ガーミンの新型サイコンどんな感じ? めーる・で・あさひ 第1129号

テーマ:     

ガーミンの新型サイコンどんな感じ? めーる・で・あさひ 第1129号

[新着]
ガーミンの新型サイコンどんな感じ?

[スタッフおすすめ]
花粉対策してますか?

[スタッフおすすめ]
暇があれば想像膨らませてしまう、私が今年一番注目している自転車


○―新着 ――――――――――――○
ガーミンの新型サイコンどんな感じ?
○――――――――――――Harry―○

サイクルコンピューター界のドン、「ガーミン」から新たなモデルが登場しました。

ガーミン [GARMIN]

100000049415-l0.jpgEdge 1030 (エッジ1030) セット サイクルコンピューター


ガーミンといえば数あるサイコンの中でもシェアが高く、ライディングのデータがかなり詳細に見れる機能がついていたり、他のガーミンユーザーとデータの共有がしやすくて有名ですね。最近流行りのStravaにも対応しているので、過去に同じコースを走ったライダーとバーチャル対戦することも可能です。

毎年アップグレードしているガーミンのサイコンですが、今回のモデルは何と言っても別売りで取付できる拡張バッテリーパックが目玉!

本体は最大20時間のバッテリー容量(これだけでも前回モデルから5時間延長!)ですが、拡張バッテリーを使用することによって2倍の最大40時間利用が可能になります。

ガーミン [GARMIN]

100000049424-l0.jpg拡張バッテリーパック エッジシリーズ用


一度の充電でかなりながーく使えるので、1泊2日のツーリングなど充電ができないシチュエーションでもサイコンのバッテリー残量を気にしなくてもいいのでストレスフリーなライドが楽しめますね!

ちなみに、バッテリーはアダプターでサイコンの後ろ側に取り付けできるので、つけた状態でも意外とすっきりまとまります。

100000049423-l0.jpgアウトフロントマウント エッジシリーズ拡張バッテリー対応


モニターもこれまでよりも大画面になり、よりナビとして使い勝手がよくなりました。タッチパネルなのもうれしいですね。

価格をみて、「サイコンにここまで出すのかい!」とびっくりする方もいるかもしれませんが、数年前に使っていたスピードメーター機能メインのサイコンとはもはや次元が違います!

これからサイコンを検討するなら、かなりお勧めの商品です。

○―スタッフおすすめ ――――――○
花粉対策してますか?
○――――――――――――Kazu―○
今の季節、花粉が気になるという方、多いんじゃないでしょうか?
自転車に乗るときもマスクが欠かせないけれど、しばらく乗ってたら息苦しくなって来たり、メガネやサングラスが息で曇ったりなんて経験、花粉症の方あるあるですよね?

ということで、自転車に乗っても息苦しくなりにくい、メガネやサングラスが曇りにくい、そんなスポーツ用マスクのご紹介です。

100000028921-l0.jpgピーオーアイデザイン TOUR MASK(ツアーマスク) フィルター2枚付属


立体成型で着用した際に、口とマスクが密着せず空間ができ、さらにワンウェイバルブ装備で、息を吐く時はバルブを通じて排出されるので、息苦しさが大幅に軽減されます。

また、ノーズクリップが鼻まわりのフィット感を向上させていて、鼻とマスクの隙間からもれる息でメガネやサングラスが曇りにくくなっています。
「メガネが曇って前が見えない!」なんて危険な状態も回避。

フィルター自体の性能も非常に高く、花粉粒子の捕獲(ろ過)効率試験では平均99%と、花粉の侵入をほぼ完ぺきにシャットアウトします。

さらにさらに、メインのPM2.5フィルターに加えて、消臭効果のあるアクティブカーボンフィルターとのツインフィルター構造で、嫌な臭いの発生も抑えてくれるありがたい機能も備えています。

装着方法は、面ファスナー採用で、サイズ調整範囲が広く着脱も簡単。
首の後ろで固定するので、一般的なマスクのように耳が痛くなることもないですね。

スポーツシーンでの使用を目的に開発されたスポーツ用のマスク。
自転車に乗る際にはオススメですよ!


○―スタッフおすすめ ――――――○
暇があれば想像膨らませてしまう、私が今年一番注目している自転車
○――――――――――――Toby ―○

私が今年一番注目している自転車≒欲しい自転車な訳ですが、それはずばり

100000048053-l0.jpg2018 NICASIO SE8(ニカシオSE8) 機械式ディスクブレーキ クロモリフレーム


去年の11月に行われたバイクパッキングイベントで初めて見て、その可能性に惚れた感じです。

バイクパッキング詳細

惚れポイント
・日本限定
・カラーリングがシブい!
・細身クロモリのフレームに対して、650Bx47mmという太めのWTBブラウンサイドタイヤのインパクト
・太いタイヤとフレームが振動を吸収するので、乗り心地がめちゃくちゃいい!
・太いのにタイヤがゴツゴツではないから充分なスピードも出せる
・ディスクブレーキで雨の日や悪路も問題ない
・テントやアウトドアギアを積んで現実逃避できる
・700cホイールにも付替え可能なフトコロの深さ

以上のことから、乗り心地が良くて、長距離走りやすい自転車をお探しの方には最高の相棒になるはずです。
普段は街乗り、週末は河川敷ダートやちょっと荒れたところを走ることもできるので、欲しい自転車の方向性が決まっていない初めてスポーツ車を買う方にも高次元で対応できます。

このままでも十分なスペックですが、私なら油圧ディスクブレーキを入れて、10速か11速のフロントシングル化させて遊びたいなぁ。
いかん、書いてたら余計に欲しくなってきた・・・。


手持ちの自転車をグラベル仕様に再生カスタム。目指すはグラベルもイケるコンフォートなチャリ


コメント


この記事のツイート




ページの先頭へ