目の守護神?パワーアップしたOGKの調光サングラス。 めーる・で・あさひ 第1137号

テーマ:     

目の守護神?パワーアップしたOGKの調光サングラス。 めーる・で・あさひ 第1137号

[新着]
目の守護神?パワーアップしたOGKの調光サングラス。

[スタッフおすすめ]
ネジネジは愛車を救う

[スタッフおすすめ]
ヘルメットしていてよかった・・・。


○―新着 ――――――――――――○
目の守護神?パワーアップしたOGKの調光サングラス。
○――――――――――――Harry―○
だんだんと気温が上がってきて、自転車でさーっと河川敷あたりを走りたい気分になってきた今日この頃。
聞いた話によると5月が一番紫外線が強いらしいですねー。

冬までは寒さ対策でしっかり着込んで、日焼けや紫外線もそこまで気になることはなかったですが、薄着になり始めるこの季節はしっかりと紫外線を意識して自転車を楽しみたいものです。
なんてったって、しみとしわだらけの老後は迎えたくない!

だがしかし、肌をしっかりガードしたからと言って安心してはいけないのです。
紫外線は実は目から侵入し、その影響が肌にも及んでしまうと言われています。
まぶしさの防止だけでなく、紫外線防止の面からもライディング時のサングラスの着用は必要ですねー。

当店でも多数のサングラスを取り扱っておりますが、最近掲載を始めたOGKカブトの新商品がなかなかいい感じです。

100000049774-l0.jpg101 PH サングラス (撥水クリア調光レンズ)


このサングラスの特徴は何と言っても従来よりもさらにパワーアップした撥水調光レンズ。
調光レンズとは、紫外線をあびることによってカメレオンのようにレンズのカラーが変化し、わざわざ場所によってレンズの交換をする必要がない便利な機能です。

101 PHのレンズは従来の調光幅(23-81%)に比べ17%-81%と大幅に増加し、よりまぶしいシーンにもばっちり対応できるようになりました。
調光スピードも上がり、これまで無色の状態から濃い色になるまで数分かかっていたところ、なんと1分以内で一番濃い色に変わることができるようになりました。

また、レンズの両面に撥水加工がされているので、雨の日に水滴がついて見えにくい!ロングライドで汗がサングラスにぽたぽた落ちて見えにくい!なんてことを防ぎます。

ちなみに、海外ブランドのサングラスは日本人には少し横幅が狭すぎることが多いですが、オージーケーカブトはジャパンブランドなので、着けたときのフィット感が違います。

夏に向けてサングラスをご検討の方は是非ご検討くだされ。

○―スタッフおすすめ ――――――○
ネジネジは愛車を救う
○――――――――――――Kazu―○
スポーツバイクあるあるなんですが、ブレーキやシフトのアウターケーブルとフレームとが接触する部分、気が付くと傷だらけになったりしています。

特にヘッドチューブまわりは、ハンドルを切るたびにケーブルとフレームが擦れて、傷がつき、表面のクリアコーティングが剥がれ、ついには塗装も剥がれて見るも無残な姿になっていたりします。

しかも、普段はケーブルに隠れてしまっているので、傷がついていることになかなか気が付かなかったりするんです。
で、ケーブルを交換する際に気が付いてショックを受けるというわけです。

そこで、そんな残念なことにならないようにガードしてくれるのがこちらの商品。

100000029508-l0.jpgDHPR-13 アウタープロテクター シリコン製 フレームの傷防止におすすめ 2個セット


柔らかいシリコン製のプロテクターで、フレームと干渉する部分のケーブルに巻きつけておくことで傷を防いでくれます。
取付けが面倒な「貫通式」や、外れやすい「中割れ式」と違い、スパイラルタイプは取り付けが簡単で、しかも外れにくいのがポイント。

カラーも豊富なので、ワンポイントのアクセントとしても役立ちます。
2色使いで2重螺旋にしてみるなんてのもアリですね。

大切な愛車が残念なことになってしまわないように、しっかり対策しておきましょう!



○―スタッフおすすめ ――――――○
ヘルメットしていてよかった・・・。
○――――――――――――Toby ―○
先週末は、奈良県の大和郡山を5歳の息子とポタリングしてきました。

大和郡山をご存じでしょうか?
郡山城と周辺の魅力的な城下町、そして江戸時代から金魚の生産で知られる街です。
「金魚の電話ボックス」などでご存知の方も多いのではないでしょうか?

お祭りの出店などでも見かける金魚から、一匹数十万で取引されることもある「ランチュウ」などその金魚の種類は豊富です。
近年は都市化に伴う環境悪化や担い手などの諸条件が重なり、生産量は減少したそうですが、それでも年間約6,000万匹が販売されるそうです。


金魚がいる、ため池周辺はとても狭い道なので、自転車で回るのに丁度良かったです。


 目的の所をひととおり走り、さあ帰るかとなった時、後からすごい音が!
振り返ると、後ろを走っていた息子がガードレールにぶつかっていました。

どうやら公園の遊具に見とれて、よそ見していてたようです。

幸いヘルメットとグローブのおかげで、お腹に軽い擦り傷を負っただけで済んだのですが、ヘルメットにも傷を負っているのを見てゾッとしました。
ガードレールに頭もぶつけていたようです。

ヘルメットをしていなかったら・・・考えたくもありませんが、真っ直ぐ家に帰れていなかったかもしれません。


 気候も良くなり、家族や親子でサイクリングする機会も多くなると思います。

自転車会社に勤務する者、そして親としても、お子様と自転車に乗る時、同乗させる時はサイズのあったヘルメットとグローブをしっかり装着していただきたいと切に願います。

100000034943-l0.jpgお子様用ヘルメット




100000049782-l0.jpg最近加わった私のイチオシ



100000047848-l0.jpgGR LG KIDS GLOVE キッズグローブ


初めての補助なしの練習にもおすすめです。

100000042014-l0.jpgキッズプロテクター-H ひじ、ひざ、手の3点セット


自転車を通して、たくさんの楽しい思いでが生まれますように!


コメント


この記事のツイート




ページの先頭へ