美しく剛く速く - ビアンキ「IMPLUSO 2014」

テーマ:     

美しく剛く速く - ビアンキ「IMPLUSO 2014」

各メーカー2014モデルがほぼ出そろい、さらに冬のボーナスを間近に控えた11月下旬。

新しい自転車の購入を検討されている方も多いかと思います。

そこで、今回はビアンキの人気モデル「IMPLUSO」のご紹介です!


20131118_01.jpg

サドル・バーテープからフレームまでビアンキカラーのチェレステに染められた一台。

機能面から見た目の美しさまで、素晴らしい設計です☆

20万円台のクラスになると、多くのロードはカーボン素材をフレームに使用していますが、このバイクは敢えてアルミ。

カーボンにはない、アルミの強みを生かしたデザインになっているのです。

それが感じられるのがこちらの画像箇所↓

20131118_02.jpgアルミ素材でありながら、溶接痕が分からない滑らかな表面。

これは、ハイドロフォーミング(液圧成型)法で成型してあるため。
トップチューブとヘッドチューブを溶接した後、モノコック構造の型枠に入れて再度一体成型仕上げ作業を行うことで、より美しい仕上がりになるのです。

さらに、この製法により軽量性を保ちつつ、剛性が強化されます。

この剛性の高さは、石畳が多く、フレームへの負荷が大きい「パリ ルーベ」のレースで、プロチームが「IMPLUSO(フレーム)」を採用していることからも証明済みといえます。

次に、フレーム以外の部分を見ていきましょー!

振 動吸収性が求められるフロントフォークには、部分的に、弾性力が高く・引張強度が強いカーボンケブラーを採用。そしてホイールには、前後で6万円近くする マビックの軽量ホイール「KSYRIUM EQUIPE S」を装備しています。振動をダイレクトに人に伝えてしまうアルミのデメリットをカバーしつつ、丈夫なつくりとなっています☆

20131118_03.jpg

20131118_08.jpg20131118_04.jpg

自転車のグレードを示すといっても過言ではないコンポーネントは、2013年さらなる進化を遂げたシマノアルテグラ6800系

素早く、正確な変速性能は、過酷な状況下でのわずかなタイムロスを防いでくれます。

20131118_05.jpg

オプションパーツで、ボトルとボトルケージ付き。

20131118_06.jpg

今年1年頑張った自分のご褒美に、是非ご検討されてみてはいかがでしょうか♪

20131118_07.jpg

2014 IMPLUSO(インプルーソ) Ultegra アルミフレーム ロードレーサー アルテグラ2x11s


コメント


この記事のツイート






ページの先頭へ