何を入れます?ツーリングに便利なハンドルバーバッグ

テーマ:     

何を入れます?ツーリングに便利なハンドルバーバッグ

先日リリースされた、保冷・保温効果のあるハンドルバーバッグ。

行楽地に行く際にはビールやジュースを保冷剤と一緒に入れて持ち歩きますが、実際にこちらの使い勝手はどうなのか?

グランジ ドラム型ハンドルバーバッグ 保冷機能付き

を、自転車に取り付けてみました。


 20110923hep01.jpg実験日はまだまだ暑さの残る夏の日。

私の日常生活で定番化されつつあるノンアルコールビール(常温:500ml)と、家にあった保冷剤大(20x15cm)と保冷剤小(5x5cm)をそれぞれ一つずつ入れて、ロードツーリングに出かけます。

コレでぬるーいノンアルコールビールが、どこまで冷えるのか?20110923hep03.jpg

ヘタをすれば、のどごしもイマイチな状態で、イヤイヤ飲まなければなりません。

炎天下をヒーヒー言いながら走りますが、思った以上にハンドルは安定しています20110923hep02.jpg

4時間後・・・。

おぉ。ひんやり。飲んでもプハーッとおいしい。
と、保冷効果もバッチリ

と、一見夏向けに感じそうですが、これからの季節でも、

例えば
「ツーリング先のおいしいスイーツやナマモノを、お土産に買って帰りたい。」

とか、

「真冬の補給食を、できる限り温かい状態で食べたい。」

とか、ロングライドでも役に立ちそう。

取り付けも簡単なので、持っていたら使いどころ満載な便利バッグです。

text:スタッフ森山


コメント


この記事のツイート




ページの先頭へ