オージーケーカブト「KG-11Wウインターグローブ」【和歌山県:婆羅門さん】

テーマ:     

オージーケーカブト「KG-11Wウインターグローブ」【和歌山県:婆羅門さん】
  • 和歌山県にお住まいの53歳男性、婆羅門さんモニター隊員レポートです。 
  • 使用目的:通勤、ツーリング、日々のトレーニング
  • 使用頻度:ほぼ毎日
  • 自転車歴:20年
  • 使用する自転車:ピナレロ トレヴィソ、 トレック マドン

 今回のレポートはOGKカブトのKG-11Wウィンターグローブについてです。

驚くほどの進歩を見せるスマホ。サイクルライフにおいても非常に有益なアイテムになってきました。
その多機能の中でもやはり一番は地図機能。地図アプリは数々あれど私のお気に入りは
dribrainのNAVIeliteです。このアプリの利点は地図データがすべてメモリに収録されるので
電波状況の悪い山岳地でも利用できる事と、私の車のカーナビと操作がほとんど同じ点です。
欠点はもともと車用なので推奨ルートが時に自動車専用道路など自転車走行にそぐわない事です。

スマホのタッチパネルを使用できるグローブについては、以前軍手のような薄手の素材の手袋を
使用したことがありますが、これは操作性はともかく、自転車で冬季の使用には全く耐えませんでした。
防寒性能を求めると指先がごつくなって操作性を損なうし、操作性を求めると薄く防寒性能が犠牲になる。
今回はそのバランスがとれた製品と期待していました。

デザインは個人の好みの部分が大きいので詳しいコメントは避けますが、私的には
渋いツートンカラーでロゴが小指の部分にすっきりとまとまっていて好印象を持ちました。
縫製はベトナム製となっていましたが、細かい目で丁寧にされており、私が持っている
他社製品(セイラス、パールイズミ)に比較しても遜色ないと思われました。

20121222_m02s.jpg

グリップ部分には合成皮革(ポリウレタン製?)で十分なグリップ力で感触は良好です。
耐久性については後日報告させて頂きます。

さてスマホの画面の操作性について

20121222_m01s.jpg

使用環境は、iphone4を専用のマウントで固定し、走行中の操作は避け停車時片手で操作してみました。
操作の内容は

(1)地図のスクロール
(2)画面上のボタンのタップ(縮尺の変更や目的地入力のため)

スマホは総じて画面が小さくグローブをはめての操作はかなり苦労するのではと思っていましたが、
センサー部分の反応性はすこぶる良好で、しかも(画像2)のように先端が細くなっているため
先でうまくタッチすることにより画面のスクロール関しては全く問題ありませんでした。

20121222_m03s.jpg

次にマップ画面の操作で縮尺の変更や目的地の入力のためにボタンをタップしなければなりませんが
Navieliteの場合、実際のボタンの大きさは(画像3)縮尺変更ボタンは10X5mm、
電話番号入力のボタンは15X5mm、文字入力ボタンは5X5mmで通常指での入力は問題ありませんが
やはりグローブを装着すると操作性は落ちます。ボタンが反応しなかったり
別のボタンに触れてしまう誤操作の割合に関しては、何人かで試しましたが
通常指の操作では100回について1,2回といったところですが、グローブでは5,6回発生しました。
(個人差があると思います。)

また操作性を確認するためにメールのアプリで100文字程度の文章の入力をしてみました。
(筆者はローマ字入力しかできず人に比べ決して得意なほうではありませんが)
指入力で1分40~50秒かかるところが、グローブ装着での入力では2分10から20秒かかりました。

またGoogleMapなどでは指二本使ったピンチイン、アウトといった地図の拡大縮小ができますがグローブでは両手の人差し指を使う必要があり実用的ではないと感じました。

総括:デザインに優れ、作りもしっかりしている。氷点下のヘビーデューティーには
厳しいが指先の細やかな操作を犠牲にすることなく防寒性との適度なバランスで
作られていると感じました。操作は多少の慣れが必要ですがスマホの小さな画面でもスクロールや
ボタン操作は十分可能。ただしメールなどの長文の入力に関しては
やはり外して指でやったほうがよいでしょう。

次回はグローブとしての耐寒性、耐摩耗性についてしばらく使用したのちにレポートしたいと考えます。

ogk_winterglove.jpg

オージーケーカブト KG-11W ウインターグローブ

============【応募当時の熱い思いはコチラ】=============

愛車にiphoneを搭載し、アプリはNAVIeliteを使用しています。
週末を中心に60Kmから120Km乗ることが多いのですがこのアプリは車用で、純正のナビを作っている
会社の製品で地図データがすべてダウンロード済み(通信費が不要)、抜群の精度と追従性で
非常に快適なサイクリングが可能です。

勿論走行中の操作は危険を伴うので避けたいところですがそれでも地図の縮尺を変更したり
ヘッドアップを変更したり画面にタッチするケースは多々あります。夏場は指先が出ているので良いですが
冬場はやはりいちいちグローブを外すのは面倒です。

以前軍手のような素材のスマホ用の手袋を使ったことがありますがこれは冬場のサイクリストの使用には
全く堪えませんでした。やはりウインターグローブは基本的な防寒、防水機能があって
はじめて製品として成り立つものだと考えています。
この製品は画像を見る限りしっかりとした作りでデザインもよく是非使ってみたいと思いました。

私の地方では冬場ヒルクライムの練習では気温が5度前後になることもあり
この製品期待するところ大であります。
是非よろしくお願いいたします。

編集:スタッフ望月

blog_ent.jpg


コメント


この記事のツイート




ページの先頭へ