「そばにある」って、凄まじい安心感です。

テーマ:     

「そばにある」って、凄まじい安心感です。

なかなかブログ更新スピードが上がりませんが、着実に「あまり好きじゃなかった(向かい風などでモチベーションが下がる)河川敷サイクリングが、DHバー/エアロバーによって楽しくなっている」のが明らかに分かります。

また、スイムの練習をさせていただく承認(家内)が下り、徐々にではありますが、トライアスロンへの準備が進んでおります。(イベント参加は未承認・・・そういえば4/15にも宮古島で大きなアイアンマンイベントが。。。)

。。。急がば回れ(?)です。

本題に戻します。


TT化した(シクロ)クロスバイクは本当に調子がよく、川を泳ぐ魚のような感じ
向かい風、かかって来い。という気持ちでしょうか。

しかしながら、エアロポジションをしていると、サドルのノーズが股下に刺さるんです
痛いんですでもエアロポジションが楽しいのです

このままでいけば、楽しく「何か」を失ってしまいそうでしたので、ついに手を出してしまいました。

それが、コチラのシートポスト。

プロファイルデザイン ファストフォワード シートポスト

20120416hep05.jpg

セットバック?いえ、セットフロントです。

要は、オフセットが前に曲がっており、必然的にサドルが前に取付可能な状態になっています。

これによりエアロポジションを取った時でも、背中のアーチをキープしながら、最適な(股下を労わる)サドル位置を導き出せるのです。20120416hep00.jpg

TT/トライアスロン専用バイクでは、シート角度・シートポストやぐらの前後移動可能な点は、すでにほぼデフォルトの仕様。

こちらのシートポストは、TT/トライアスロン専用バイク以外のバイクに焦点を当てた画期的商品と言えます。
(感想を述べる前から「画期的」とべた褒めですが。)

では早速、取り付けてみます。

20120416hep04.jpg

うぉ、ボコッと前に出てる。←そらそうです。
(セットバック25mmからセットフロント38mmで63mmの差ですが、変更前はサドルをギリギリまで前に出し、変更後は真ん中ぐらいに付けています。)

ロケーション/サドルは変わっていますが、実走イメージは。。。

さ、サドルが近い。20120416hep03.jpg

左の画像は、完全にサドルノーズが股下に刺さっています。

最初は違和感がありますが、エアロポジションを取ってみると、「いつものサドルポジションやー!」超感激。股下が痛くない。

これなら、ロングライド感覚でエアロポジションを楽しめます。

私のように、どうしても股下が痛く、オフセット0mmのサドルでも、乗車時の背中のアーチに無理がありそうな場合には、ぜひご検討いただきたい、まさに逸品です

次はサドルの比較検討です。
少しでも皆様の参考になるレポートができれば。。と切に願います。

ちょっとずつ更新中。トライアスロンのページはコチラ

20110217hep02.jpgtext:スタッフ森山
 


コメント


この記事のツイート




ページの先頭へ