バランスバイクってどうやって選んだらいいの? 選び方のコツと注意点 (2017.5.2更新)

テーマ:     

バランスバイクってどうやって選んだらいいの? 選び方のコツと注意点 (2017.5.2更新)

バランスバイクやランニングバイクと聞いて、すぐに何のことかわかる人は少ないかもしれません。

ただ、見たらみなさんピンときますよね?


IMG_7724.jpg

このバイクのことを総称してSTRIDER(ストライダー)と思っている方も多いと思いますが、ストライダーはあくまで商品名で、それらを総称してバランスバイクやトレーニングバイクと呼んでいます。
(ポータブルオーディオプレーヤーを全てウォークマンと呼ぶのと同じですね。)

他にもキックバイク、ランニングバイク、ペダルなし自転車(自転車ではないので、この名称は正確には誤り)と様々な呼ばれ方をしています。
(今回は以降、バランスバイクと記載していきます。)


バランスバイクは数あれど、いったいどうやって選んだらいいのかわからない方は多いと思います。

今回は選び方や比較方法についてできるだけ詳しくお伝えできればと思います。


■そもそもなんでバランスバイクに乗るの?

バランスバイクに乗る理由として、以前であれば、補助輪を卒業したら、いきなり背中を押され、「バランスを取る」+「ペダルを漕ぐ」という2つの子供にとっては高次元な動作を強要されていました。
なので、自転車に乗れるようになるのに転んだりして怪我は当たり前。

私も壁にぶつかりながら(物理的にも)泣きながら練習したのを覚えています。

そもそも、バランスを取るという感覚を知らない子供にとって、この2つの動作を習得するのは至難の業なのです。


バランスバイクに乗る根本的な理由もこれで、まずは自転車に乗るのに一番大事な「バランスを取る」という動作を習得し(しかも遊びながら、いつの間にか)、バランスを取ることができたら、次は「ペダルを漕ぐ」というように、自転車の動作を分解して習得してもらうのです。
早い子だとバランスがとれるようになってから30分程度で自転車も漕いで乗れるようになったりします。



じゃあ、ペダルを外した自転車でもいいのでは?と思う方も多くいると思います。
IMGP3906-1.jpg
現に私も当初そう思い、息子に練習をさせましたが、バランスバイクは車体重量が自転車の約半分ないしは2/3程度の重量しかないため、力の少ない子供でも簡単に取り回せるのです。
何よりも、子供が怖がらずに乗って遊んでくれるのです。

なので、バランスバイクは自転車とは別にもう一台、12型や三輪車の代わりに購入するのもおすすめです。


■どう選んだらいいの?選ぶ基準と注意点

バランスバイクを選ぶ際に多くの方は、そもそも何が違うのかわからなかったりして、近所の子が乗っているから同じのにしたり、売れているからとブランドで選ぶことが多いと思います。
ブランドや売れ筋で決めるのもありですが、目的を持って選ばないと使いにくかったり、兄弟で長く使おうと思ったのに意外と耐久性が低かったりする場合もあります。

使用用途や考え方により、世の中で売れているもの=最適な物とならないことがあります。
おすすめのバランスバイクは人それぞれ。

自転車と違い、公道を走るわけでもなく、基本的に親の目の届く範囲内で乗るものなので、好きなものを買うので問題ないとは思いますが、知っていて選ぶのと、知らずに選ぶのでは意味合いが異なるので、選ぶ上でのポイントをご紹介させていただきます。



選ぶ上で重視したいポイントはズバリ!

1.サドルの最低位置(適応身長)
2.重量
3.ハンドルの固定方法(ヘッドの素材)、可動範囲
4.タイヤの素材
5.ブレーキの有無
6. ホイール種類
7.スタンド有無
8.保証有無



1.サドルの最低位置
バランスバイクに乗る際、地面に足がしっかりつく必要があります。
IMG_7685-1.jpg

製品によりばらつきがあるので、可能な限り試乗するのがいいですが、ない場合は下記を目安にしてください。

2歳児の平均身長は0か月目で約85cmくらいのようです。その場合は30cmくらいのサドル高を基準にお選びください。
(※個人差がございます。)

3歳児では0か月目で約93cm位なので、30cm位からのを購入してしまうと、それだけ乗れる期間が短くなってしまいます。
下の子がいるなどで使う予定があればいいのですが、そうでない場合は、もう少し最低サドル高が高いものをお選びいただいた方が長く乗れます。
(自転車に乗れるようになるための、ごく短期間しか使わないというのであればそもそも問題ありませんが。)

例えば、キッカーアバンスはサドル最低地上高が37cmなので、2歳0か月で乗るには少し大きい可能性がありますが、2歳半、3歳位から乗るのであればそれだけ長く楽しめます。
(※あくまで例です。個人差がございます。)

2.重量
軽ければ軽いほどいいと思いがちですが、軽さが特に必要なのは2歳位の、本当にバランスバイクに慣れてない内から乗る場合です。
逆に、3歳位からと、ある程度大きくなってから乗る場合や、少しハードに乗りたい場合などは重量があった方が安定性や耐久性が増して乗りやすくなる場合もあります。

重量だけにとらわれないことも重要です。

また、耐荷重量(乗車可能重量)についても各社で違いますが、試験方法も各社で違うため、耐荷重量が高ければそれだけ丈夫で高品質にはなりません。そもそも、大人が乗るものではないので、ここはあまり重要視しなくても大丈夫な項目です。


3.ハンドルの固定方法、可動範囲
ハンドルの固定方法にもいくつか種類があり、一般的には下記のようなクランプ方式となっています。
IMG0021.jpg
画像は一例です。

この場合、車体の軽量化は可能ですが、単純にハンドルのパイプを横からクランプするだけなのでガタつきや精度の面では劣ります。
さらに、ベアリング(球)も入っていない場合ハンドルの動きは当然渋くなります。

購入店によっては、「使っていれば渋さはとれます」や「これは設計上の狙いで初期は回りにくいです」と表現されることがあります。確かに使っていれば渋さは(固さ)はとれますが、それはプラスチックが摩耗してハンドルのパイプとヘッドに隙間ができたからになります。
このような部品が使われていた場合、スムーズに動くようになった頃にはハンドルにガタが発生しているケースもあります。

構造一例
IMG0020.jpg
補修部品が出回っていることがほとんどなので、もしそのような症状が出ていたら、購入店にお問い合わせしてみてください。
(※弊社では取扱いはございません。)


逆に、自転車と同じような金属製のベアリングの入ったヘッドパーツを使用しているタイプもあります。
スムーズに動きすぎて「危険」と表現する販売店もありますが、最初からスムーズなハンドル操作に慣れていた方が、自転車への移行もより違和感なく行えるメリットはあります。
耐久性が高く、長くご使用いただくには向いており、ハンドルも多少の上下調整幅があるという特徴があります。
IMG_0293.JPG

デメリットとしては、商品点数が多くなるので重量がかさむのと、車体本体の値段が多少上がる傾向にあります。

これも、どちらが優れているという訳ではなく、使用したい期間や好みによりお選びください。

4.タイヤの素材
タイヤの素材は、ほとんどの場合、大きく分けて2種類です。
樹脂(EVA)タイヤかゴムタイヤです。
タイヤの素材で振動吸収性やグリップ力などの特性が変わります。

【樹脂(EVA)タイヤ】
IMG_0314-1.jpg
多くのバランスバイクに採用されているタイヤ。
軽く、空気が入っていないのでパンクせず一見いいことしかないように見えます。
しかし、どうしてもグリップ力や振動吸収性はゴムタイヤより落ちる傾向があり、特にハードに乗った際などは路面状況により滑りやすくなるので注意が必要です。
またすり減りやすいにも関わらず、タイヤのみの交換ができないので、交換が必要になったら必然的にホイール丸ごとの交換になります。

【ゴムタイヤ】
他の自転車と同じように、中にチューブが入った、空気入りタイヤです。
IMG_0300.JPG
パンクのリスクを考える方もいますが、走る場所が限定されているため、リスクはほぼないと言っていいかもしれません。
その割に、後述するデメリットを差し引いてもメリットが多いため、当店では予算の許す限り推奨しております。

メリットは振動吸収性とグリップ力で、ハードな走行でも滑りにくく、すり減ったら、自転車と同じようにタイヤ交換を行うことが可能です。
兄弟や親せき、一台を長く乗りたい場合はゴムタイヤは必須と言えるでしょう。


5.ホイール種類
ホイールも、現在樹脂タイプとスポークタイプに分けることが可能です。
樹脂タイプは軽量に作れる反面、タイヤ交換が原則できず、ホイール丸ごと交換になるため、兄弟、姉妹、親戚で1台を長く乗りたい場合、ガンガン乗る場合はスポークタイプの、タイヤを交換できるタイプがおすすめです。
IMG_7676.JPG
樹脂タイプは多くの場合、真ん中部分が空洞になっています。お子様が乗られるので問題はありませんが、耐久性はスポークタイプと比べて低くはなります。

スポークタイプは重量的にはかさみますが、低重心化による安定性と、耐久性、精度は圧倒的に高くなる傾向にあります。
IMG_0302.JPG

あくまで弊社のモデルになりますが、ハブにも自転車と同じくベアリングが内蔵されています。
IMG_7671-1.jpg
ベアリング部拡大
IMG_7671-2.jpg

樹脂ホイールにもベアリングが内蔵されていますが、数などが異なります。
小さなことですが、この違いが耐久性などにも影響してきます。
IMG_7672-1.jpg
ベアリング部拡大
IMG_7672-2.jpg
グリスが封入されていないことも。

6.ブレーキの有無
バランスバイクは公道を走らず、速度もそこまで出ず、足で十分止まれるため、ブレーキは必須装備ではありません。

ただ、ブレーキが付いていれば、自転車に乗る前に「ブレーキ操作」を覚えることができるので、より自転車への移行はスムーズになります。
ブレーキ付きを購入される場合は、きちんとレバーの開きを調整でき、お子様の力でも十分にかけられることは最低限ご確認ください。(中にはレバーが重く、お子様の力ではほとんど効かないようなものもあります。)
IMG_0280.JPG

また、ブレーキ付なのに樹脂タイヤであった場合、グリップ力が少ないため、ブレーキをかけた瞬間に後輪が滑ったりすることもあります。

画像は後ろブレーキ付で樹脂タイヤを採用したモデル。
2日間使用しただけでここまでタイヤが削れてしまっています。

画像はあくまで一例です。乗る路面の状況やお子様の乗り方で異なります。
また、この状態でもう使えないという訳ではなく、タイヤの減りがゴムタイヤと比較して早いということの参考画像です。
IMG_0950-1.jpg
新品時
IMG_1297.JPG
後ブレーキ付きで樹脂タイヤの場合は短期間のご使用とお考えください。


7.スタンド有無
バランスバイクのスタンドは、車体に装着させるものと、固定し引っ掛けるタイプの2通りに分けることが可能です。
IMG0023.jpg
自転車と同じスタンド。

IMG_0273.jpg
固定タイプのスタンド

自転車と同じサイドスタンド式は駐輪時も楽な反面、使用中にスタンドより後ろに足がいき、引っ掛けてズボンが破れたり、ひっかけて怪我してしまうリスクもあります。
(弊社のバランスバイクは、そういった観点から、サイドスタンドは取付ができないようになっております。)

どちらも絶対に必要というものではありませんので、必要に応じてお求めください。


8.保証有無
壊れる可能性が低く、保証を使うケースは自転車以上に少ないと思いますが、ついていることにこしたことはありません。
ただ注意点として、一般的にタイヤやチューブなどの消耗品は通常保証の対象になりません。保証を受けられる対象としては、通常使用においてのフレーム曲りなどがほとんどです。
「保証」付であることは大事ですが、購入前に内容を確認することも重要です。

最後に、バランスバイクで練習する際は必ずヘルメット、プロテクターをご用意いただき、怪我で乗るのが嫌にならないように保護者の方が見守ってあげてください。
ヘルメット
プロテクター

1-8をご確認いただき、お子様にとって最適なバランスバイクをお選びいただけたら幸いです。
そして、これから始まる素敵な自転車ライフの一助になりますように!


■最後に私の場合
バランスバイクを使わずに、いきなり自転車を購入。両足つく頃になったので、補助輪、ペダルを取って、バランスバイクと同じ感覚で練習させましたが、車体が重いのか、バランスを崩して軽く転倒・・・。

それ以来補助輪を取り外しての練習はしてくれなくなってしまいました。


そこでバランスバイクを追加投資しました。
バランスバイクに、ギアやチェーン、ペダルなどを追加で取り付けして、自転車のように走行できるタイプもありましたが、厳密には自転車ではなく乗用玩具となるため、公道での使用ができず選びませんでした。

4歳と大きいため、サドルはちょっと高くなるものをチョイス。そしてさらに下の息子も、近所の子供たちも今後乗ることを考慮して、「長く乗れるもの」という観点でキッカーアバンスを選びました。

そのままでもよかったのですが、ワイヤーのアウターをカラータイプに、インナーワイヤーをより効きやすいように変更しました。
レッド×ブラックのプチカスタムです。
彼はパトロールカー(パトカー)のつもりで乗っているようです。


IMG_7691-1.jpg
これから毎週バランスを取る練習をしていきます!いつになったら乗れるようになるのかなー。


 他のお子様と比べて、あっちの子は2歳で自転車に乗れてる!うちの子は5歳でも乗れていない・・・遅いんじゃないか?もっと練習させた方がいいのか?
など、時々聞かれる時があります。

お子様にはそれぞれ適正というか、ペースがありますので、褒めて褒めてやる気を出して、保護者の方が焦らないことが重要かと思います。
楽しく、お子様を信じて見守ってあげましょう。
ある日突然乗れる日が来るはずです。早く乗れた時よりも感動はひとしおのはず!?

Text:石飛


コメント


この記事のツイート




ページの先頭へ