DAHONで淡路島ポタリング

テーマ:     

先週末は、取引先からお借りしたDAHONを持って、淡路島半周(約60km)ポタリングに行ってきまた。
今回は、お借りした自転車に私は乗らず、代わりに今までママチャリしか乗ったことのない女の子に乗ってもらいました。


もちろん自転車で60kmなんていうのも初体験。

 

さてさて、無事完走できるのでしょうか??
 


 

 

今回お借りした自転車は

 

R0015950-1.jpg09bike Bord-Walk-D7

あさひネットワーキング店でのご注文はこちら

あさひヤフーストアでのご注文はこちら

あさひ楽天ストアでのご注文はこちら(終了)

 

淡路島はアクセスがいい割に、車の数も少なく、自転車で走るには本当に気持ちのいい所です。

他の所に比べれば60kmも比較的楽に走れます。

しかし初めての人にとっては自転車で60kmなんて・・・という所のようで、とても不安そうな顔。

 

そこは淡路産牛肉とたまねぎをたっぷり使った「淡路牛丼」を目的にがんばってもらいました。

 

  

この日はゆっくりめの10時30分頃にタコフェリーで岩屋港に到着!

天気予報では15時頃から雨で、一日曇りと言われていましたが、「あれ?」全然そんな気配がありません。

むしろ晴れ間が覗いていて、雨が降る気配すらありません!絶好の自転車日和!

 

R0015967-1.jpg
 

 

R0015978-1.jpg

 

私の04年SPEED P8と比べてみると、同じ4130 Chromolyという材質のスチールフレームですが、形状が異なります。

ロゴも変わり、丸くなっていてとてもかわいらしい感じです。

乗り味はクロモリのしなやかさと、20×1.5のエアボリューム、ふかふかサドルが相まって、まるでサスペンション付きの自転車に乗っているよう。初めてでもお尻がいたくなりにくい!

 

色は豊富な7色のバリエーション(写真のはクラウドホワイト)。

同じホワイトでも、私のはパール系ホワイト。こちらはパステル系ホワイト。牛乳の白みたいに深みがあります。

 

淡路島は、車の通りも少なくて、路面の状態も良くて走りやすい!

R0016037-1.jpg

すぐ横にはきれいな海が広がります。

R0016038-1.jpg

 

折り返し地点の「津名」まではおよそ25km。

ロードバイクなら1時間程度ですが、今回は写真を撮ったり、頻繁に休憩したりで、2時間30分位かかりました・・・。(ジョギングペース!?)

 

津名で念願の淡路牛丼を食べ、続いてジェラート、コーヒー・・・。

 

気付いたら2時間位休憩していたようで、出発は15時。。

 

復路は同じコースを通らずに、ここから島の真中を突っ切って「郡家」方面に行きます。

この道は山の谷間を通っているので、気になるアップダウンはほとんどありません。初心者にはおすすめのルート。

 

復路のモチベーションとして、今度は「明石焼き(玉子焼き)」を目標にがんばってもらいました。

R0016056-1.jpg 

 

西側は、晴れていればサンセットがとてもきれいに見えます。

しかし地形上、午前に走った東側よりも風がほとんど遮られずに吹いてくるため、向かい風の時はつらい道です。

この日も弱いながらも向かい風でした。

 

 

午前とは打って変わってひたすら無言でこぐ・・・。

 

 

 

 

海岸発見!

行かない訳にはいきません。 

 

休憩も兼ねて、ちょっと早い足だけ海水浴。

 

 

R0016094-1.jpg海岸でまたしてもゆっくりし過ぎてしまったので、この後は道の駅「あわじ」までほぼノンストップ。

 

・・・岩屋港に戻ってきたのは19時。

出港したら周りはすでに暗くなっていました!

R0016209-1.jpg

 

時間はすごくかかりましたが、無事に自走で戻ってくることができました。

 

初60km、この自転車はどうだったのでしょうか?感想を聞いてみました。

 

◆普段はビアンキのクロスバイクPassoに乗るNさん・・・(スポーツ自転車歴は1年程)

DAHON Boadwolk D7 は簡単に折り畳めて、何よりほんとにコンパクト!!!になります。
私は普段から何でもカタチから入るので、かなりデザイン重視なのですが、この「Boadwolk D7」は、シンプルで、ナチュラルで可愛いカラーリングが何色もあってとても女性向きで良いと思いました♪
実際に乗ってみた感想としては、いつもクロスバイクに乗っているので、ハンドルが軽くて多少不安定なのが気になりました。
また、折り畳み自転車なので、ロングライドにはきっと限界があるでしょうね?
 

でも、変速機もあるし、ほんと十分に走ってくれます☆

私は、サブ自転車に欲しくなりました!!

 

◆淡路島、初60km完走のKさん・・・(普段はママチャリ)

ダホンちゃんの感想です☆まず、見た目がめっちゃかわいぃ!
コンパクトなのに軽くこぐだけでスィスィ走れたので、これだったら街乗りから今回の島を皆でゆったりサイクリングする分には十分やなぁって思った!
スピードもこなぃだぐらぃだったら普通に皆についていけるし、初心者や折畳みを検討している人にいいかも!!
なんしか見た目のかわぃさと、軽く走れるダホンちゃんに‥愛着わきました!!

 

ということです。皆様お疲れ様でした!

 


R0016009-1.jpg 

~折りたたみ自転車の選び方について~

折りたたみ自転車には、ピンからキリまであり、安いものなら1万円以下、高いものだと100万位の芸術的に美しいものまであります。


芸術性、ファッショナブルな点以外にも、高い折りたたみ自転車は軽く、スピードも出せて、壊れにくく、折りたたみ精度も良くなっていく傾向があります。

ですので、自分が使う用途というのを明確にして選ばれることをおすすめします。

どんな風に使いたいのか?

・走ること以外にも大きなメインがあるのか?(ゆっくり観光ポタリングをしたいのか?)

・走ることをメインしたいのか?


また走りをメインにするにしても、車でいつも持ち運ぶのか?電車になるのか?旅行先でどのくらいの距離を乗るのか?

によっても選ぶ折りたたみ自転車は変わってくると思います。


この辺りは一概には言えない部分なので、ちょっと難しい、、

 

長距離(50-100km)を頻繁に、電車で運ぶ方は10万円以上のモデルがおすすめ。

09bike Mu-SL

09bike Hammer-Head8.0(終了)

 など。

 

長距離を頻繁に、車で運べるなら、折りたたみ自転車を買う必要性はあまりないかもしれませんが下記のようなモデルがおすすめ。

09bike Cadenza8 前後ディスクブレーキ(終了)

09bike Espresso

など。

欠点は車輪が大きいので、そこまで小さくならないこと。

電車に乗せるときは若干難儀します。

 

短距離(10-50km)を観光しながら走る方は下記のようなモデルがおすすめ。

09bike Bord-Walk-D7(終了)

09bike Curve-D3 

など。

コンパクトにできて、ゆっくり快適に走れます。

最後に、どうするかわからないという方には万能モデル。

09bike Mu-P8

09bike Vitesse-P18

 など。

長距離も割といけるし、乗り心地も、スピードも出せるモデル。

または自転車を改造して、目的の使い方に合わせることができる基盤を持っている自転車です。


今回乗った09bike Bord-Walk-D7は、とても快適な自転車でしたが、これから改造していく可能性のある人、前提の人は、これ以上の上位モデル、スピードやMu以上を買われる事をおすすめします。

 

 

ではなぜBordWalkを改造していくのが難しいのかと言うと・・・

 

R0016117-1.jpg

 

 

R0016114-1.jpg変速機は7段変速サムシフターで普段使いには全然問題ありません。しかし、これを8,9速とグレードアップしようと思うと、 ホイールごと交換する必要があります。

 

R0016119-1.jpg

BB(ボトムブラケット)はカップアンドコーンタイプで、上位機種と互換性がありません。

仮にフロントチェーンホイールを大きくしよう!(歯数を増やす)と思っても、クランクごと交換をする必要があります。

SPEED、Muはクランクそのままでギヤだけの交換が可能。

 


同じような仕様にしようと思うと、上位機種との差額以上にお金がかかってしまうのです。
 

 

もちろんそのまま乗るのであれば、十分に完成度は高いのでいい相棒になってくれると思います!

自分はいじるのが好きか?どんな風に乗っていきたいかを考えて一台を選んでください。
 


女性の方は値段も大事ですが、小さく簡単に折りたためて、持ち運びがし易いことに重点を置いた方がいいかと思います。持ち運びが大変だと、それだけで折りたたんでどこかに出かけよう、という気になりませんからね。

 

R0016080.jpg

 

スタッフ石飛

 

走行も、20km前後とスローペース。休憩も頻繁にとります。

 


コメント


この記事のツイート




ページの先頭へ