ヒヤッと快適。夏用マスクで顔のバリア めーる・で・あさひ 第1161号

テーマ:     

ヒヤッと快適。夏用マスクで顔のバリア めーる・で・あさひ 第1161号

[新着]
ヒヤッと快適。夏用マスクで顔のバリア

[スタッフおすすめ]
突然の荷物の増加にも対応できるバックパック


○―新着 ――――――――――――○
ヒヤッと快適。夏用マスクで顔のバリア
○――――――――――――Harry―○
自転車に乗りたいなぁと思う一方ですぐに行動に移せない理由の一つが、紫外線が気になるということ。

中学と高校をオーストラリアで過ごした私は、当時紫外線の威力を軽く見ていて、
肌に何かを塗る方が体に悪いんではないかという固定観念から、あまり日焼け止めを塗らずに過ごしていました。

大学生になるにつれだんだん同年代に比べてしみ、そばかすが目立つようになり、身をもって紫外線って恐ろしい!と実感することになりました。なんてったって、オゾンホールの真下に位置するオーストラリアは、紫外線の量が日本の5-7倍あるといわれています。ひえー!

最近ではどこに行くにも日焼け止めを欠かさず塗るようになりましたが、特に気になるのが顔の日焼け。顔にできるしみ、そばかす、しわ、たるみはその人の見た目年齢に直結してきます。
日々鏡で自分の顔を見ているとあまり気づきませんが、3年前くらいの写真を見てみると「なんか、今よりもフレッシュ感があるな」とその変化に気づかされます。笑

自転車用のフェイスカバーはいくつか出ていますが、今回新たに登場したこちらのフェイスマスクは特におすすめです。


100000051141-l0.jpgN1 サマーシーズンマスク UVカット99%


花粉症対策用のマスクが有名なナルーマスクから出た夏用のUVカットマスク。
ナルーマスクの呼吸のしやすさとフィット感は保ちつつ、生地に冷感素材(aqua X)を使用することにより、夏にうれしいひんやりとした付け心地が特徴です。
速乾素材でもあるので、汗をかいてもすぐに乾燥してくれて、とにかく着用時の快適度が違います。

また、他のナルーマスク同様耳に引っ掛ける穴がマスクをしっかり支えてくれるので、ライド中もずれが気にならず、上からサングラスとヘルメットを着用すれば顔のUV対策は完璧です。

紫外線ごときで生活の幅を制限されるのは悔しい!サマーシーズンマスクで涼しく快適にUV対策しましょう!

○―スタッフおすすめ ――――――○
突然の荷物の増加にも対応できるバックパック
○―――――――――――Yaromai―○
世間ではお盆ですが、いかがお過ごしでしょうか。
私は特に「お盆休み」となる休みがありませんので、代わりと言っては何ですが週末より北海道のロングライドイベントに参加し、そのまま気ままに北海道を走ってきます。

北海道の自走旅になるので荷物はそれなりに多くなるため大型サドルバッグやフロントバッグなどたくさん収納できるようにしていくのですが、行き先柄突然手に入れるお土産も多くなりそうな予感。
そんな時に、こちらのアイテムが非常に便利です。

100000039971-l1.jpgあさひ ポケッタブルバックパック


軽量140gの重量と、バックポケットにも入る程の折り畳み時のコンパクトさは携帯性抜群。必要な時にサッと取り出して荷物を詰め込むことができます。
「道の販売所でトウモロコシを買ったら、トマトももらっちゃった!」「おいしそうなお土産があったから、思わず買っちゃった」なんていう場面にもバッチリ対応可能です。
そしてもちろん輪行の時にも役に立ちます。
よくある大型サドルバッグ、商品によってはショルダーベルトが付属しているケースもありますが、ない場合は抱きかかえるように持つか、固定ストラップ部分を持って持ち運ぶしかありません。
そんな時にこちらのバックパックを取り出して収納することで、両手がフリーな状態で輪行することも可能です。これで空港内の移動も楽々です。
ツーリングの時にはもちろん、普段使いで急に荷物が増える時にもお役立ち。
1つ持っておくと何かと便利なアイテムです!

○― 新商品 ――――――――――――○
 今週掲載したニューカマー!
○―――――――――――――――――○
◆ブライトン [bryton]

100000023952-l0.jpgブライトン商品各種


取り扱いのなかったブライトンの商品各種を掲載しました!お求めやすいラインナップがうれしい!

◆メリダ [MERIDA]

100000051156-l0.jpgROAD TOURER (ロードツアラー) あさひ限定-J ロードバイク [CBA-1]


MERIDA「CYCLOCROSS」フレームをベースに、SRAM「APEX」1x11(ワンバイイレブン)を採用したアドベンチャーロードが登場ッ!


コメント


この記事のツイート




ページの先頭へ