今流行のバイクパッキングって?どんな自転車で楽しんだらいいの?まずは体験してみることが大事。

テーマ:     

今流行のバイクパッキングって?どんな自転車で楽しんだらいいの?まずは体験してみることが大事。

11月も中頃、滋賀県高島市にあるキャンプ場で、バイクパッキングの社内イベントを行いました。

バイクパッキングのイベントということもあり、大阪やその他遠方から、テントを積んだバイクパッキングスタイルの自転車で来る人や、車で参加し、至りつくせりな充実装備のスタッフもいました。



皆さんキャンプ慣れしています。
E96A3964.jpg


E96A3961.jpg
自転車に必要な機材を積み込み、ウルトラライトな装備で参加するスタッフ。カップヌードルももちろんリフィルタイプ。

今回は、そんなバイクパッキングをご紹介。

目次


 キャンプでは、FUJIなどを取り扱うアキボウ様、クッカーやテント、ドイタ―のバックパックを取り扱うイワタニ様、MARINなどを扱うファンファンシー様、オルトリーブなどの自転車ギアを扱うピーアールインターナショナル様が参加され、ウルトラライトなキャンプ道具、バックパック、それを組み合わせた自転車の提案もいただきました。
E96A4012.jpg

01.そもそもバイクパッキングって?

バイクパッキングというとまだピンとこない方もおられるかもしれませんので、簡単にご説明すると・・・

以前よりあった、ランドナーなどのツーリング系バイク、MTBにリアキャリア、サイドバック(パニアバッグ)を取り付けて旅をするトラディショナルなスタイルに対して、バイクパッキングは極力最低限の軽量アウトドアギア(ウルトラライト※1)を持ち、身軽に旅をするスタイルです。
両者は似ていても、目的とアプローチが違うことから似て非なるものとも言えます。

※1ウルトラライトの一つの基準として、水、食料、ガスカートリッジなどを除いた重量が4.5kg以下が望ましいと言われています。


スタイル別早見表(参考)

種類 バイクパッキングスタイル トラディショナルスタイル
使用バッグ サドル、フレーム、フロント、トップチューブバッグなど 前後サイドバッグ(パニアバッグ)、フロントバッグなど

積載容量

(使用バッグの合計容量)

約30リットル程度まで

約50リットルから、100リットル程度まで
(重量があるので、自転車各部へ負荷がかかる)
走行性 重量物の重心が高くなるので、サイドバッグ(パニアバッグ)に比べると安定性は劣る。
しかし、走行性能は高い

重量物を下に入れれば安定性は高いが、重くなった場合の走行性は低くなる

輪行

パッキングを外すだけなので、通常の輪行ができればあまり手間はかからない

ツーリング車ではフォークを抜くなどすれば非常に小さくなるが輪行するまで時間と手間はかかる

コスト キャリアが不要なため、あとはバッグ次第。
但し、その他のアウトドアギアを軽量にする場合はこちらの方が高くなることもある
キャリアに加え、バッグの容量が多ければ高くなる傾向
使いやすさ コンパクトにし、重量物はフレーム側に寄せるなど、パッキングの技術がある程度必要。 大きなバッグの場合、ラフに詰め込んでも余裕がある。出し入れもしやすい
その他 基本的には1週間以内など短期間向け。
日本国内などで、食べ物などをコンビニに頼るなどの場合はこの限りではない

備えあれば憂いなしの人や、海外ツーリングはこのスタイル。
しかし、使える自転車はキャリアを取り付けできることが前提のため限られてしまう

※条件によってはこの限りではございません。あくまで一般的な例です。


E96A4014.jpg

荷物が軽量であれば、当然速度域も変わってきて、上記のような装備をしつつも、ロードバイクなら1日で200-300kmも移動することが可能ですし、カーボンフレームのバイクではキャリアを取り付けてのツーリングは素材の理由でできませんがこのスタイルなら可能となります。

MTBならトレイルを含めて、よりアドベンチャー的な乗り方もできます。

E96A4313.jpg

また、輪行を組み合わせれば遠い所でのツーリングもしやすくなります。

 自分の限界を広げ、さらに道具の使い方を工夫し、発想が柔軟になる。
パッキングをする際はその道具が本当に必要なのか?をよく考えるようになり、自分との対話、さらには自然との対話が楽しめるようになるのです。
根本的な所としてはそこが大きなメリットではないでしょうか?

登山などではかなり以前から軽量なギアを持って旅するスタイルをウルトラライトハイキングと呼んだりします(2000年前後にはその言葉が言われ出した)が、その自転車版というような感じでしょうか。
アウトドアギアの進化も手伝って成せる技でもあります。


02.どんな自転車で楽しんだらいいの?

 バイクパッキングはスタイルなので、乗る自転車はロード、クロスバイク、マウンテンバイクなど問いません。
手持ちの自転車でもバッグさえ揃えればすぐにでも楽しめます。

ロード、クロスバイクでもOKですが、未舗装路を含めて走りたいならグラベルロードMTB(ファット系含む)です。


 2010年頃の一昔前であれば、MTB以外でグラベルを楽しむには、ほぼシクロクロスバイクという選択しかありませんでした。
しかし近年このジャンルも細分化が進んできて、グラベルロードという新ジャンルのラインナップが増えています。

グラベルとは、日本語で「砂利」を意味し、未舗装路などでのバイクコントロール性を重視したフレーム設計となっています。
ホイールベースを長くとり、フォークトレイル値を延長させ、直進安定性を高めているのが一般的です。
(同時に、ヘッド角もロードレーサーよりも寝かせている)
ロングホイールベースは、太いタイヤを履かせるための必然の結果とも言えます。

アメリカでは未舗装路を含む300km以上のブルベも人気があり、そのためにはスピードと積載性を高いレベルでクリアするためにもこのジャンルとスタイルに人気が出ている理由でもあります。
自転車版SUVとも言えるかも。


03.各メーカー様からのラインアップ

■ピーアールインターナショナル様


2018年の春に発売予定のオルトリーブのバッグです。
空気を抜くための弁や、お得意の防水性の高さがウリで、非常に考えられた作りとなっておりました。
発売が楽しみですね。

E96A3958.jpg

E96A3956.jpg

E96A3952.jpg

E96A3951.jpg



E96A40134.jpg

上記はフル装備ですが、もう少し少ないパッキングでも上の画像位の荷物はゆうに入れらます。
寝袋はもちろん、テントやクッカー、工具や救急セット、補給食、着替えなども。

振られやすいサドルバッグには衣類などの軽量なものを入れ、トップチューブバッグには補給食やすぐに取り出せるもの、フロントは重くないけどかさばるテントや寝袋、フレームバッグは重量を入れても一番安定するため、クッカーやガスカートリッジを入れるのが基本です。

E96A4292.jpg

■イワタニ様

NEMO(ニーモ)シリーズのテント
※当店では現在取扱いございません。
E96A4334.jpg
いろいろ物欲が刺激される。
E96A4337.jpg
手で空気を入れるタイプのマット。すごく楽で寝心地がよかったです。しかも小さくなる!

私は日帰りだったのですが、翌朝はクッカーでのアウトドア料理が作られたそうです・・・参加したかった!

またバックパックの背負い方などレクチャーもありました。

■ファンファンシー様

MARINからはバイクパッキングのベースになる自転車がたくさん展示されていました。
マリンの自転車は、どれも車体カラーが独特で、街乗りで映えるのはもちろん、実用性も兼ね備えているラインナップです。


メーカーの担当者、ドンキーさんが乗っている自転車は長距離ツーリングやバイクパッキングを楽しむ為に作られた旅バイク!
日本横断はもちろん、アメリカ全土をもツーリングできる程耐久性にも優れています。
E96A3996.jpg
MARIN 18 FOUR CORNERS(フォーコナーズ)

日本限定クロモリアーバンバイクです。
街乗りはもちろんのこと、週末はバイクパッキングスタイルを楽しむベース車としてもいいですね!
E96A4052.jpg
MARIN 18 NICASIO SE8

サスペンションがついていないので、長距離は大変?なんて思う方もいるかもしれませんが、27.5プラスの太めのタイヤが振動を吸収し、驚く程快適で軽い乗り味です。
山で走る・街中で走る・自転車旅をしたい方に最適な1台です。
E96A4317.jpg
MARIN 18 PINE MOUNTAIN

バイクパッキングって、アウトドアスタイルと親和性高いですよね!
渋めの色がたまらない。

E96A4280.jpg

■アキボウ様

FUJI JARI(ジャリ)シリーズ

E96A4099.jpg

シリーズ通して、ディスクブレーキを装備し、フロントはシングル。

タイヤ幅が広く、振動吸収性が高いため、乗った瞬間、何も考えずに未舗装路を走れます。
JARI1.5では後輪のハブ軸とBBまでの距離が長いため、ロードレーサーと比べてスピードにのりにくいのですが(当然走っている所と重量もある)、JARI1.1になるとそんなことも感じさせない位軽かったです。
未舗装路なのに舗装路?というような走りだし。


どれも安定感がありシリーズ通して好印象でした。

JARI1.1、ちょっとというか、かなり欲しい・・・。


その他には、街乗りからロングツーリングまで、タフに使えるFEATHER CX+(フェザーシーエックスプラス)
E96A4119.jpg
細身のクロモリフレーム美しい。
それにドロップハンドル、機械式ディスクブレーキ、ブロックタイヤを標準装備したマルチパーパスなグラベルロードです。
JARIと比べるとさすがに走りは重いですが、タフさはこちらが上。
街乗り含めてガンガン乗りこす人にマッチします。

04.まとめ

これまで読んでいて、アウトドアギアにお金がかかりそう・・・と思う方もいらっしゃるかもしれません。

確かにウルトラライトなギアが望ましいのは確かですが、それを揃えるまでお金を貯めたり、待っているのはもったいないこと。
(意外とテントで軽量モデルも安く出回っているため、そこまでお金もかからなかったりしますが、ライトで快適さを追求すると高くなる。)
まずは今持っているアイテムの中で、本当に必要なものに絞っていくことが第一歩かもしれません。


 また、わざわざテントや寝袋を持たなくても、泊まるのはホテルやバンガローなどを利用してもいいですし、ましてや日帰りや、コーヒー道具を積んでちょっとしたポタリングに活用してもいいのです。

E96A4210.jpg

まずは普段背負っているバックパックの中身を全てサドルバッグに入れて、スタイルを楽しんでみませんか?
きっとわくわくしたライドが待っています!

私もこの日に合わせて、自転車をカスタムしました。
手持ちの自転車をグラベル仕様に再生カスタム。目指すはグラベルもイケるコンフォートなチャリ

Text:石飛

関連ブログ

ユルくバイクパッキングスタイルを楽しむ。MTBに取り付けてトレイルカフェ(コーヒー)を楽しみました。

手持ちの自転車をグラベル仕様に再生カスタム。目指すはグラベルもイケるコンフォートなチャリ


コメント


この記事のツイート






ページの先頭へ