ビンディングデビューの二の足を踏む方へ めーる・で・あさひ 第1070号

テーマ:     

ビンディングデビューの二の足を踏む方へ めーる・で・あさひ 第1070号

[スタッフおすすめ]
ビンディングデビューの二の足を踏む方へ

[スタッフおすすめ]
自転車のカッコ良さを損なわないテールライト

[季節のおすすめ]
夏の鉄板商品といえば、これですね!


○―スタッフおすすめ ――――――○
ビンディングデビューの二の足を踏む方へ
○――――――――――――Toby ―○

自転車のペダルとシューズを接続するビンディングシステム。

各社から、発売されていますが、ビンディングのメリットとしては、
・ぺダリングの効率が上がる
・ペダルの上で滑らず、走りが安定する
・慣れるとフラットペダルでも(ビンディングペダル程ではないが)効率的に漕げるようになる
などが挙げられるかと思います。

特にロードバイクを乗るにあたって、ビンディングを使うのと使わないとでは、ぺダリングの効率が段違いなので、楽しさの半分も享受できないのではと感じてしまいます。
最終的には個人の好みなのですが、過去を振り返ってみてもビンディングなしで乗るなんて考えられません。


自転車ベストシーズンとは言えないこの時期に練習して、自転車が乗りやすくなる秋から本格デビューしませんか?

今回は、初めての方向けのビンディングシューズを集めてみました。


100000045767-l0.jpgエグザスター E-SR493 シューズ カラー:ホワイト


100000031483-l0.jpgシマノ SH-RP200



シマノの発表では、SH-RP200シリーズのソール剛性はロード用のビンディングでは一番弱い「6」となっており、
初めての方が日常的に使うには丁度いい剛性感となっています。

なお、E-SR493も計測したところ、剛性感としてはほぼ同じ結果でした。
何よりも価格が税込7980円と、ビンディング対応シューズとしては驚異的な値段。

ペダルなだけに、ビンディングデビューの二の足を踏む方の背中を押すシューズです。


○―スタッフおすすめ ――――――○
自転車のカッコ良さを損なわないテールライト
○――――――――――――Kazu―○
テールライトは夜間走行には必須のアイテムですが、シャープなシルエットのロードバイクなどの場合、テールライトを付けることで「なんとなく見た目のカッコ良さが損なわれちゃったなぁ」なんて感じることもあります。

そんな時は、見た目にほとんど影響しないコチラのテールライトがおすすめです。

ギアループ

100000032371-l0.jpgCQL-BQR ストッパーライト コイン電池式 クイックリリースに取付けるテールライト


クイックレバーに取り付けるさりげないテールライト。
超コンパクトなボディなので、昼間はテールライトが付いていることに気が付かないほどです。

エアロタイプのシートポストなどで、テールライトの取り付け場所に困っていた方にもオススメですね。


○―季節のおすすめ ――――――○
夏の鉄板商品といえば、これですね!
○―――――――――――Harry―○

自転車ウェアといえばパールイズミ。
そして、夏といえばパールイズミのコールドブラック。

最近ではアパレルの量販店で高機能インナーがあふれていますが、自転車界のトップアパレルウェア「パールイズミ」では
5年以上前から体感温度が約5度低く感じられる高機能ウェアシリーズ「コールドブラック」が人気商品となっています。

その中でも特に鉄板の商品がこちら。

100000028411-l0.jpg【SALE】 [16s] 401 コールドブラックアームカバー 紫外線対策


お持ちの半袖ジャージに合わせてアームカバーを装着することで紫外線と半袖焼けを完全にブロックしてくれるアームカバー。
当店のスタッフも通勤や週末に自転車を乗っている社員が多いのですが、何も着ていないのに何か着ているような半袖跡、くっきりとついた時計跡はどうしても目が行ってしまいますね。
※逆に日焼け跡を勲章としているスタッフもいますが!

実際着用してみると、何もつけないで直射日光を浴びているよりも確かに涼しく感じることに驚きます。
端の締め付け部分も特殊な加工で圧迫感がなく、滑り止めによるかぶれが発生しません。
着々と暑くなる気温に負けないで自転車を楽しみたい!というあなたにまず装備してほしい逸品です。

そしてこちらの商品、実は現在セール中で超お買い得価格になっています。

通常4,320円のところ何といまなら3153円!
※2017年8月9日現在の価格です。

在庫なくなり次第終了となりますので、迷っている方はお早めにお買い求めください♪

その他コールドブラックシリーズも人気です!


コメント


この記事のツイート






ページの先頭へ