ナイスオートセンサー! めーる・で・あさひ 第1123号

テーマ:     

ナイスオートセンサー! めーる・で・あさひ 第1123号

[新着]
ナイスオートセンサー!

[スタッフおすすめ]
冬だって重要な汗対策。汗が目に入らないヘッドバンド

[スタッフおすすめ]
手軽で簡単、車載用フレームアタッチメント


○―新着 ――――――――――――○
ナイスオートセンサー!
○――――――――――――Heroe―○
走る先を照らしてくれるフロントライトは明るいにこしたことはないです...が!
個人的に街中などの明るい場所の場合はギンギンに明るくなくても良い気がします。
街中と河川敷の明るさが違うように、照らすライトの明るさもその場その場で違っていいと思います。
そう、つまりはライトの明るさも'適材適所'。

そんな器用なフロントライトあるわけ...
ありました。


グイー[guee]

100000033186-l0.jpgTHETA(シータ) LEDフロントライト 自動調光モデル 防水レベル:IPX5 USB充電式


電源ボタンの近くにある照度オートセンサーが周りの明るさを感知。50?300ルーメンの範囲で4段階ライトの明るさを
自動で調節してくれるんです。賢い、まさに適材適所。

ナイスオートセンサー!

自動調整によりエネルギーを出来る限りセーブしエコなライティングをしてくれます。
更に本体にはヒートフリーテクノロジーという放熱性を高める技術が備えられており、高出力時の熱によるバッテリーへのダメージを抑制。
長時間の使用もなんのその、バッテリーに優しい仕様に。
そしてバッテリーの残量もわかるインジケーターがついているのも、使う人に優しい仕様です♪
夜間のロングライドや通勤通学で明るさに変化のある道を使われる方には最適なライトだと思います。
暗さにあった明るさで優しく前を照らしてみませんか?

○―スタッフおすすめ ――――――○
冬だって重要な汗対策。汗が目に入らないヘッドバンド
○―――――――――――Yaromai―○
先日、いつものライドコースを走っていたら、ダラダラと汗が目にたくさん流れ込んできました。
普段着用しているヘッドバンドではなく、普通のサイクルバンダナを使用していたことが原因でした。
また、冬は空気中の飽和水蒸気量の関係で汗が蒸発しにくいため、いつもより汗がたくさん流れ込んできているようにも感じました。
思わず目を閉じて「ンヌアァァァッ!!!」と叫んでしまいましたが、たまたま長い直線であったからいいものの、下りコーナーやレースシーンであったら・・・と考えると恐ろしい。

やはり、私はこれが手放せないようです。

100000019336-l0.jpgHALO 汗が目に入らないヘッドアイテムシリーズ


通常のヘッドバンドであれば吸水しきれなくなった汗は決壊したダムの様にだだ漏れ状態で顔面に流れてきてしまうのですが、
こちらのアイテムは額部分に圧着されたシリコンゴムによって吸水しきれなくなった汗を横から後頭部に流します。
これによって目に入る汗を気にすることなく、額をぬぐうことなく走りに集中することができるのです。
他の場面では私はスポーツジムでのトレーニング時にも使用しております。大量に汗をかいても目に入ることがないためトレーニングに集中できます。

冬だって運動すれば汗をかきます。むしろ夏よりも汗対策は重要なくらいです。
しっかりと対策をして、快適なライドに出かけましょう。


○―スタッフおすすめ ――――――○
手軽で簡単、車載用フレームアタッチメント
○―――――――――――Tsutsui―○

まだ寒い日が続いていますが、そろそろ暖かさを感じるようになり始める時期。
自転車で出かける機会もどんどん増えてきますね。そこで今回は車載用の便利なアイテムをご紹介。

大がかりな車載グッズまでは必要ないけど、手軽に自転車を立てて積み込みたいという方にピッタリ。それがこちら。

100000027232-l0.jpgフレームホルダー(CB-02N) 車載用フレームアタッチメント 吊手固定


車内で自転車を固定できるフレームホルダーです。自転車を車内に積み込んだときに、手軽に安定させることができます。

使い方は簡単。両端に固定用バンドが装備されており、自動車の吊手などに取り付けて固定するだけ。ホルダーは22cm-34cm間で伸縮し、キャッチベルトは360度回転するので、様々なシチュエーションに応じた使い方ができます。例えば、吊手だけでなく、2台の自転車を繋げて自立させるなど、使い方は工夫次第。

未使用時は場所も取らないサイズなので、普段から車の中に常備していても邪魔になりません。

手軽で快適に車載。ふらっと自転車を載せるのにオススメです。


コメント


この記事のツイート




ページの先頭へ