新しい通勤車を色々変えてみました!

テーマ:     

nakamura08-title.jpg こんにちは、名古屋みなと店の中村です。
先日ご紹介した新しい通勤車を、いつものように色々と変えてみました。

購入した状態はこちら

 


まず、変えたところで大きなところは、タイヤ・ホイールを一式。

赤色が大好きな僕は今回もまた赤リム赤タイヤで組みます。

しかし今回は前回と違って、赤色でちょうど長さの合うスポークが取り扱いがないため黒色のスポークを使いました。(F側288mmと290mm、R側286mmと288mm・ハブはXTRの965です。)

タイヤは35Cから、マキシス・デトネイターの32Cへ。

nakamura08-01.jpg

もともとツーキニスト35Cが少し太身であるせいもあるのですが、こうやって並べてみると同じ700Cホイールでもボリュームが全然違うことがわかります。

赤色のリムには思いの外黒スポークがしっくりくるのを見て一安心です。

nakamura08-02.jpg
次に変えたのは可変ステムです。

実はというともともと交換するはずだったのですが中古で購入した時点でネジが壊れていたので、角度だけ定めてすぐさま交換しました。

本当は色んなポジション出しの際に使おうと可変ステムは保管したかったのですが…。これは中古で買うリスクの一つでもありますね。

nakamura08-03.jpg

続いてはサドルと、シートポストを交換。

サスペンションシートポストは便利なのですが、あのフワフワした感じが苦手なのと、そこまでしなくてもロードのように手と足とで荷重を分散させているので必要ないなと感じて交換へ。

サドルはCBAオリジナルのワイドマックスを使用。

宣伝か…と思われるかもしれないですが、実はこれは結構好きなんです。

尻が大きい僕にとっては、普段乗りにはこの広さと適度な柔らかさが合っています。

通勤&ツーリングにも使うため、キャリアは装備します。

以前ご紹介したトピークのディスクブレーキ対応キャリアです。


nakamura08-04.jpg
続いて、ペダルとライトですが、見た目のシンプルさを求めていたので、以前使っていたものをそのまま踏襲。
 

ライトはHL-EL010

取り外しして持ち歩いても、スイッチのオンオフがボタン長押しのため誤作動がまずありません。単三電池1本と言うコンパクトさもお気に入りです。

ちなみにパーテープはカラーコーディネートの一つで赤色です。

BBBのレースリボン レッド/カーボンを使用。

ペダルはクランクブラザーズのエッグビーター

シンプルで軽いのが特徴で、泥詰まりが無いと言う点は僕の使い方にはほとんど関係ないのですが、ビンディングをはめやすいと言うのがお気に入りです。

ストップ&ゴーの多い街中でいちいち蹴返しをするのは面倒ですし、このペダルなら普通の片面、両面のペダルよりも圧倒的に楽にはめ込むことが出来るのです。

あとは盗難防止の効果もゼロではないかと。

こんなペダルじゃ普通の靴では乗ろうとは思わないでしょうからね(笑)

そして今回、一番頭を悩ませたのがクランクです。

これは部品交換をしようとしたとかそういうわけではないのですが、変速がうまく合わないのです。

どういう風にあわないかって言うと、フロント(ダブル)がインナーの時、5枚目付近でチェーンリングに擦ってしまうのです。

インナートップだとさすがに擦るのは仕方がないのですが、いくらなんでも5段目は早くないか…。

おそらくチェーンのラインの問題なのでしょうが、さすがにこの組み合わせでは10速にした意味がほとんどありません。

そこで、ちょこっと考えてみたところ、シマノのホローテック2のBBをつける際に、2mm程度のスペーサーがあったのを思い出しました。

nakamura08-05.jpg

早速入れてみると、見てください。こんなに外側に動きます。

これでフロントディレイラーを一番外で調整してみると、おお、7段目までは普通に入る。よしよし。

純正品ではないので不安でしたが、無事成功してよかったです。
(メーカー相違などもあるので100%正しい方法ではありません。予めご了承下さい。)

 

さあ、あれこれ交換して、いよいよ完成!!
nakamura08-06.jpg

 

…何だか以前の自転車と大きく変わっていない気もしますが、これも「自己満足!!」ということで良しとしましょう(笑)

でも、実際に乗ってみるとやっぱり違いがあって楽しいですね。

新しい相棒と共に、これからも色んなことをやっていきたいと思います。
 

text:名古屋みなと店 スタッフ中村 


コメント


この記事のツイート




ページの先頭へ