春先・冬口に活躍する軽量ウェア

テーマ:     

春先・冬口に活躍する軽量ウェア

2月も終わりに近づき、間もなく3月に入ります。

徐々に暖かくなってきました。

暖かくなるのは非常にうれしいのですが、昼夜で寒暖の差が開くこの時期はウェアに悩むこともしばしば。

出発時は暖かかったのに帰宅時には寒かったり、山の下りで想像以上に冷えてしまったりと、経験あるのではないでしょうか。

今回はそんな方にもお勧めのウェアです。


100000048948-l0[1].jpgジレ サイクリング用ベスト

超薄手の防風ベストです。
身長170cm、体重65kgの私でMサイズがぴったりフィット。厚手の服の上に着るのであればワンサイズ上がお勧めですが、使用想定ではそこまで厚手のウェアの上に着るものではないと思います。

100000048948_01.jpg
薄い長袖に上から羽織るのもいいですし、体幹部の保温・防風としてインナーに着用するのも便利です。実際に私も2月のレース時には、裏起毛長袖インナーの上にこれを着用し、その上からチームジャージ(半袖)を着用しました。薄手なのでインナーとして着用しても、全く問題がありません。
100000048948_02.jpg
両脇の下部分はメッシュになっており蒸れにくく、ここが良く伸びるため、動きやすく自分自身の動作を妨げません。

100000048948_04.jpg背面も首下がメッシュになっており、通気性を確保。

100000048948_05.jpg脇のゴムが少しきついほどに非常にピッチリ締まっているので、袖口はバタつきません。
100000048948_03.jpgバックポケットは、単独で一つ。これがそのまま収納ポケットとなる持ち運ぶのに便利なパッカブル仕様。生地も薄くて軽いので、携帯性は抜群です。
100000048948_06.jpg体温調節の難しい春先・冬口のライドの携帯用として、冬のライドのインナーとして、薄手のジレはお勧めです。

(Text:Yaromai)


コメント


この記事のツイート




ページの先頭へ