輪行する時、どこに置く?

テーマ:     

  輪行する時どこに置こうか? 電車に自転車を乗せる。

輪行という独特な方法で、行動範囲を広げ、スマートに旅の行程を作る事ができます。

 

大きいので、網棚に載せるわけにもいきません。

ではどこに置けばいいのか?

おすすめの置き場所をご紹介します。

 

まず、駅で。


 

自動改札も十分通れます

自動改札を通過できるの?

長い荷物になる輪行バッグ、通過中にバタンっと閉まってしまいそう。 という心配も出てきますね。

でも、大丈夫。

輪行バッグと一緒に通れば、閉まることはありません。

幅も余裕がありますから、輪行バッグと身体を重ねて、焦らずに通っていきましょう。

 

ホームでの置き方

ホームでは端っこによせて置きます。

 

柱などに立てかける時は目を離さない がポイント

柱などに立てかける際は、袋の端が通行の方にひっかかってしまう事もあります。

 

例えば、こんな感じで置いたり

 

通路には、はみ出ない様に置くのがポイントです。

 

縦置きの方が邪魔になりません

車内では、ドア付近を主に利用します。

縦置きにするのが場所をとらないポイント。

縦置きにすると、リヤメカが下に来ますので、エンド金具を利用したりするのがおすすめ。

 

リヤメカ付近がドアにかかるので注意してください

リヤメカがドア付近に来るので、戸袋からなるべくはみ出ないようにして置きます。

手すりにストラップをかけておき、倒れないようにするのも手です。

 

横置きにすると、結構はみ出ます。

横置きにすると、通路半分まで出てしまいます。車両の端、運転席付近や、連結付近で

広めな空間がとられている車両ならば、横置きできますが、

ドア付近では縦置きがベストです。

 

 

 

ベルトを持ったり

ストラップを持ったり、腕に通しておきます。

縦置きの方が邪魔になりません

 

車内では、こんな感じに置きます。

ドア付近、椅子の端をおすすめします。

 

単なる荷物でなく、お気に入りのバッグに見立てて
スマートに置く、輪行

 

あさひ輪行バッグ タイプVI

 

(スタッフ:樋口)


コメント


この記事のツイート




ページの先頭へ