ツーリングのサイドバッグはこれがお勧め。

テーマ:     

ツーリングのサイドバッグはこれがお勧め。

こんにちは、岐阜市橋店の中村です。

 

 

先日、店舗で接客をしているときに、大学生のお客様からこんな質問を受けました。


 

 

「ツーリングに行くのに、どんな方法で荷物を運ぶのがいいですか?」

 

 

話を聞くところ大体1週間程度で、

2、3人で旅をするとのことです。

  

状況を聞いて、迷わず僕はこれをお勧めしました。

 

オストリッチ S―7サイドバッグ

左右そろえると1万円を超えてはしまいますが、

 

値段に裏づけされたその性能は十分なものです。

 

 

ちなみにこのサイドバッグ、

僕も大学時代に使用しておりました。

110820-1.jpg 

ちなみに何がお勧めのポイントかと言いますと、

 

まず何よりもキャリアに取り付けたときの安定性が素晴らしいです。

十字にキャリアにかけるベルト、キャリア上部にマジックテープで固定、フックで下部を固定と、

荷物をしっかり入れても跳ねたり落ちたりということがありません。

がっちりとキャリアに固定されるため、安定した走行が可能です。

 

次は絶妙な大きさとポケットです。

大学時代の写真のため、中まで細かく撮った写真がないのが残念ですが、

外の網目のポケットに加え、中に内ポケット、メイン収納袋と、旅で小分けして持って行くときにごちゃごちゃしにくく非常に便利です。

全体の容量は18.5L。

左右で37Lは、一週間前後のツーリングにはちょうどいい大きさです。

110820-2.jpgもちろん安心のリフレクト素材も使用した上で、

しかもレインカバーも付いています。

 

これは後輩の自転車ですが、

後輩も僕がこれを使っていて一度貸したところ、

翌週にはこのS―7を購入していたほどです。

 

そして個人的なところでツーリングにサイドバッグをお勧めする理由の一つですが、

 

キャリアの天板が空いていること

 

です。

これがフリーになることで、更にここに荷物を置くことができます。

 

例えば増えた荷物を荷紐でくくりつけるために空けておくのも良し、

カバンを荷紐にくくりつけるのも良しです。

 

ちなみに僕は北海道を旅した時は、

ここにテントをくくりつけていました。

110820-3.jpgサイドバッグでないとできない荷物の効率ですね。

 

 

一つ注意点は、

キャリアの真上に荷物を載せる場合より、

重心が左右により後輪が少しふらつきやすくなること。

急なハンドル操作には十分にご注意ください。

 

 

 

残り短くはなってきましたがこの夏に旅しようと考えている方、

 

サイドバッグ、是非ともお勧めです。

 

TEXT:岐阜市橋店 中村


コメント


この記事のツイート






ページの先頭へ