ユルくバイクパッキングスタイルを楽しむ。京都嵐山で野点(のだて)を楽しみました。

テーマ:     

ユルくバイクパッキングスタイルを楽しむ。京都嵐山で野点(のだて)を楽しみました。

最近バイクパッキング向けのサドルバッグを常時付け、格好だけ楽しんでいる石飛です。


前回、MTBでトレイルカフェを楽しみました。
ユルくバイクパッキングスタイルを楽しむ。MTBに取り付けてトレイルカフェ(コーヒー)を楽しみました。

それがかなり楽しかったので、今回は別のクロモリロードに取り付けして、野点(のだて)を楽しんできました。


野点ライド

目次

野点(のだて)とは、簡単に言うと、アウトドアで抹茶をいれて楽しむ茶会です。

場所は抹茶と言えば京都でしょ!と安直な考えで決めました。

家から京都嵐山まで約40km。

IMG_97241.jpg
この日の自転車はLGS-LCR クロモリフレームです。
ラグ溶接が綺麗な少しクラシカルな雰囲気が魅力の自転車です。

前回同様のサドルバッグ
IMG_98181.jpg
ツールケースは上に取り付け、最近見つけたお気に入りのヒップロックのカギも外付けです。

01.サドルバッグの中身

サドルバッグの中身は
IMG_9747.jpg
抹茶、茶筅(ちゃせん)、マグ、アルコールバーナー、アルコール、風防、ケトル、輪行袋、コーヒードリッパー、ミルです。

コーヒードリッパーとミルを持ってきているので、どこかで豆だけ買って飲むこともできます。
京都はコーヒー文化も進んでいるので、質のいい豆を扱っているお店も多いです。
好きな店でパンや和菓子を買って、鴨川沿いで食べたら最高ですね。

02.装備編

長距離でも快適なように、25cのタイヤに交換しました。
C1761 CONQUISTARE 耐パンク 120TPI ケブラー 700x25C
IMG_9739.jpg

このタイヤ、別の意味で期待を裏切られました。

 少し横道に逸れますが、TPIという数値をご存知でしょうか?
TPIとは、ケーシングという繊維が1インチあたりに何本あるか、で決まります。

タイヤのコンパウンド(ゴム質)やその他素材によっても変わるため、一概には言えないのですが一般的にはTPI値が高くなればなるほど、しなやかで質がよいタイヤということになります。

このタイヤはTPI値120という数値で、同価格帯のタイヤの中ではかなりコスパが高いと言えます。
IMG_9745.jpg
転がり抵抗を低減するセンタースリック。ショルダーはコーナリング能力を最大化するファイルパターン。

コンパウンドも硬すぎないものが使われているため、クロモリフレームと相まって乗り心地は非常にマイルド。

それでいて、耐パンクベルトを装備しており、重量も25cで250g(実測値)に抑えています。
IMG_6948.jpg
この数値は、耐パンク性能のあるタイヤの中では軽量な部類になるかと思います。

これに合せるチューブは、同じくしなやかで軽量なチューブがおすすめです。
チューブでも乗り心地が変わりますよ!
IMG_6949.jpg
スーパーライトチューブ 700x18/25C 仏式ロングバルブ バルブ長:48mm


バーテープはクラシカルな印象を引き立てるためキャンバス地のタイプをチョイス
Kahava-BT(カーバ-BT) バーテープ 

スチールなど細身の自転車やクラシカルな自転車にはよく似合います。
IMG_9733.jpg

IMG_9736.jpg
ただし、伸びない材質のため、綺麗に巻くにはテクニックが必要です。

バーテープを巻くのがうまい、と自認されている方は、一度このタイプのバーテープを巻いて見てください。
これを綺麗に、すんなり巻けたらなかなかのものだと思います。

03.野点を楽しむ

12月に入って、多少は落ち着いたとは言え、嵐山はすごい人です。
IMG_97591.jpg

人の少ない川のほとりで静かに野点。

今回は軽量を意識して、アルコールバーナーです。
IMG_9752.jpg

火打石で着火!
IMG_97511.jpg

抹茶のお湯の量は100ccも要らないため、火力の調整ができないアルコールバーナーでも5分程度で沸かすことができます。

野点で、細かい作法は必要ないとはされていますが、一応の作法はしたいと思います。
マグながら両手で持ち、二度ほど時計回りに回して、飲み終わったら反時計回りに回して置きます。

IMG_9803.jpg
和菓子を買い忘れたので、今回は近くで売っていた栗を楽しみます。

04.紅葉も楽しむ

抹茶を楽しんだら、混雑している嵐山を通り過ぎ、嵯峨野の奥にある庵に行きました。
IMG_9826.jpg

もう紅葉のシーズンは終わっていますが、ここは散紅葉を楽しむことができます。
IMG_9844.jpg

参拝される方も少なく、ひっそりと静かな中で、紅葉も楽しむことができました。
IMG_9870.jpg

IMG_9925.jpg

05.まとめ

以前であれば、今日使った道具を全てバックパックに入れて走っていました。
そうすると、走った後は肩が痛くなったり、重さでお尻が痛くなったりも。当たり前だと思っていたので、特に何も考えていなかったのですが、このサドルバッグを手に入れてから少し世界が変わりました。

長距離ツーリングだけではもったいない!是非ポタリングなど緩く走る時もご活用いただきたいです!

Laukku-SB8 (ラウック-SB8)-I バイクパッキング用大型サドルバッグ

Text:石飛

関連ブログ

手持ちの自転車をグラベル仕様に再生カスタム。目指すはバイクパッキングもイケるコンフォートなチャリ
今流行のバイクパッキングって?どんな自転車で楽しんだらいいの?まずは体験してみることが大事。
ユルくバイクパッキングスタイルを楽しむ。MTBに取り付けてトレイルカフェ(コーヒー)を楽しみました。


コメント


この記事のツイート




ページの先頭へ