冬のウェアは"分厚くしすぎない"ことが大事

テーマ:     

冬のウェアは

今年も年末に近づき、気温も一層冷え込むようになりました。

寒いとなると、ついつい着こんでしまいがちですが、自転車ではそれは間違い。
動きにくくなるだけでなく、熱気や湿気が逃げなくなり、暑すぎたり汗冷えする原因になります。

「できるだけ薄く暖かく」が理想なのですが、これを求めるとウェアのお値段も上がっていき出費が辛い・・・
なんて方にはあさひの新商品のこちらがお勧めです。


100000047283-l0[1].jpg100000047284-l0[1].jpg

ライトソフトシェルジャケット

【サイズ感】
身長170cm、体重65kgの私がベースレイヤー1枚の上に着用する形でMサイズがタイトフィットでちょうどいい感じ。
薄手のジャージやシャツの上に着るくらいまでであればMサイズですが、少し厚めの重ね着をするのであればワンサイズ大きめの選択をお勧めします。
100000047283_01.jpg100000047283_06.jpg

【素材感】
素材としては主要な面はソフトシェル素材のため非常に防風性・防水性も高く、多少の雨であればへっちゃら。
袖裏や横腹、背面の一部はストレッチ素材になっているため、生地全体が突っ張りすぎず着心地がよく、そして適度に通気性が確保されている状況です。
防水性については、ソフトシェル面にコップの水を流しても、吸い込まれることなく見事に弾かれていく状況です。
100000047283_07.jpg100000047283_09.jpg
【使用感】
ファスナーがYKKでない点だけは惜しいですが、ファスナー裏もフラップ付きで風の侵入を抑えます。
4度くらいの気温の中、メリノベースレイヤー+これ1枚で走行しました。
走り初めこそ少し寒さがあるものの、動き出せばしっかり保温し、風もほとんど通さないためかなり暖かい状況で快適でした。
素材としてはそこそこ蒸れる印象があったのですが、適度に設けられたストレッチ素材の部分により湿気が発散され、激しいライドでしたがライド中に汗冷えをすることはほとんどありませんでした。
バックポケットや背面ファスナーの使い勝手は標準的な印象。こちらは特に可もなく不可もなくです。
100000047283_03.jpg100000047283_02.jpg
私がこのウェアで一押しのポイントは、その薄さ・その軽さにあります。通常の冬用のウェアに比べると明らかに持って軽く、触って薄く、それなのに暖かいこの1着。
薄くて軽いと言うことは、重ね着した時に動きにくくなることが少ないと言うこと。薄いと言うことは、更に重ね着の必要がある寒さの時に、容易に対応できると言うこと。
この上にウィンドブレーカー、ウィンドベストなど、更なる重ね着も可能です。


ちなみに、これよりも暖かいジャケットであればこちらがお勧め。


100000047215-l0[1].jpg100000047216-l0[1].jpg

ウインタージャケット

先述のものより少し厚くなりますが、厚さの割に軽く動きやすいジャケット。
スタイルもより乗車姿勢を意識したカットになっており、背面も裾が長めにとってあります。裾が長いので泥はね等にも強い万能ジャケットです。
100000047215-l4.jpg正直この2着が1万円切っているのは驚きの価格です。


グローブのオススメではこちら。


100000047210-l0[1].jpg100000047212-l1[1].jpg

ウインターグローブ


【サイズ感】
手の周りが約20cm、中指先から手首付け根までが約19.5cmの私で、サイズはMサイズでピッタリでした。
パールイズミやあさひの他のグローブ(スムースフィットグローブ等)でもMサイズを使用しています。
100000047210_01.jpg100000047210_04.jpg
【素材感】
裏起毛生地に、指先や手の裏側についてはソフトシェル生地を使用しており軽量ながら防風・防寒性は抜群に良いです。
パッドは厚くも薄くもなく適度な厚み。また手首までしっかりとベルクロで固定できるため冷気の侵入を抑えることができ、ずれることもないため長距離のライドでもOKです。
ソフトシェル素材使用で全体的には伸びにくいものの、要所でストレッチ素材を使用しているため指が突っ張って動きにくい等のことはなく、フィット感は良好。通勤からロングライド、レースまで幅広く使用可能です。
撥水性も抜群。試しにコップの水を流してみましたが染み込むことなくサラッと流れて行きました。
100000047210_06.jpg
【使用感】
手に取った時はこんなに軽くて冬用なんて勤まるの?と思いましたが、実際に使用してみると、3-4度の気温の通勤でも指がかじかむことなく、快適に過ごすことができました。
もちろん薄手の長指グローブ・春秋物のグローブと比べれば分厚いですが、冬用の同じくらいの気温まで想定されたグローブを考えれば、その中では薄手の部類に入るでしょう。
さすがに冬用ではあるので握る指先部分については、新品のせいもあるのか若干硬め。不便を感じるほどではないですが、シビアな操作は得意とは言えないレベルです。
それでもロードの電動変速に関しては操作ミスなどもほぼ発生せず、狙った通りの操作が可能です。
100000047210_03.jpg

冬ウェア、どうしよう・・・なんて悩んでいる方は、是非参考にしてみてください。

(Text.Yaromai)


コメント


この記事のツイート






ページの先頭へ