ヒザに当たらない!信号待ちなどでさっと出せて便利!ちょっとした小物を入れるのに便利な自転車バッグ

テーマ:     

ヒザに当たらない!信号待ちなどでさっと出せて便利!ちょっとした小物を入れるのに便利な自転車バッグ

グループでの走行やロングライドでは、信号待ちや、場合により走行中(安全が確保されている範囲内で)にも補給を取らないといけないことがあります。
ジャージのバックポケットでもいいですが、バックパックを背負っている時や、複数の飴やタブレットを持っている時は取り出しにくさを感じのも事実です。

また、電源の供給が必要なアクションカメラやライト、スマートフォンなどの機器を使う時もモバイルバッテリーを収納できるバッグがあると非常に重宝します。

そんな時、ハンドル付近に取り付けできるトップチューブバッグは一番理にかなったアイテムです。


目次



トップチューブバッグは、おおよそ0.4L以下の小容量タイプとそれ以上の大容量タイプがあります。
その他に、上部にスマートフォンをいれられるスペースがあるものなどあり、走る距離や用途によりお選びください。
【早便】【お店で受取り自転車対応可】 スマホ対応トップチューブケース iPhone等各サイズ対応 [904][CBA-1]
スマホ対応トップチューブケース


トップチューブバッグのデメリット

便利でいいことだらけのトップチューブバッグですが、便利な反面、製品によっては立ち漕ぎ(ダンシング)の度にヒザに当たり、ライドに集中できなくなることも。

ちなみに、私は内股気味で、ダンシング時でなくても、ペダリングの度に両ヒザが当たってしまいます。
通勤などのショートライドならまだ我慢できますが、ロングライドだと気になって気になって・・・
「トップチューブバッグ邪魔!」とロングライドで初めて大きなトップチューブバッグを使った時は捨てようと思った位。(事前に試せ!なのですが・・・)


また小さなことですが、トップチューブバッグは走行中に左右にずれるため、長時間取り付けていると、多少なりともフレームを傷つけてしまう恐れがあることもデメリットの一つです。
付けっぱなしにしてしまう方は注意です。



ヒザに当たりにくいトップチューブバッグ

スマートフォンを上部に入れる所がない、トップチューブバッグを選べば、容量は少なくなる傾向にはありますが幅は抑えられるので、ヒザに当たる可能性は低くなります。

トライ・ドライバッグ 防水トップチューブバッグ[TT9815B]
トライ・ドライバッグ 防水トップチューブバッグ

それでも高さがあると、ダンシング時はヒザに当たります。


比較的容量の多いモデルでは、下記がまだヒザの擦れ、当たりがマシでした。
【早便】【お店で受取り自転車対応可】 Laukku-TB1-I トップチューブバッグ 容量:1L カラー:ブラック [904][CBA-1]
Laukku-TB1-I トップチューブバッグ 容量:1L

容量が大きいのに、細身に作られているので、ゆっくり走る時や、荷物が多い時には活用しています。

IMG_2626.jpg

(メイタン)サイクルチャージ、ウィダーインゼリー、 アミノバイタル、スポーツようかんがすっぽり。
ようかんやサイクルチャージ、飴やタブレットならもう少し入りそうです。

フレームに極力傷をつけないように、滑り止めや加工などがされています。
20180106-1437585184 x 3456IMG_9844.jpg

20180106-1439045184 x 3456IMG_9847.jpg
止水ジッパー(完全防水ではない)で、カギや小物を入れることが可能です。

IMG_2664.jpg
仕切りもあるので、荷室を分けることも可能です。コンパクトなカメラなら余裕でいれることができます。


取り付けできないフレーム形状

汎用的なバッグですが、全ての車種に取り付けできない可能性があるので、購入前にはフレーム形状をご確認ください。

特にMTBなどでは溶接箇所の都合で取り付けができないこともあります。
IMG_2622.jpg


IMG_2620.jpg

見た目は結構大きいですね。
バイクパッキングライドで使おうと思ったのに・・・残念。


その他の選択肢

ヒザに当たって気になってしまう方の中で、どうしても上部にスマートフォンも入れたい方、フレーム形状の都合で取り付けができない方はハンドル箇所に取り付け出来るタイプもあります。

200180303.jpg
スマートフロントポーチ ベルクロ固定式

ここならダンシングしようが何をしようが当たることもなく快適です。

容量こそ少なめですが、こちらの方がより様々な自転車に対応が可能かと思います。

IMG_2651.jpg
もちろん、トップチューブバッグ的な使い方も。
これならフレーム形状の制約もあまり受けずに済みます。


IMG_2628.jpg

裏側は滑り止めとクッション素材でフレームを傷つけにくいです。
IMG_2632.jpg

しかし、80mm程度のステムだと、ベルクロの一か所しか固定することができません。
IMG_2636.jpg
これでは重量物をいれた際に動いてしまいます。

そんな時は
IMG_2652.jpg
横づけです。

IMG_2656.jpg

この上からスマートフォンの操作も可能です。

肝心の容量ですが、スマートフォンを同時収納した場合、(メイタン)サイクルチャージ、スポーツようかん、飴やタブレットを入れることができました。
スマートフォンがなければ、これにアミノバイタルも入れることができました。
IMG_2647.jpg

IMG_2646.jpg
ウィダーインゼリーは無理だ・・・。

IMG_2643.jpg

中は仕切りがあります。

ステム以外にも、バックパックのショルダー部にも装着できます。

200180303-1.jpg

フレームには取り付けたくないけれど、コンパクトカメラなどちょっとした小物入れが欲しい方にもおすすめです。

まとめ

トップチューブバッグは便利な反面、容量だけに着目してしまうと、ヒザに当たったりしてしまい、肝心のライド中に気になって仕方なくなってしまいます。気にならない方ならいいのですが、がに股で走るなど、本末転倒になるならば、トップチューブバッグにこだわらず、別の選択肢もあるんです。

これから購入を検討されている方、又は私と同じような悩みを抱えている方はご参考にしていただければ幸いです。


Text:石飛


コメント


この記事のツイート




ページの先頭へ