通勤からツーリングまで使えるマルチなパニアバッグ

テーマ:     

通勤からツーリングまで使えるマルチなパニアバッグ

こんにちは。
放出店の今井です。

もう初夏といってもいい気温が続いていますが 自転車で通勤・通学されている方にとっては、暑さとの闘いの日々ではないでしょうか。


お弁当や着替え、パソコンや仕事道具、教科書といった物をリュックに詰めて走る・・・・ なんてことを私もしていたことがありますが、 ずばり背中が蒸れてしまいます。
また、重い荷物を背負って走っていると腰や肩の痛みに繋がることも珍しくありません。
背中が蒸れにくいリュックもあるにはありますが それでもやはり背負う以上は多少の蒸れは覚悟しなければなりません。

そんな悩みを解決してくれるのがこちら

バジル [BASIL]

009_10825-138.jpg

マーラ パニアバッグ 容量:26L

そうです、スポーツ自転車にバッグを付けてもいいんです!

こちらのパニアバッグは小ぶりながら容量が26リットル。
自転車乗り御用達のドイターのリュックでも10-20リットルが大半であることからも その容量の大きさが分かると思います。

ちなみに装着した自転車はツーリングにぴったりのラトゥールツーリングバイク。

「さあ、旅立とう!」

そんな衝動に駆られる一台です。

アルミリアキャリアを取り付け、そこにバッグをぽんと乗せてストラップで固定するだけ。
気軽さもポイント高し!です。

009_10825-139.jpg

1.5リットルペットボトルを2本入れてみました。

まだまだ余裕があります。
逆に荷物が少ないとバッグが凹んでスタイルが崩れてしまいます。
あると便利なウエスなど、軽くてかさばる物で隙間を埋めると良いかもしれません。

009_10825-140.jpg

後部には反射素材を採用しており、夜間走行の安全性を高めてくれます。
表面には600デニールポリエステルを採用しており、小雨程度なら問題ありません。

ツーリングモデルとしてリリースされていますが 使い勝手の良さと丈夫さから、通勤や通学でも大活躍してくれること間違いなし。
無駄を省いたシンプルなデザインも、街乗りにぴったりです。
カゴに荷物を入れるよりも重心が下がって安定感が増すのもポイント。

そして極めつけは価格。
ちょっとびっくりするくらいお買い得です。

数日程度のツーリングであれば十分対応できると思いますが 大容量モデルも別途ラインナップされていますので 目的に合わせたバッグをチョイスできるのも嬉しいですね。

009_10825-141.jpg

背中の蒸れにお悩みの方、 自転車で小旅行に出かけたい方、 好きな荷物を載せてゆるーくポタリングしたい方、 是非ご検討ください!!

マーラ パニアバッグ 容量:26L


コメント


この記事のツイート






ページの先頭へ