぶりです。サイクルモールの石飛です。

新緑がまぶしく、温度も暑すぎず、寒すぎず、自転車に乗るには最高に気持ちのいい季節ですね!

この気持ちよさを知ってもらいたいと、5月の姉の誕生日には自転車をプレゼントしました。
それも、どうせなら今まで乗っていたような普通のママチャリではなく、少しスポーツ車テイストの自転車。

そこを前提に、どんな自転車がいいのか聞いてみました。
すると・・・、、

 

 


テーマ:Toby's Break     

R0019217.jpg  大阪に住んで早いものでもう4回目の春を迎えます。最初は戸惑う事も多かったですが、今では関西の個性的な街や文化に触れ、とても楽しく、有意義に過ごしています。

 今回は、ポタリングと言えば京都や神戸ばかりで、実は4年も住んでいながら初めてとなる大阪北摂をポタリングをしてきました。
 


テーマ:Toby's Break     

jetex-0.jpg 昨年末は取引先よりDAHON SPEED P8Mu P8Silvertip(終了)をお借りして京都を散歩してきましたが、(2010年モデルのDAHONあれこれ。Speed P8・Mu P8・Silvertip)今年は、DAHONの超高級モデルJetStream EX(ジェットストリーム)(終了)をお借りすることができたので、東京を散歩してきました。

JetStream EXは年代問わず今まで乗ったことがなく、そのスペックとフォルムに、ものすごく気になっていた1台です。
 


テーマ:Toby's Break     

kyotosanpo-title2.jpg

DAHONのモデルは毎年何かしらのモデルを試乗していますが、2010年モデルは定番のSpeed P8、Mu P8に加えて、2010年モデル一番の注目株Silvertip(シルバーチップ)に乗ることができました。

今回は各モデルの2009年からの変更点、感想などをご紹介させていただきます。


テーマ:Toby's Break     

kyotosanpo-1.jpg

お久しぶりです。小径車大好きの石飛です。

紅葉の季節も過ぎ、めっきり冬らしい気候となりました。
これからどんどん寒くなると思うと憂鬱ですが、この時期は自転車の新車が出始める時期でもあるため、そこだけは楽しみです。 

DAHONも2010年モデルが発表となりました。

まだ全ては出揃っていないものの、今年は各商品値下げ、仕様変更、新車種「Silvertip(シルバーチップ)」(終了)の登場と、さらに目が離せないラインナップ。気になったので、早速取引先から2010年モデルをお借りして、晩秋の京都をポタリングしてきました。




ページの先頭へ