乗車スタイルによって選ぶ、携帯ポンプの選び方

テーマ:     

乗車スタイルによって選ぶ、携帯ポンプの選び方

出先でのパンク!近くに自転車店があればいいのですが、そうでないことがほとんど。

そんな時は自分でなんとかしなければいけません。
必要な道具は揃えていますでしょうか?


最低限必要なのは
・対応した予備チューブ
ロード
MTB

タイヤレバー
携帯ポンプ(又はCO2ボンベ

その他、あるといい装備は
ニトリルグローブ
タイヤブート
パッチキット

チューブもタイヤレバーも、選ぶのに迷うことはそうそうありませんが、携帯ポンプは種類もサイズも色々・・・。一体何を選んだらいいの?
とわからなくなってしまう方も多いと思います。
そんな方に、自分に合ったポンプはどれになるのか?
携帯ポンプを大きさごとに3タイプに分けて、使用用途によって選び易くしてみました。

目次

タイプ別 おすすめ携帯ポンプ

1.コンパクトさ命の軽量ポンプ派(全長120mmまで)

ジャージの背面ポケットや、サドルバッグなどにも入れることができるポンプ
持ち運びを重視し、割り切って小さくしているので、CO2ボンベなしで使うには少々しんどく、ポンピングだけで走れる空気圧を確保するには300回以上ポンピングが必要な場合がほとんどです。

zm1rsi4n.jpg
Hybrid Pump(ハイブリッドポンプ) Co2インフレーターとポンプ機能を持つ便利な携帯ポンプ  サイズ:117mm
長さもさることながら、重量63gと軽量のポンプです。サドルバッグに収納したい方におすすめです。(例えば、トピーク エアロウェッジパックMサイズに楽々収納できるサイズです。)
携帯ポンプは超小型を持ち歩く主義の人にも、ボンベだけを持ち歩く人にもどちらにもおすすめできます。

ariq2wlz.jpg
BRAVO PUMP(ブラボーポンプ) 携帯ポンプ 米/仏対応 サイズ:99mm
コンパクトなため両手の中におさまり、安定した状態でポンピング可能。
1回のポンピングで入る空気量は少ないものの、約800回のポンピングで7気圧まで入れることが可能。


このサイズのポンプは軽量で、その気になったらきちんと使えるので、ミニマリストのベテランライダーやロードバイク乗りを中心に根強い人気があります。
ワンデイでのツーリングや普段のトレーニング、他に仲間がいる際はおすすめです。


反面、バルブに直接付けるため、慣れないとバルブを折る可能性があります。
初めての方はきちんと練習してから使用されることをおすすめます。

不安な方は、下記と組み合わせるのも手です。
oeksqbm9.jpg
お助けチューブ 携帯ポンプ用米延長ホース 仏バルブ対応


これを使えば力が入れやすく、バルブが折れるリスクも軽減できます。



2.機能と携帯性のどちらも捨てたくない派(全長240mmまで)

ジャージの背面ポケットやサドルバッグに入れるには少々大きいが、ジャージやモノによっては入らなくもない。
バックパックやフレームに直接固定させても大きさ、重さも気にならないタイプ。
しっかり空気を入れることもできて、程よいサイズでバランスよく使えます。

q6j7fdms.jpg
ZT-514 携帯ポンプ 米/仏対応 最大充填空気圧:160psi サイズ:192mm
基本持ち運びよりもフレームに取り付けすることを想定しています。
CO2ボンベを持たずとも、比較的しっかり空気を入れられて、かつ持ち運びもコンパクトにしたい方におすすめのポンプ。

9xbk25i3.jpg
ZT-724 デュアルFミニポンプ サイズ:130mm
小型のポンプにしては、割と良く空気は充填される印象。
6気圧程度まで手動で入れるのは確かに大変ですが、他の同じような小型ポンプと比べるとまだ楽に充填できる印象です。
携帯性とボンベの両方を必要とする人には使いやすいポンプ。

v4z8kcb6.jpg
Ilma-HPLG ホース式携帯ポンプゲージ付 米/仏式  サイズ:225mm
比較的コンパクトながら、ホースが格納されているため、バルブに負担をかけることなく空気が入れやすいです。
高級感のある外観で、高級ロード バイクにもマッチするでしょう。

3.大きくたって関係ない!安心が一番大事派(全長280mmから)

山の中でも都会でも、携帯ポンプの中では一番楽に、そして早く入れられるのがこのタイプ。
特に下記のような、タイプであれば、地面に直接置いて、フロアポンプとして使えるので空気入れが格段に楽です。
ホース付タイプも多く、バルブを破損させるリスクも少ないです。

また、仲間とのツーリング中にパンクした場合、このタイ プのポンプを持っていると素早く作業が行えるため、皆から重宝されたりします。

持ち運びはともかく、女性や力に自信のない方、一人で出かける方、初めての方に特におすすめです。
1.2の場合だと、どうしても指定空気圧まで入れるのに力を要することが多く、入れられず、少ない空気圧で走らないといけない場合があるからです。
また、とりあえずの1本として買っておけば、自宅にフロアポンプがないケースでもとりあえずは代用も可能です。

xr74qt4e.jpg
可変式フロアミニポンプ[MP-N21AGF2] 空気圧ゲージ付 英/米/仏式バルブ対応 サイズ:約290mm
フロアポンプにも携帯ポンプにもなる、便利で丈夫な金属(アルミ)製のポンプ。
容量優先と圧力優先の切り替えが可能なので、MTBユーザーもロードユーザーもストレスなく使えます。
何よりも、フリップヘッド(米式・仏式反転式) がほんとに快適で、バルブの切り替えが一瞬です。
とりあえず迷ったらコレというポンプ。一般車や、入門向けクロスバイクにも採用されている英式にも対応しています。

gmrl86x4.jpg

ハイプレッシャーマイクロフロアポンプ(ゲージ付) 米/仏式対応 サイズ:334mm
ゴムホース長く、スタンドもついているため、ポンピング時本体が安定していて入れ易い。
グリップもT型で丸みを帯び、滑り止めもついているため握りやすい。気圧計がついている点もGOODです。


f5almg22.jpg
アルミロードポンプスリム 米/仏式対応 最大気圧120PSI  サイズ:280mm
ホースが格納されているため、バルブに負担をかけることなく空気が入れやすいです。
全体がスリムなので、ロードバイクの外観を損なうことなく装着できるでしょう。



 ちなみに、私はロー ドバイクに乗る際もバックパックを背負うことが多く、3の「大きくたって関係ない!安心が一番大事派」です。
学生の頃、コンパクトなタイプをサドルバッグに入れて持ち歩いていましたが、パンクし、いざ修理して空気を充填する際に指定空気圧まで入れることができず、
低空気圧のまましばらく走らなければいけないのがストレスだったこと、日陰もない、真夏の炎天下での作業で死にそうになったということが理由です。
あの時は今以上にスキルもなく、CO2ボンベも持っておらず(というか併用するという頭がなく)、本当の原因は自分の認識の甘さですが、、

ただ、安心を担保しつつ、スリムでなるべく コンパクト、ロードに装着しても違和感ないのが理想です。
先にご紹介した、可変式フロアミニポンプ[MP-N21AGF2] がいいのは確かですが、ロゴのデザインとボディの色が私のロードに合わず・・・
ポンプを車体に取り付けする場合は、機能やサイズ以外のヘンな要素も合わさってきて余計に迷います。


今回はその中、候補となりそうなポンプが仲間入りしたためテストしたいと思います。(一番最後にご紹介したポンプです。)

アルミロードポンプスリム 米/仏式対応 最大気圧120PSI  サイズ:280mm

まず、見た目は黒いカーボンフレームに装着しても違和感ないです。
スタッフ中村方式(勝手に命名)に倣い、「700×23Cのタイヤに100回のポンピングでどの程度まで空気が入るのか」試してみました。
IMG_1328-1.jpg
(※画像はイメージです。実際には700cのタイヤでテストしました。)

結果は100回目で52PSI(およそ3.5気圧強)
IMG_1384.jpg
力があれば120PSI(およそ8気圧強)まで入れられると思いますが、私の場合は200回位のポンピングで6気圧位がいい所でした。
IMG_1386.jpg
地面や壁に押し当ててポンピングしたらもっと入れられそうです。

しっかり空気は入れつつ、スリム化させたい場合は候補になるかと思います。


まとめ

携帯ポンプも様々な種類があり、中にはタイプ別に2-3種類を使いわける人も多くいます。

例えば、週末のロードバイク練習では1のコンパクトなタイプを持ち、普段の通勤やロングライドでは3を持つなどです。

まずは、慣れるためにも、最初は大き目の携帯ポンプを持ち、徐々にコンパクトにしていく方法がおすすめです。

行く場所や乗り方に応じて、自分に合った携帯ポンプをお探しいただけらたら幸いです。



【関連ブログ】
あなたに合うのはどれ?携帯ポンプを比較!

大きさと性能を両立するデュアルミニポンプ

初めての1本にオススメなハイブリッド携帯ポンプ


Text:石飛


コメント


この記事のツイート






ページの先頭へ