シンプルかつ安心感の高いスマホホルダー めーる・で・あさひ 第1149号

テーマ:     

シンプルかつ安心感の高いスマホホルダー めーる・で・あさひ 第1149号

[新着]
シンプルかつ安心感の高いスマホホルダー

[スタッフおすすめ]
こんなヘルメットが売れてます

[スタッフおすすめ]
ラチェット付のモンキーレンチってどういこと?


○―新着 ――――――――――――○
シンプルかつ安心感の高いスマホホルダー
○――――――――――――Kazu―○
ハンドルまわりのゴチャゴチャ感は、自転車乗りの悩みの一つ。
様々なパーツメーカーから、スッキリさせる便利アイテムが発売されておりますが、デルタからまた新しい商品が登場しました!

100000050253-l0.jpgデルタ HL-6800 X-Mount Pro スマホホルダー


シリコンタイプの軽さ・シンプルさと、固定タイプの安定感のいいとこどりのような商品。
車体への固定もシリコンのタイプだと、走行時に振動などで若干動いたりする場合がありますが、コレはしっかりと固定されるので安心。
本体の固定はフォークコラムへの取付でガッチリ、スマートフォンの固定は四隅にシリコンバンドを引っかけるだけの簡単取付けです。

さらに、本体台座部分は鍛造アルミ製の細身のデザインで、シンプルで軽量な作り。
しっかりした作りなのに、あまり重量増にならないのは嬉しいですね。

振動吸収と滑り止めの効果を発揮する6個のクッションを装備していて、これまた安心。

ハンドルまわりのレイアウトに悩んでいる方は、ぜひご検討ください。



○―スタッフおすすめ ――――――○
こんなヘルメットが売れてます
○――――――――――――Harry―○
最近当店でよく売れているヘルメット。

100000049522-l0.jpgBC-GLOSBE-2 (BC-グロッスベ-2) ヘルメット


KOOFUというブランドになじみのない人もいるかもしれませんが、実はヘルメット界の老舗「OGKカブト」が出しているヘルメットブランドです。

ブランド発足当初はスポーティなデザインもありましたが、最近はシティライドに使いやすいデザインのラインナップになっています。

明らかにレーシーな流線型のデザインではなく、帽子感覚でかぶれる丸みのあるフォルムが街中でもなじみやすく、普段使いになかなかおすすめです。

デザインだけでなく、旧モデルと比較して顎ひも部分がねじれにくくなっており、上下に3段階動く「TRIFIT-2アジャスター」によって着用時にさらにがっちりと頭をホールドしてくれるのが特徴です。

この部分(シェル内部のアジャスター)がしっかり可動するだけで、ヘルメットを頭にかぶった際の「守られている」感が全然違いますね。

初めてのヘルメットを何にしようか検討している方、スポーティなヘルメットをもっているけど普段使い用にもう一つほしいなぁと考えている方にはぜひお勧めの逸品です。


○―スタッフおすすめ ――――――○
ラチェット付のモンキーレンチってどういこと?
○――――――――――――Toby ―○
一般的に国内で出回っているシティサイクルや子ども用の自転車のサドルやホイールを留めるナットは、13mmから15mm程度のナットが使われています。
このサイズ、自転車以外ではあまり使うことがないため、モンキーレンチ一本で対応されている方が多いのではないでしょうか。


そもそも、シティサイクルでホイールを外すことはほとんどないと思いますが、ナット留のサドルが使われている事が多いお子様の自転車では、成長する度にモンキーレンチを片手にサドルの高さ調整する保護者の方は多いと思います。

せまい空間で何度もモンキーレンチでナットを回すのは結構面倒で、回してはモンキーレンチのウォーム(アゴを調整する部分)を開いて移動させ、またウォームを締めこんで回すという作業を何度も繰り返さなければいけません。

ナットにぴったり合うように調整しなければいけないのはわかっているのに、ちょっとラフに固定してナットを回してしまい、気づいたらナットが丸くなってきている(ナメてきている)ということはないでしょうか?
兄弟や友達同士で使いまわす自転車は、ほぼ必ず丸くなってきています。


だからと言って、そのために13mmしか回せないラチェットのスパナやレンチを買うのはもったいないし・・・。


そんな時、これと出会って、そんな方法あったのかー!と驚きました。
きっと同じような悩みが原点なんだろうなーと思いつつ。

100000039063-l0.jpgZT-B022 オートラチェットモンキーレンチ


詳しくはページのアニメーションを見ていただければわかりますが、要は狭い隙間でもウォームの調整をすることなく回し続けられるのです。


柄の長さが短いので、あまりトルクのかかる所は対応できませんが、一本持っておくと携帯工具としても、常用ツールとしても重宝するはずです。


コメント


この記事のツイート




ページの先頭へ