2017モデルビアンキ 続々入荷中 めーる・で・あさひ 第1020号

テーマ:     

2017モデルビアンキ 続々入荷中 めーる・で・あさひ 第1020号

[新着]
2017モデルビアンキ 続々入荷中

[スタッフおすすめ]
事前にトラブル予防、電動アシストスイッチカバー!

[スタッフおすすめ]
「うわ! 盗まれた...」とならないように


○―新着 ――――――――――――○
2017モデルビアンキ 続々入荷中
○―――――――――――Yaromai―○

毎年新年から春の間にモデルが入荷してくる人気メーカーの「ビアンキ」。
今年も既に入荷してきており、たくさんの注文を頂いております。

こちらのメーカー、毎年大人気ではあるのですが一つ注意点があります。
それは、「当店への入荷数量が限られている」ということ。
他の多くのメーカーと違って「メーカーの在庫が続く限り注文できます」ではなく、
当店に入荷する分の範囲でのみしかご用意することができません。

そのため、2017年モデルでも多くのお問い合わせを頂いておりますが、
既に「当店ではご用意ができません」とお答えしなければならないモデルも・・・。
迷っている方はご注意くださいませ。

なお、私の今期モデルの一押しは、FENICE PRO 105。

100000040309-l0.jpg2017 FENICE PRO 105(フェニーチェプロ105)


スカンジウム合金を使用した、通常のアルミフレームよりもワンランク上の軽量&高剛性モデル。
カーボンフレームはちょっと不安。。。なんて思っている人にも自信を持ってお勧めできる1台です。
個人的なツボとしては、ワイヤーアウターが所謂「コネクトリンク」タイプを使用しているということ(しかもチェレステ)。
私の妻も同じフレームのモデル(先日組上げました)に乗車しておりますが、非常に高級感と存在感があります。

他にもラインナップは様々なビアンキ2017モデル。ご検討されているようであればお早めにご決断ください。



○―スタッフおすすめ ――――――○
事前にトラブル予防、電動アシストスイッチカバー!
○――――――――――――Heroe―○

電動アシスト自転車が多くニューリリースし、スイッチ等、多くの機能が一新していますね。
その中でも電動アシスト自転車の司令塔でもあるスイッチを多くのトラブルから守ってくれるスイッチカバーをご紹介します!

なぜカバーが必要なのか?もともと押す部分は強く作られているのでは?など疑問を持つ方も多いかと思われます。
しかし、スイッチのオン/オフ・アシスト調整/表示切替時の操作に加え、雨や日差し等多くの「負荷」がスイッチを襲い、ダメージが蓄積します。

結果、頻繁に押す電源ボタンや、劣化等で空いてしまった穴をきっかけに、湿気・雨水等がスイッチ内に侵入し破損へつながります。
司令塔であるスイッチが壊れると、アシストが効かなくなったり、ライトが付かなくなったり、電源すら入らないなど多くの問題が発生します。

そして...修理代金はおおよそ工賃ふくめ、場合によっては1万円以上かかってしまいます。おそらく取寄せも確実かと...

そこで登場するのがこちら!


100000043376-l0.jpgESC-04P 電動アシスト自転車用スイッチカバー


これから買う新車はもちろん、まだ壊れていないスイッチにもいけます!※一部旧型除く
対応メーカー・車種がございますのでお気を付け下さい。

その他メーカー・車種対応のカバーはこちら

司令塔であるスイッチパネルを保護することで、毎日の操作での損傷、ホコリや水分からスイッチパネルを守ります。
半透過シリコン素材により、なんとスイッチにライトセンサーのある機種でも使用が可能!

長く・そして快適に利用するためにも、今後起こり得るトラブルを事前に予防しておきたいものです。
自転車の司令塔であり、一番触れる場所だからこそ、長く使う為にも守ることをおすすめいたします。

以上、電動自転車というチーム司令塔の補佐官「スイッチカバー」をご紹介いたしました。


○―スタッフおすすめ ―――――――○
「うわ! 盗まれた...」とならないように
○――――――――――――Tsutsi ―○

梅の花がそろそろ咲き始めるシーズン。春まであと少し♪

自転車に乗る機会も一段と増えますが、それに伴って気を付けたいのが自転車の盗難...。

苦楽を共にしたお気に入りの愛車が盗まれたなんて事にならない様に、出かけ先ではしっかりとカギを掛けたいところです!

では、どんなカギが良いのか。当たり前ですが、一つは頑丈である事。ただ、いくら頑丈なものでも、そのまま車に乗せて持って行かれてしまったり、フレームを残してホイールだけ盗まれてしまったりしては意味がありません...。

という事で、長さも重要。前後のホイールとフレームに鍵を通したり、複数台の自転車とまとめて施錠したり、街中にある支柱等と結び付けて動かせない様にしたりした方が安心です。

とにかく頑丈で長いカギであればOKと言いたいところですが、そうなると問題になるのがカギの重量。物によっては1kgを超えるものもあり、持運びがかなり大変! せっせと自転車の軽量化を頑張っても、カギの重さで台無しです。

そんな悩みを解決する、「頑丈」「長い」「軽量」の全てが揃っているのがこちら。

ニッコー [NIKKO]

100000035273-l0.jpgDR-180 N657C1800 コンポジットマテリアルチェーンロック


長さ1800mmのワイヤー錠。ただのロープのようですが、特許を取得した3層構造を採用。しなやかで、軽く、高強度。まさに理想のカギ。

どれくらい軽いかというと、チェーンロープが約71g、南京錠部分が約49g。あわせて約120gなので、相当に軽量です。頑丈さについては動画もあるので、ぜひ商品ページでご覧ください♪

送料も無料なので、本格的なシーズンになる前にオススメです!


コメント


この記事のツイート




ページの先頭へ