今年最後のレース。

テーマ:     

今年最後のレース。

こんにちは、吉川です。
遅くなりましたがレースの報告をさせていただきます。

11月は佐賀県の脊振山ヒルクライム、ツールド沖縄に出場させて頂きました。


脊振ヒルクライムの感想は一言で言うと『寒い。』 でした。
いや、雨が降り、本当にかなり寒かったんです。
人数はいませんでしたが初めてのヒルクライムでなんだかドキドキしていました。
4.5kmを2回登ったのですが、1回目は一人ずつ出走で頂上までの距離もわからず
4.5kmなのにすごく長く感じました。
ですが、2回目は全員で出走し、明らかにペースが1回目より良いような気がして
距離もだいたい把握できたので短く感じ、コースを知るだけでこんなにも感覚が違うのか。
と思いました。

ツールド沖縄も初めての参加です。
沖縄のコースは合宿で走ったことがありましたがレースは初めて。
言い訳にしかなりませんが、調子は最後まで良くならずどこまでいけるのか
不安を抱えての出走でした。まず、普久川ダムの登りで集団から離れ
女子4人で頂上を目指しました。辺戸岬と名護方面の別れ道付近で先頭から
2分40秒差と言われ、そこからのアップダウンで物凄い大集団ができ
一つ前の女子の集団に追い付くことができましたが補給所でのごちゃごちゃで
また遅れをとってしまいました。
最後の坂を越え、平坦ではたった5人での先頭交代。
ペースも上がらずゴール500m手前で追い付いてきた男子とごちゃまぜになってしまい
そこでのゴールスプリントとなりました。

ゴールスプリントではいつもの焦りが出てしまい、前に出るのが少し早く
何とも言えないスプリントをしてしまいました。
集団スプリントというのは国内のレースでは少ないと思うので、折角の機会を
無駄にしてしまった。と思い悔しいです。
結果は19位でした。

やはり登りは苦手意識が取れず佐賀でも沖縄でも苦しみました。
身体を絞ると宣言するも無茶な減量をしてしまい一時、去年より走れなくなり
体重を少し戻し、少しはマシになりましたが変わらず走れない。
本当に難しいです。

強くなるためには何をすべきで何をしてはいけないのか
どうすればうまく体を絞れるのか、練習方法など、まだまだ解らない事や
出来ていない事ばかりです。ですが、出来ていない、解らないということは
確実にまだまだ強くなれる。と思っています。


今まで、ずっと全てから逃げ続けていた自分ですが、しっかり向き合って
いい方向に変化できるようにしていきます。

これからもよろしくお願い致します。

blog_ent.jpg


コメント


この記事のツイート






ページの先頭へ