花粉シーズン到来!当店人気の花粉対策マスク めーる・で・あさひ 第1030号

テーマ:     

花粉シーズン到来!当店人気の花粉対策マスク めーる・で・あさひ 第1030号

[季節のおすすめ]
花粉シーズン到来!当店人気の花粉対策マスク

[スタッフおすすめ]
ポンプに取付けできる空気圧ゲージ

[スタッフおすすめ]
朝晩は冷え込むこの季節のウェア選びに悩んでいませんか?


○―新着 ――――――――――――○
花粉シーズン到来!当店人気の花粉対策マスク
○――――――――――――Harry―○
花粉の季節になりました。すでに目のかゆみや滝のように流れ出る鼻水に苦しめられている方、つらいですよねー。
春の晴れた空の下でさわやかにサイクリングしたいところですが、鼻水が気になってなかなか楽しめないのが現状。

そんな花粉にお悩みの方に必須なのがスポーツマスク。

当店で人気のスポーツマスクはピーオーアイデザインのこちらの商品です。


100000028921-l0.jpgTOUR MASK(ツアーマスク) フィルター2枚付属


通常のマスクと異なり、湿気を効率的に逃がすワンウェイバルブによってマスク内の呼気がとどまらないので
サングラスと併用してもレンズが曇りにくいです。

また、ウェアに合わせて選べるカラーバリエーションも人気の秘密です。
合わせやすいブラックからカジュアルにつけられるカモフラージュやチェックなど、
ただの「マスク」というよりアクセサリー感覚でつけられるデザインがうれしいですね。

花粉でお悩みの方、これからの花粉シーズンにぜひツアーマスクをお試しいただけましたら幸いです。


○―スタッフおすすめ ――――――○
ポンプに取付けできる空気圧ゲージ
○――――――――――――Kazu―○
気温も徐々に上がってきて、自転車に乗るのにちょうどいい季節になってきました。
冬の間眠らせていた自転車に、そろそろ乗ろうかなぁとお考えの方も多いと思います。

でも走り出す前に、タイヤの空気圧を確認してみてください!
空気は毎日少しずつ抜けていくもの。
冬の間放置していた自転車も空気が少なくなっています。

空気の減った状態で乗ると、乗り心地が悪いだけでなく、パンクのリスクが高まります。
なので、走り出す前に適正な空気圧に調整してあげましょう!

「でも、適正な空気圧ってどうやって判断するの?」

慣れればタイヤを触った感覚で、おおよその空気圧は判断できますが、より正確に、より簡単に空気圧を管理するには、「空気圧計」が必要です。
お手持ちの空気入れに空気圧計が付いていれば、それを見ながら空気を入れてあげればいいのですが、「うちの空気入れには空気圧計が付いていない!」という場合はどうすれば・・・。

そんな方にはコチラがおすすめ。

エアボーン

100000039065-l0.jpgZT-618 空気圧ゲージ 最大150PSI 米/仏バルブ対応 手持ちのポンプにゲージ機能を追加!


単体でも空気圧計として使用できますが、米式対応のポンプと組み合わせれば、空気圧計付きのポンプとして使用できるんです。
フロアポンプはもちろん、携帯用ポンプとの組み合わせでも使用可能なので、ポンプと一緒に携帯しておけば、出先でのトラブル時でも適正な空気圧に調整することができます。

バルブは米式と仏式に対応なので、自動車やバイクにも使えちゃいますよ!



○―スタッフおすすめ ――――――○
朝晩は冷え込むこの季節のウェア選びに悩んでいませんか?
○――――――――――――Toby ―○

だんだんと暖かくなってきていますが、まだまだ朝晩は冷え込みますね。

先週末は、地域再発見ツアーと題して、兵庫県姫路市を拠点とし、路線バス、高速バス、定期観光バスなどを運行している神姫バス様、及び関連会社様と共に、第3回目のモニターサイクリングをしてきました。

今回のモニターコースとして選ばれたのが、「神河町-市川町」までの24km、ほとんど下りというコース。

私たちあさひチームは、出発点となる生野駅まではゴールより自走して向かいました。

モニターコースが下り基調ということは、生野駅までは当然登りが続いていきます。
走り初めは肌寒くても、登っていると暑くなる。
でもこれから下ることを考えると薄着になりすぎるのも怖い・・・。

昼間は温かくなるという季節的なことに加えて、この時期のウェア選びは難しいですね。

この日は、

肌着から順番に
ドライレイヤー

100000038403-l0.jpgノースリーブアンダー カラー:ブラック


ベースレイヤー

100000042496-l0.jpgM裏起毛アンダー-H レースフィット


ベースレイヤー

100000038069-l0.jpgTEIJIN×ASAHI ハーフスリーブストライプカジュアルジャージ オリーブ


ミドルレイヤー

100000041918-l0.jpgMライトソフトシェルジャケット(GY)-H


アウターシェル

100000040715-l0.jpgWウインドブレーカーH カラー:ライトグリーンレディースモデル


を着こみました。

案の定、登りですぐ暑くなり、すぐにアウターシェル、ミドルレイヤーを脱ぎました。
下りではアウターシェルだけ着込み対策。

今回は寒い思いも、汗が出る程暑い思いもなく、快適なライドとなりました。


コメント


この記事のツイート






ページの先頭へ