ヒルクライム好きの方におすすめアンダーウェアー めーる・で・あさひ 第789号

テーマ:     

ヒルクライム好きの方におすすめアンダーウェアー めーる・で・あさひ 第789号

[季節のおすすめ] ヒルクライム好きの方におすすめアンダーウェアー
[新着] プレゼントにも最適なオモシログッズ
[スタッフおすすめ] はじめてのクロスバイク選び、最低限の値段は!?


○―――――――――――――――――――――――――――――――――――――○
 [季節のおすすめ] ヒルクライム好きの方におすすめアンダーウェアー [Matsu]
○―――――――――――――――――――――――――――――――――――――○
先日矯正下着、キトラのマックスシェイパー各種を掲載しました。
その名のとおり姿勢をよくしたり、ヒップアップ効果を得られるアンダーウェアーです。

ただ自転車で走る時に、効果があるものなのか少し疑心暗鬼でした。
そこで下記を実際に着用してヒルクライムへ。

2014120401.jpg キトラ NEW MAX SHAPER(ニューマックスシェイパー) ハイウエストガードル

まず着用した瞬間背筋が自然と伸びます。腰を丸めて屈めないほどです。
また強い締め付け感で体幹(お腹、お尻など胴体の筋肉)が強くなった気がします。

体幹が強くなったと感じることで精神的にペダルを踏み込む力が強くなって
いつもよりも速いペースで登っていました。

パワーネット素材によって筋肉のぶれも軽減でき、疲労感も少なかったです。

そして何よりお腹が冷えない!
ハイウエストなので当たり前ですが腹巻としての機能もあるのです。

ヒルクライム好きの方には特におすすめのコンプレッションウェアーですよ。

その他のマックスシェイパーはこちら


○―――――――――――――――――――――――――――――――――――――○
 [新着] プレゼントにも最適なオモシログッズ [Tsutsui]
○―――――――――――――――――――――――――――――――――――――○
月日が経つのは早いもので、もう12月ですね。
クリスマスのプレゼントはもう用意されていますか?
こういうのって、何にしようか、結構悩みますよね。

プレゼントとして選ぶなら「実用性」だけで選んではつまらない。
そこはネタとしての「面白み」も必要でしょう。

では、こんなのはいかがでしょう?

2014120402.jpg

ビットリア [VITTORIA]  CXレザーベルト プレミアムジップツールケース付属

一見すると折り畳まれたタイヤのようです。タイヤをプレゼントって
なんだか変ですが、これはタイヤではなく、腰に巻く革ベルトです。

ビットリアの定番レーシングチューブラータイヤ「CORSA CX」のトレッド
ゴムをベルト革に貼り合わせて仕上げられ、バックルには「Vittoria」の
文字が刻印されています。

同社のツールケースも付属。ジッパー付きで、中には仕切りもあるので、
ツールケース以外の用途、例えば小物入れでも使用できます。実用性もバッチリですね。

マニア心をくすぐる逸品をぜひこの機会にいかがでしょうか。


○―――――――――――――――――――――――――――――――――――――○
 [スタッフおすすめ] はじめてのクロスバイク選び、最低限の値段は!? [Toby]
○―――――――――――――――――――――――――――――――――――――○
初めてのクロスバイクを決める際に、事前に知識がない状態で選ぼうとすると、
種類の多さや値段の差で驚くことと思います。

一つ共通しているのは、当たり前ではありますが、価格は正直であること。

定価が5万円の所、いまなら2万円というような、値段を一番大きく訴求、
宣伝をしているクロスバイクには手を出さない方がいいかもしれません。

自転車はそんなに安くできません。


では、ほんとうに街乗りで満足に使える最低限の値段はいくらか?

ということになると意見がいろいろあるので、答えは出ないと思います。

私としては個人的に3万円以降から実用性がグッと増すと考えています。
しかし、最近新たに発売となった下記の自転車、機能を絞り込むことによって、
3万円を下回る金額ながら、非常にパフォーマンスが高く仕上げられています。

2014120403.jpg ROVER(ローバー) TR7006ASH クロスバイク 700×25c 外装6段変速 通勤 通学

材質はスチール製で、美しいホリゾンタル形状。

見た目の美しさにこだわり、ROVERブランドと塗装、
クラシックすぎないスマートなパーツ構成。
お求めやすい価格で「綺麗でスマートな自転車に乗りたい」という要望を
叶えることができます。

さらに、見た目だけではなく、こだわったのはフレームのジオメトリー。

細かくは申し上げられませんが、某イタリアンロードレーサーブランドの
クロモリロードレーサーをベースに製作。
走りも本格的なスポーツ車を意識した作りとなっています。

街乗りはもちろん、後々ドロップハンドル化などのカスタムも楽しめる、
長く遊べる一台です。


blog_ent.jpg


コメント


この記事のツイート




ページの先頭へ