MUUR ZERO「2014 ST-1」【大阪府:たけたけ】

テーマ:     

MUUR ZERO「2014 ST-1」【大阪府:たけたけ】
  • 大阪府にお住まいの37歳男性、商品供給セクション 武田 正樹のモニター隊員レポートです。
  • 使用目的:通勤、週末サイクリング、年何回かのサイクリングイベント参加
  • 使用頻度:ほぼ毎日 往復25km  週末 50km程度
  • 自転車歴:ロードレーサーは、ほぼ初めて
  • 使用する自転車:2014 MUUR ZERO ST-1カーボン

ひょんなことで、お誘いもありしまなみサイクリングに参加し、自転車の魅力と可能性に魅了され自身もその一環を担いたいとの思いで一念発起!
短期感ではありますが、私のようなエントリーユーザーのはまり方の推移と経緯をあさひのカーボンロードバイク MUUR ZERO ST-1 と共にレポートします。

■サイクリング、ロードバイクが今、きてる!
若かりし頃は、ほどほどに乗っていたのですが本社勤務になり健康の為に休みの日は、サイクリングくらいを趣味にできたらいいなぁ?と思っていたのですがなかなか行動に移せず、たまたまお声が掛かかり初めての参加だったしまなみサイクリング。

妻の若かりし頃のロードバイクを借り、参加しました。
驚いたのは人、人、人、そして自転車だらけ。日本中の自転車が集まったのでは?と思うほど人と自転車でスタート地点は埋め尽くされています。
20150428-1.jpg今までニッチとされていた(勝手に思っていた?)スポーツバイクのカテゴリーの盛り上がりにまずびっくり。気合の入ったマニアックな感じの方も多く見受けられましたが比較的アットホームな感じにすぐに入り込むことが出来ました。
20150428-2.jpg普段走る事の出来ない、しまなみ海道を約60キロ 自分達のそれぞれのペースでサイクリング。それだけでも満足なのですがやはり走り終えて頂ける完走証は達成感をより高め、満足度は最高潮です。


20150428-3.jpg■ MY SELF

しまなみを走って思ったこと。。。。。
1. 自分の自慢の自転車で走りたい。
2. ちゃんとしたカッコで走りたい。
3. もっとたくさん色々なイベントに参加してみたい。

前述のとおり、押しかけた人々の大半は、自身のバイクをアレンジ、カスタマイズしオリジナリティあふれるウェアを着てかなりかっこよかったです。
カラフルなバイク、最新鋭の装備が登載されたバイク、チーム名がプリントされたジャージ。 マシンからファッションまでやってみたいことだらけ。
全部達成して、全国各地色々走ってみたいと野望が頂点に達しました。

■ MUUR ZERO ST-1との出会い
20150428-4.jpgしまなみの熱が冷めやらぬうちに、テンションそのままで雑誌等を読みふけりロードバイクを物色しました。
とはいえ自身の予算もあるので購入できる範囲もあります。

1. できるだけリーズナブルで。
2. コンポは、できるだけ信頼のあるものを。。
3. あんまり他の人とかぶらずに。。
4. できたらカーボンフレームで。。

MUUR ZEROは、全てを満たしてくれました。
予算内にもしっかり収まり、ついに初のカーボンロードGET!嬉しくて、チャチャッと整備して、そのまま河川敷に走りに行きました。

■ ファーストインプレッション

20150428-5.jpg初めの1か月は、ロングライドを中心にポジション出しを目的に走りまくりました。年末にGPSアプリで開催された、チャレンジエントリー。 寒さに負けず7日間で500km走破を達成しました。
20150428-6.jpg
■ 所有感
流線型のカーボンモノコックが非常にきれいであり流行り廃りのない、落ち着いた艶消しブラックが、ユーザーやシーンを選ばず、すぐに自分に溶け込んできます。また同色で施されたメインデカールデザインと各所に程よく散りばめられたレッドのデカールがカッコいいです。自身初のカーボンフレーム。 末永く愛車にしたいと思います。

■ 重量感
メーカー発表:8.6kg(ペダルなし)だけあって、軽量感はやはりあります。アッパーグレードのレーシングバイク程の驚きはありませんがホイールや各種パーツがエントリーグレードが多い為、以降の軽量化への期待も大きいです。

■ 走行感
直進走行性とコーナリングの安定感は、すごくいいと感じました。
低速、高速共にスムーズに反応を見せ思い通りのコントロールが可能です。

■ 乗り心地
驚くべきは、振動の吸収性とクイックな反応を二つとも良く持ち合わせている事でした。
ロングライド中心の間はあらゆる道を走りましたが、とにかく気持ちよく地面にも体にもフィットしてくる感とパーンと弾けるように軽快に地面を蹴ってくれる感じが、非常に気持ち良いです。登りも単なる柔らかさだけではないので、非常に良く登り満足度はすごく高く感じました。

■ その他お気に入りポイント
20150428-7.jpg
ボトムブラケットがBB30の機構です。(2015年モデルはPF30)
高剛性でダイレクトなフィーリングがとってもお気に入りです。
また専用工具やグリスアップが必要などメンテナンスやメカニック心もくすぐります。

■ ステップアップ
20150428-8.jpg
ロングライドやアプリを通じて、少しずつ仲間が出来てきて、自身のモチベーションも上がってきます。

20150428-9.jpg週末には当たり前のように走りに行くようになるのですが、「距離」から「強度」へ求める物が変わってきます。 という事で登りをメインにトレーニングを展開します。
伴い、自転車も色々触りたくなりこだわりや専用ウエア等の導入により更なる快適性を求めてゆきます。
20150428-10.jpg1 ポジションチェンジ

20150428-11.jpg購入当初は比較的コンフォートなポジションですのでスペーサー位置を変更してばっちり前傾のレーシング使用に変更!


2 バーテープ交換
20150428-12.jpg
カラーを取り入れてみたくなり、チョイスしたのはブラックに相性の良いイエローを導入。
これだけでも気分が明るくなり、モチベーションも上がりますね。

3 装備品の追加
20150428-13.jpgツールボックスやボトルを装備。パンクツールや水分補給用のボトルで更にモチベーションアップ!どんどん出かけたくなります。


4 ウエアの追加

20150428-14.jpg補修用のチューブに加え、グローブインナーパンツも新調しました。リーズナブルで使い心地良く更に快適走行を実現します。

■ サイクリングの一例

島根県 松江市 宍道湖をサイクリング

20150428-15.jpg1週 約50km 広大な湖を眺めながら約2時間程度で走行可能です。朝方は、車の走行も少なく併設されるサイクリングロードあります。

愛媛県 四国中央市 金砂湖 花街道付近


20150428-16.jpg四国中央市街地から山へ向かって、クライム!
登り切ったそこには幻想的なエメラルドグリーンの湖があります。傾斜も程よく、三島へ下る最後の坂道は爽快です。

香川県 うどんツアー
20150428-17.jpg20150428-18.jpg20150428-19.jpg

有名店を回り、ぐるっと100km。ロングライドで減ったお腹に美味しいおうどん。最高ですね。
意外とレンタサイクル含め、自転車ツアーの方が沢山来店されています。

上記で説明した通り、レーシングにこだわらず、万能バイクであると感じています。自分自身のフィールドで、思う存分楽しんでください。

■ その後

比較的満足度が高い為、ノーマルベースから上記2点を変更しました。

1 ブレーキキャリパーをシマノ アルテグラ 6800 へ変更
通勤に使用する為、雨天でも容赦なく乗車するのと、最近は登りにはまっていますので雨天時と下りのストッピング力を更に向上させる為、グレードアップを決意しました。
キャリパーだけですので、比較的予算的にも購入しやすいですね。
引きの軽さが大幅に改善され、制動力も大きく改善されストレスが減りました。更にアグレッシブなライドが楽しめそうです。
20150428-20.jpg

2 23C→25C タイヤへ変更
弾力性があり、少し太めのタイヤをセットしてみました。通勤使用とロングライド時の安定感と安心感が大きく増しました。
またクッション性は更に上がり、乗り心地が更にふわふわに。カリカリのレーシングチューンとは真逆ですが、お気に入りのセッティングです。
20150428-21.jpg

■ まとめ


20150428-22.jpg

ロード乗る前 ままちゃり時代

20150428-23.jpgロードバイクな現在

ちょっとしたきっかけから、自身の生活も大幅に変更しました。
昨年12月に購入してから、はまりすぎ現在約2500キロほど走行しましたが、依然満足度は高くモチベーションも維持しています。
仕事内容が変わり、比較的出張も多く、不規則な生活をしておりましたがMUURZERO&サイクリングにより、身体面も体重は約5kg程落ち、体調もよく健康にも非常に好結果を生んでいます。

最近は、全国各地で様々なサイクリング大会も開催されており、この自慢の愛車 MUUR ZERO ST-1で積極的に参加できればと思っています。

また余談ですが、子育て世代でありますが2歳と4歳の息子も妻もこのカッコいい自転車と健康的なライフに喜んでくれています。

皆様のバイク選びに是非ご一読頂き、ご参考頂ければ幸いです。
MUUR ZERO ST-1 是非オススメです!

更に精進してまいりますので、また何かありましたら都度レポートして参ります!

商品供給セクション 武田


コメント


この記事のツイート




ページの先頭へ