手持ちの自転車をグラベル仕様に再生カスタム。目指すはバイクパッキングもイケるコンフォートなチャリ

テーマ:     

手持ちの自転車をグラベル仕様に再生カスタム。目指すはバイクパッキングもイケるコンフォートなチャリ

バイクパッキングの社内イベントを控えた前の週、私は友人の引越しに伴い譲り受けたビアンキのクロスバイクを再生して持っていくことにしました。

社内イベントの様子
今流行のバイクパッキングって?どんな自転車で楽しんだらいいの?まずは体験することが大事。

チェーンも、車輪も回らないボロボロ。
全て分解し再度組み付け。今回はホイールとクランク、ステム、シートポストは再利用しました。

コンセプトは、グラベルもイケるコンフォートなチャリ。
これをバイクパッキングのベース車としたいと思います。


15年以上前のビアンキ ボードウォーク というクロモリの自転車です。
IMG_0318.jpg

インストールしたパーツは以下の通り。
E96A4160.jpg

E96A4164.jpg
32Cと、舗装路でも適度な速度が出せ、グラベルもイケる頼もしいPIKAタイヤ
38Cタイプもあります。
グラベルメインだと太い方がいいかもしれません。

E96A4142.jpg
SMOOTH DROP(スムースドロップ)
E96A4157.jpg

E96A4171.jpg
ハンドルはグラベルでも安定するように、末広がりなハンドル形状です。
STIレバーの装着も可能です。
フレームサイズが少し大きかったのですが、これにすればグリップが手前に来るので楽な乗車姿勢になります。
(反面、小さなフレームサイズの自転車では窮屈な乗車姿勢になるので注意が必要です。)

グリップはシックなダークブラウンのロックオングリップ
スウェードMFグリップ
E96A4150.jpg
ビアンキのチェレステカラーとブラウンは相性いいですよね。

E96A4147.jpg
クラシックコイルスプリングサドル

サドルは乗り心地をさらによくするため、スプリング付にしました。

コンポ―ネントは、MTBを11速に組み換えて不必要になったDEORE XT9Sをインストールし、フロントはシングルギア。

過去ブログ
MTBを9速から11速化(ワンバイイレブン)して思わずニヤけました。


ダートも走るのにシングル大丈夫?と心配になりそうですが、そこは安心の36Tワイドナロー仕様。
もうだいたいの所はこの仕様でOKです。
CX-1042A ナローワイドチェーンリング PCD:104mm

これで登れない坂は荷物を積んでいるし、押し歩きます。(長距離を考えて無理しない!)

大きめのフレームというのも手伝って、乗り味は非常にシルキー。JARIに負けてないかも!?
ずっと乗っていたくなります。
E96A4139.jpg
これに8リットルのサドルバッグを付けています。
Laukku-SB8 (ラウック-SB8)

8リットルで小さいと感じられる方もいらっしゃるかもしれませんが、走りと積載能力を考えた時に、この位が丁度いいあんばい。
これ以上の容量だと走りにも影響があるし、少なければ使いにくい。
E96A4227.jpg

手前味噌ですが、よく考えられたいいサドルバッグです。

お手持ちのクロスバイクや、古いMTBを再生カスタムして、こんな遊びの自転車を作ってみませんか?


Text:石飛

関連ブログ

今流行のバイクパッキングって?どんな自転車で楽しんだらいいの?まずは体験してみることが大事。
ユルくバイクパッキングスタイルを楽しむ。MTBに取り付けてトレイルカフェ(コーヒー)を楽しみました。


コメント


この記事のツイート






ページの先頭へ