台北輪行ツーリング! 後編

テーマ:     

台北輪行ツーリング! 後編

こんにちは、サイクルベースあさひ仙台松森店の五十嵐友樹です。

ずいぶん間が空いてしまいましたが、台北(台湾)・Taipei International Cycle Show 2016の続きをUPします・・・!(読者の皆様、遅くなってしまい申し訳ありません。旅の参考にしていただければ幸いです。)

前回記事はこちら


TICS1.jpg


TICS2.jpg

TICS3.jpg

TICS4.jpg

TICS5.jpg

初日は桃園空港を16時に出発し、夕暮れの景勝地淡水で渡し船に乗り、

石門崎を経て金山温泉まで70kmのサイクリングを楽しみました。



TICS6.jpg


2日目は6時過ぎに起床・・・。
アラームをかけずに目覚めたことが不思議だったのですが、ここは台湾。日本と1時間の時差があり、"いつも通り"目が覚めただけでした(笑)

部屋にひかれた温泉に浸かり、ホテルのラウンジでがっつり腹ごしらえ。
台湾茶と定番の朝粥2杯、漬け物と小鉢だけでは足らず、さらにトースト3枚、サラダ、山盛りのフライドポテトをいただき、9時すぎにホテルを出発!

TICS7.jpg

コンビニでは日本でお馴染みの菓子や補給食も手に入ります・・・!

TICS10.jpg

TICS11.jpg

TICS12.jpg

TICS13.jpg

TICS14.jpg

TICS15.jpg

TICS16.jpg

TICS17.jpg

TICS18.jpg

日本統治時代に建てられた旧金山総督温泉に寄ったあと、南に向かって海岸線を走り出しました。
快晴の空、紺碧の海。岬のトンネルを越えた先にある漁村は異国情緒漂う鮮やかな建物ばかり。

国際港・基隆は近代的な建物が並び、大型コンテナトラックが増え、景色が一変。
台北へと向かいます。

TICS19.jpg

午前中に50kmほど走り、TICSの会場・南港展覧館に到着!


TICS20.jpg

右側に見える建物が南港展覧館

TICS21.jpg

事前にWebで手続きを済ませていたので、受付ではパスの受け取りのみ。
展示会場に入るとその規模に圧倒されました・・・。
日本にある国際的な展示場に勝らずとも劣らない広さ。

3人で手分けしておもしろいモノを探すことに!


TICS22.jpg

TICS24.jpg

私が注目したのは台湾にある中小メーカーが集まるエリア。

高い金属加工技術、日本では触れる機会すら無いモノがあるはずです・・・!

驚いたのはD.I.Y.でフレーム製作を楽しむユーザー向け部材の豊富さ。

TICS23.jpg

根強い人気を持つスチールフレームのパイプを繋ぐラグ。

装飾性・応力分散を考慮して様々な形状にカットを入れて使用するものですが、

これほど多くの種類が製造・販売されているとは夢にも思いませんでした。

日本のメーカーが集まるエリアでは老舗の三ヶ島ペダルを発見。

私はシルバンロードを愛用していて、同社製品の信頼性は世界に誇るべきものだと思います...!

TICS25.jpg

今回の目玉は従来比50%の力で解除できるビンディングペダル。

特許出願中とのこと、発売が楽しみです...!



会場中心部にはSHIMANOのブースがあり、今春発売されたMETREA(メトレア)を一足早く見ることができました。
TICS27.jpg
街乗りの自転車に適した性能と、上位グレードのコンポーネントに引けを取らない美しさ。

TICS28.jpg

ぜひ使ってみたいですし、機会があればお客様にもご提案したいアイテムです!

友人 I さんに続き、厚木店のスタッフ岩崎もMTBコンポーネントの最高峰・新型XTR-Di2に試乗!

TICS29.jpg


MTBからロードまで、幅広く最新の機材の知識をもつ彼でさえも、その変速性能には圧倒された様子。

TICS30.jpg

終了時刻ギリギリまで会場内を歩き回り、3人とも脚はペダルも踏めないほどの筋肉痛、失神寸前になるまでTICSを満喫しました・・・!

TICS41.jpg

「最後の夜は台北や淡水の夜市に行こう・・・!」と話していたのですが、その余力は誰一人残っておらず、満場一致で中心街のホテルへ。
3人とも根っから自転車に乗ること、いじることが好きなので、台北101の前を走れれば満足してしまうのです(笑)

この夜は台湾、中華料理の店をハシゴして2日目が終わりました。

 ここまで旅は至って順調だったのですが、

問題が起きたのは最終日のこと。

7時すぎに起床し、朝食を食べて9時すぎにホテルを出発。

TICS42.jpg

TICS43.jpg

15分ほど走って台北101に立ち寄り、40kmほど離れた桃園空港に向かって走り始めました・・・しかし!
漕げど走れど距離がちっとも進みません。

「台北中心部でペースが落ちても、2時間で空港に着けるだろう・・・」と見ていたのですが、郊外に出ても信号の数は減らず、道幅は狭くクルマが増え、1時間半走っても20kmも進んでいません・・・。

刻一刻と迫る帰りの飛行機の出発時刻は13時30分。この3日間で一番厳しい陽射しと湿度が焦りを募らせ、ついに自走を断念。
大急ぎで輪行し、タクシーで空港へ向かうことに。


TICS44.jpg

TICS45.jpg

なんと、帰りの飛行機に乗り遅れてしまいました・・・。

手分けして振り替えの便を探したものの、運悪く東京(羽田)行きは他社も含めてすべて満席。
結局、セントレア空港(外国ではありません。名古屋です。)を経由して日本に帰ることができました。

TICS46.jpg

海外輪行ツーリングの際はお気をつけください!汗

TICS47.jpg


コメント


この記事のツイート




ページの先頭へ