持ってて良かったCO2

テーマ:     

持ってて良かったCO2

こんにちは。一宮店の中村です。

 

先日の通勤時のことですが、走行中に突然パンクいたしました。

原因はボルトを踏んづけたことによるもので大きな穴が・・・。


 

時間に余裕を持って出勤しているので遅刻にはならないものの、急いで修理しなければ。

もちろん、通勤中に悠長にパンク修理等は行っていられないので、チューブの交換です。

 

仕事でいつも行っているので、チューブ交換は容易です。

しかしこの先、交換よりも面倒くさいことが待っています。

 

それは、空気の補充

 

 

普段持ち運んでいるのはトピークのロードモーフです。

足で踏み抑えてフロアポンプのように入れられるのでミニポンプの中では断然楽なのですが、

やはりフロアポンプに比べれば何倍もストロークしなければならないのでキツイです。

 

それが通勤時であればなおさら。

 

そんな時に、持っていて助かったのがCO2ボンベ

今までは中々手を出すのが怖くて使っていなかったのですが、もしものためにとお守り代わりに持っていたこれをついに使う時がきたようです。

僕が持っていたのはこちら

TNI ダイアルタイプヘッド ボンベセット

0607-1.jpg

ヘッド部分が小さく、持ち運びもしやすいです。

 

ちなみにCO2ボンベを使うのはこれが本当に初。

練習もしていなかったのでぶっつけ本番でCO2デビューとなりました。

しかしこのボンベ、初めて使う僕でも簡単に扱えました。

 

まずはボンベをヘッドにねじ込みます。

0607-2.jpgそして次にバルブにヘッド部分をねじ込みます。

0607-3.jpg(写真ではボンベは外しております。)

 

そして頭の赤いダイヤルをひねると、

シュッ!!!っと一瞬で空気が入っていきます。

 

ダイヤル式のモデルなので空気を止めるのもダイヤルを回すだけ。

誰でも簡単に扱えます。

 

程よく入ったところで、ボンベを外して、元通りに戻して作業完了。

ここまで5分もかからずに作業が完了しています。

携帯ポンプだとこうは行きません。

 0607-4.jpg

ボンベは使い捨てのためランニングコストはかかってしまいますが、

タイムイズマネー、時間は何にも換えられません。

 

スピーディな修理とすばやい復帰のため、

まだ使ったことのない貴方も導入してみてはいかがですか?

 

 

(ちなみに、CO2ボンベで入れた場合、空気圧は通常よりも早く落ちてしまいます。

あくまでも応急用として考え、フロアポンプのあるところで空気を入れなおすようにしましょう。)
 


コメント


この記事のツイート






ページの先頭へ