履いて感じていただきたい、極厚パッドインナーパンツ めーる・で・あさひ 第1096号

テーマ:     

履いて感じていただきたい、極厚パッドインナーパンツ めーる・で・あさひ 第1096号

[新着]
履いて感じていただきたい、極厚パッドインナーパンツ

[スタッフおすすめ]
気温が安定しない季節にオススメなグローブ

[スタッフおすすめ]
シンプルかつ機能的な賢いテールライト!


○―新着 ――――――――――――○
履いて感じていただきたい、極厚パッドインナーパンツ
○―――――――――――Yaromai―○

涼しくなってきて紅葉も近づき、サイクリングに出かけるきっかけも多いこの季節。
観光地などに行く際にレーサーパンツ×ジャージでは抵抗があるけれど、普段着で乗るにはちょっとお尻が...
なーんてお悩みの方、「インナーパンツ」をご存知ですか?
インナーパンツは普通の下着として履いていただくパンツですが、これにパッドが装備されており普段着でもお尻をしっかりガードした状態を保つことが可能です。
そんなインナーパンツにこの秋、めっちゃ分厚い極厚パッドタイプが登場しました。

あさひ

100000047044-l0.jpgMギガパッドメッシュインナーパンツ


生地は非常に薄くメッシュで通気性が良いので、長時間の着用でも蒸れずに快適な状態を保ちます。。
サイズ感の目安は、身長170cm、体重65kgで脚やお尻が太めな私でウエストも含めLサイズでちょうどいい感じ。
そして何よりもこのむちゃくちゃ分厚いパッドが特徴。どのくらい分厚いかと言うと百聞は一見に如かず。是非商品ページをご覧下さい。

試しに履いて走行・・・何だコリャ!?と思うほど、サドルの振動が、圧迫感が、感覚が軽減されます。
カジュアルな服装でロングライドをしたい方にはもちろんですが、スポーツ車の前傾に慣れない、体型的に前傾過ぎるポジションはきつい、ポジションを改善してみたけれどまだお尻が痛いなどでお悩みの方にもオススメです!


○―スタッフおすすめ ――――――○
気温が安定しない季節にオススメなグローブ
○―――――――――――Tsutsui―○

最近、群馬県の万座温泉に行く機会がありました。秋の紅葉が楽しめると思いきや、なんと既に雪が積もっていました。その後、日本海側まで抜けたところ、今度は気温が20度ほどに上昇。かなり標高差があるので、ここまで極端な気温の変化は特殊ですが、秋は昼夜の気温変化が大きくグローブの選択にもちょっと迷います。

冬用のグローブにするかどうするか。でも日中はちょっと暑いな...。そういう時には、これくらいのグローブがおすすめです。

あさひ

100000041944-l0.jpgゲルロングフィンガーグローブ


指長のグローブですが、手の甲はメッシュ素材で適度な通気性があります。基本的な用途としては、MTBでのトレイルライド時の手の保護が主となりますが、夏用と冬用のちょうど間といった感じのグローブなので、春や秋の気温が安定しないシーズンの使用にも適しています。

手のひらにはゲルパッドを配置。分厚いパッドではないので、フラットハンドル/ドロップハンドル問わず、違和感なく使えるグローブになっています。

本格的に寒くなる前に備えて&来年の春を見据えて、このタイプのグローブがあると結構役立ちますよ。


○―スタッフおすすめ ――――――○
シンプルかつ機能的な賢いテールライト!
○――――――――――――Heroe―○

日が沈むのが早く、暗い時間が多くなるこの時期には丁度良い!シンプルかつ機能的な賢いテールライトをご紹介!

キャットアイ [CATEYE]

100000038460-l0.jpgTL-AU165-BS LEDテールライト コイン電池式 JIS規格適合リフレクター搭載自動点滅タイプ


こちらの商品、見た目はただの反射板に見えますが実は明るさセンサーと自動センサー内臓という優れもの。
暗い環境で走り始めると、その暗さ・振動を察知しライトが点滅して後ろからの視認性をぐっとUP。
リチウム電池1枚で100時間の電池寿命があり、長く使えます!※OFFモード/AUTOモードを選ぶことが出来ます。

そして残光機能として止まっても1分間は点滅し続けるため、暗い中の信号待ちでも安心です。

手がかじかみ、スイッチのオンオフも寒くて嫌だ!って時でもオートのこいつなら問題なし♪勝手について、勝手に消えてくれます。

シートステーにつけるもよし、太さに合わせたバンドを別途購入しシートポストにつけるもよし♪
見た目がシンプルなためスポーツ車・一般車のどちらにも使える機能的テールライト!

対応取付バンド

ごっついテールライトも目立って良いですが、このような必要最低限のシンプルなテールライトも格好良いと思います!


コメント


この記事のツイート






ページの先頭へ