目立ちすぎてすみません、ネビュラカメレオンライト めーる・で・あさひ 第1100号

テーマ:     

目立ちすぎてすみません、ネビュラカメレオンライト めーる・で・あさひ 第1100号

[新着]
目立ちすぎてすみません、ネビュラカメレオンライト

[スタッフおすすめ]
分厚くないのにあったかい!寒さ対策ソックス。

[スタッフおすすめ]
締めすぎを防止! 携帯型の簡易トルクレンチ


○―新着 ――――――――――――○
目立ちすぎてすみません、ネビュラカメレオンライト
○――――――――――――Heroe―○
暗い時間帯が長くなるこれからの季節、自転車に乗るうえでライトはとても重要な役割を果たします。
普通のライトでも良いですが、ちょっと個性的なライトが欲しいなぁ...そんな方もいるのではないでしょうか。

そんな個性的なライトとして期待に応えてくれるのがこちらのライト!

ムーン [MOON]

100000033296-l0.jpgNEBULA CHAMELEON LEDライト 防水レベル:IPX4 USB充電式


名前の通りカメレオンさながら様々な色に光るのです。
色は全部で6色(青・緑・赤・黄・紫・白)と選びたい放題♪
もちろんカメレオンモードで6色を光らせる事も可能ですが、テールライトモードと固定カラーモードも搭載しており
光らせる方法も選べちゃいます。

固定カラーモードを使えばその日の気分でカラ―を変えられ、ちょっとした気分転換にもなりますね。
光る面も幅があり視認性も抜群で、遊び心も備えた魅力的なカメレオンライト。

目立つことで安全性もアップ!「個性的なライト」をお探しの方にはお勧めのライトです。
点灯させる時間が長くなる時期だからこそ、ライトにも遊び心を持たせてみてはいかがでしょうか♪


○―スタッフおすすめ ――――――○
分厚くないのにあったかい!寒さ対策ソックス。
○―――――――――――Yaromai―○
11月も終わりに近づき、寒さが徐々に厳しくなってきました。
私が体感して「寒い」と感じる時は、肌で感じる寒さよりも足元からじわじわくる冷えの方がより寒さを感じます。
そんな足元から冷える寒さから守り、冬を乗り越えるあったかソックスが登場しました。

100000047054-l0.jpgウインターソックス 特殊発熱繊維採用


日本のレッグウェアメーカー「okamoto」との協力で出来上がったこちらのウィンターソックス。
特殊発熱繊維を使用し、数多くある繊維の中でもかなり高いレベルでの発熱量を誇り、想定対応温度は「0度」(静止時)となっています。
また、汗などを吸収する吸湿性・吸収した湿気を外に逃がす放湿性に優れ蒸れにくい素材でもあるため、暖かいながらも非常に快適です。
もちろんサイクルソックスとしての機能もあり、つま先に縫い目のない縫製や、土踏まずの適度なアーチサポートで疲労を軽減しサイクリングにおける快適さを維持します。

私が着用して感じたことを一言で言うと、「分厚くないのにあったかい!」。最高11度、最低1度の晴れ間が少ない足元から冷える一日で、シューズカバーなしのロードシューズでも十分な温かさでした。
足元から行う寒さ対策。この冬はこのソックスで乗り越えます。


○―スタッフおすすめ ――――――○
締めすぎを防止! 携帯型の簡易トルクレンチ
○―――――――――――TSUTSUI―○

「締めすぎてねじ切れた」
「カーボンパーツを壊してしまった...」

そうならない様に、デリケートなパーツを扱う際は出来るだけトルクレンチがあると安心ですね。
そんなトルクレンチも各メーカー色々とラインアップがありますが、今回は出先でも使える携帯型のトルクレンチをご紹介します。

-----------------
バーズマン [birzman]

100000034617-l0.jpgM-TORQUE 4 (Mトルク4)トルクインジケーター付き携帯工具


まずは折り畳みツールにトルクチェック機能が付いたタイプ。一番よく使う4mmと5mmの六角レンチに5Nmのトルクチェック機能があります(組み替える事でT25トルクスレンチも対応可能)。

使い方ですが、本体にあるボタンのような「トルクインジケーター」に親指をのせて、グーッと締めこんでいいきます。締め付けトルクが5Nmに達すると、親指下のボタンが「カチッ」となるので、ここで締め込みをやめます。トルク「5Nm」というと、製品にもよりますがハンドルやサドル周りのネジが該当します。出先で頻度が高いのはシートポストの固定といったところでしょうか。

-----------------
バイクハンド [BIKEHAND]

100000033045-l0.jpgYC-636 ハンディトルクレンチ ビット・収納ポーチ付き


次に、2-10Nmの範囲で計測可能な小型のトルクレンチ。10種類のビットが付属するので、使える部分の幅が広がります。10Nmまであれば、出先で作業をする機会は少ないですが、ワイヤーやディレイラーの固定などにも使えますね。手のひらサイズで、収納用のポーチも付きます。

いずれも簡易的なものですが、比較的手ごろな価格で、出先でもトルクに気を使いたい方におすすめですよ。


コメント


この記事のツイート






ページの先頭へ