メッセンジャーバッグにする?バックパックにする?通勤バッグの選択、私の場合

テーマ:     

メッセンジャーバッグにする?バックパックにする?通勤バッグの選択、私の場合

友人などからの質問でメッセンジャーバッグとバックパックはどっちがお勧め?としばしば聞かれます。
インターネットで検索してもよく見られるこの質問。結局どっちがいいのでしょうか?

結論から言えば「場合によるし好みにもよる」と言うありきたりな答えになるのですが、
これまで色々な種類のメッセンジャーバッグやバックパックを試してきました中で、通勤時における私の場合を主観を交えご紹介いたします。

bag0.jpg


まずはメッセンジャーバッグから。

装着しているときのイメージはこんな感じです。
bag1.jpgbag2.jpg

bag3.jpgbag4.jpg

※使用するカバンによってもイメージは異なりますのでご注意ください。

私が感じる最大の利点ですが、サッと荷物を取り出しやすいこと。
荷物を取り出す時は肩ベルトをサッと緩めてカバンを前に持ってくることで、いちいちバッグを下ろさなくても中の荷物取り出すことができます。
またバッグ自体の着脱も容易で、バッグを背負う際もサッと肩から通すだけで背負うことができます。
何度もかばんの中身を取り出す状況ではスピーディで、ストレスが少なく作業することが可能です。

逆に私が感じる不便な点は、背負った際の安定感と疲労感です。
ここはどうしても片方の肩だけで背負うこともあり、一方の肩に負担がかかりどうしても偏って肩がこってしまいます。
また、私は若干なで肩気味と言うこともあり、チェストベルトでの固定である程度何とかなるというものの、どうしても肩ベルトが下がってずれて来ます。
特にギアを重くして強く踏み込んだ際や坂でのダンシングなどの際には不安定になりがちで、肩からずれたバッグを逐一直すのはストレスになっていました。

他にも通勤といえば晴雨問わず行いますが、雨の際に基本的にレインカバーなどが取り付けできない(基本的に用意されていない)点もあります。
このあたりは防水性の高いものを使用するなどでカバーはできますが、バッグの選択肢は狭まってしまいます。

ただ、個人的に見た目はメッセンジャーバッグの方が断然好きです。
主観での勝手なイメージですが、「自転車に乗ってるぜ!」的な雰囲気があり、機能や性能以前にファッション性、見た目の点でも選択される理由はあると思います。



続いてはバックパックです。

装着しているときのイメージはこんな感じです。
bag5.jpgbag8.jpg

bag7.jpgbag6.jpg
私が感じる利点は、メッセンジャーバッグよりも安定感があり、とにかく楽なこと。
チェスとベルトとウエストベルトでホールドすることができるから走行中も左右に揺れる事がなく安定しており、両の肩で支えるのでずり落ちてくることもありません。
当然走行中の揺れやずれがなければ身体への負担も減り、ストレスも減るので楽さという点では間違いなくバックパックでしょう。

例えば150kmライドに出かけるときにどちらを持っていく?と聞かれたらそれは迷わずバックパックを選びます。
それはだって背負っていても楽だもの。

ただ、じゃあ通勤には背負っているのが楽なバックパックが絶対にいいのか。と言われればそうではありません。
例えば、バックパックの場合はこまめに荷物を取り出す時、荷室へのアクセスが面倒です。
がっちり固定されている分一回一回外して肩から下ろして荷物を取り出しまた用が終わったら戻して固定して・・・と手間です。メッセンジャーバッグならサッと身体の前に持ってくればいいのですが。
コンビニで財布を出すときや会社に入るためのセキュリティカードを取り出すときなど、サッと出したいときにももたついてしまいます。
機能面での大きなデメリットはこのくらいですが、非常に大きなポイントです。

なお、荷室や容量についてはいずれも商品それぞれで異なるので、ここでは触れないことにします。

私の個人的な感想で言うと乗車中の利点を取るならバックパック、下りてからの動きやすさやスタイルをとるのであればメッセンジャーバッグと言うイメージでしょうか。
これらの大まかな特徴を踏まえて、私が現在通勤用として選択したのはこちら。

bag9.jpg

ILMIK Laukku-BP22 (ラウック) 容量:22L


選んだ決め手となったのは、やはりバックパックの利点である安定感でした。
見た目や荷室へのアクセスのしやすさなどで悩みましたが、通勤においては自宅と会社の間だけを行き来し基本的に途中で降りて何かすることはないので、走行時の安定性重視のバックパックを選択することにしました。
bag10.jpgbag11.jpg

もともとそこそこ撥水性は高い素材ですが、突然の雨の対応についてもレインカバーが付属することで対応可能。通勤時の突然の雨でもOK

他にもヘルメットホルダー(ネット)が付属しており、拡張性が広かったのもポイントです。

デメリットであった欲しいものを取り出しにくい点については、市販のガジェットポーチを取り付けることで最低限度で対応。

bag12.jpg
ここにスマートフォンや会社に入る際のIDカードは収納し、サッと取り出したい最低限のアイテムについては取り出しやすくしています。

肩ベルトに初めから装備している収納ポケットは、小さいのでスマホはさすがに不可能。この場所は通勤時に使えるとしたら鍵くらいでしょうか。

bag15.jpgbag16.jpg

その他荷室も分かれており書類や書籍、着替え、弁当箱などを分けて収納も可能で便利です。

あとはサイドのボトルポケットや底面の三脚などをとめることができるベルトなど、通勤以外にも中距離サイクリングやトレッキングなどに使える点も一つのポイントですね。

bag13.jpgbag14.jpg

(今回は例としてカレンダーを挟んでいます)

その他の特徴については以前のスタッフTobyブログスポーツ専門ストアブログを見てください。

私の場合は用途と状況からバックパックを選択しました。
皆さんの場合はどうでしょう?参考にしてみてください。


(Text.Yaromai)


コメント


この記事のツイート




ページの先頭へ